« 松果腺は魂の座である。ルネ•デカルト著情念論より | Main | メラトニン、意識、および外傷後ストレス »

November 22, 2012

松果腺および精神障害の歴史的見解

An historical view of the pineal gland and mental disorders.

松果腺および精神障害の歴史的見解

PUBMEDより

J Clin Neurosci. 2011 Aug;18(8):1028-37. Epub 2011 Jun 28
.
López-Muñoz F, Molina JD, Rubio G, Alamo C.

Source

Department of Pharmacology, Faculty of Medicine, University of Alcalá, Madrid, Spain.

Abstract

要旨

Since Classical Antiquity numerous authors have linked the origin of some mental disorders to physical and functional changes in the pineal gland because of its attributed role in humans as the connection between the material and the spiritual world. The pineal organ was seen as a valve-like structure that regulated the flow of animal spirits through the ventricular system, a hypothesis that took on more vigour during the Middle Ages and the Renaissance.

古典古代の数多くの著者は、物質世界と霊的世界との結合として人間におけるその起因する役割のために、松果腺の身体的および機能的変化と幾つかの精神障害の起源とを結びつけた。松果体は脳室系を通して動物精気の流れを制御する弁膜様構造物として見られていた。それは、中世とルネサンス時代に最も流行っていた仮説であった。

Classical Antiquity:古典古代
pineal gland 松果腺
pineal organ 松果体
ventricular system 脳室系
animal spirits 動物精気
valve-like structure 弁膜様構造物

The framework for this theory was "the three cells of the brain", in which the pineal gland was even called the "appendix of thought". The pineal gland could also be associated with the boom, during this period, of certain legends about the "stone of folly". But the most relevant psychopathological role of this organ arrived with Descartes, who proposed that it was the seat of the human soul and controlled communications between the physical body and its surroundings, including emotions.

この理論の枠組みでは、松果腺が“思考の付録とも呼ばれていた”脳の3つの細胞であった。また、松果腺は、この時期で、“愚者の石”ついてのある伝説のブームと関係していた。しかし、この器官の最も関連ある精神病理学的役割はデカルトにたどり着いて、松果腺が人間の魂の座であって、身体と情動を含むその周囲との通信を制御したことを彼は提案した。

stone of folly 愚者の石
psychopathological精神病理学的な, 精神病理学の

After a period of decline during which it was considered as a mere vestigial remnant of evolution, the link between the pineal gland and psychiatric disorders was definitively highlighted in the 20th century, first with the use of glandular extracts in patients with mental deficiency, and finally with the discovery of melatonin in 1958.

それは進化の単なる痕跡とみなされていた衰退の期間の後に、松果腺と精神疾患との関連が、最初に、精神発達遅延患者の腺抽出物、および最後に1958年にはメラトニンの発見で明らかに20世紀に際立った。

vestigial remnant 痕跡
mental deficiency:精神発達遅延
glandular extract 腺抽出物

The physiological properties of melatonin reawakened interest in the relationship between the pineal gland and mental disorders, fundamentally the affective and sleep disorders, which culminated in the development of new pharmacological agents acting through melatonergic receptors (ramelteon and agomelatine).

メラトニンの生理学的特性が松果腺と精神障害との関係・基本的に情動および睡眠障害の興味を復活させた。それはメラトニン受容体(ラメルテオン・不眠治療薬とアゴメラチン・抗うつ薬)通して作用する薬剤開発で最高に達した。

affective disorders 情動障害
melatonergic receptor メラトニン受容体
ramelteon:ラメルテオン(メラトニン受容体刺激薬;不眠症治療)
agomelatineアゴメラチン(抗うつ薬)

関連記事

Stone of madness 

狂気の石
http://en.wikipedia.org/wiki/Stone_of_madness

stone of folly or the stone of madness refers to a hypothetical procedure in the 15th century involving trepanation and extraction of a stone, thought to be the cause of the patient's madness.This procedure is demonstrated in the painting The Extraction of the Stone of Madness by Hieronymus Bosch.The procedure and the painting depicting it inspired the 2002 short film of the same name.

愚者の石または狂気の石は患者の狂気の原因であると考えられていた石の頭蓋開口術および抽出に関与する15世紀の仮説上の手順を言及する。この手順はヒエロニムス•ボッシュによる狂気の石の抽出の絵画に表している。それを描写している手順および絵画は同名の短編映画を鼓舞した。

Trepanation:頭蓋開口術、穿頭術
hypothetical 仮説上の

下記の精油を販売しまた。

フランキンセンスサクラ5ml・精油オマーン産の聖なるフランキンセンスの精油です。

フランキンセンスサクラ樹脂パウダー30g・オマーン産

ホワイトセージ秩父2ml・精油

マンゴージンジャー5ml・精油

|

« 松果腺は魂の座である。ルネ•デカルト著情念論より | Main | メラトニン、意識、および外傷後ストレス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 松果腺は魂の座である。ルネ•デカルト著情念論より | Main | メラトニン、意識、および外傷後ストレス »