« 柴胡(サイコ)精油の解熱効果・ラットの実験 | Main | フランキンセンスサクラ精油の培養ヒト乳がん細胞への効果 »

December 08, 2012

強力な鎮痛剤および抗炎症剤としてのブラッククミンシード精油(マウスの実験)

Black cumin seed essential oil, as a potent analgesic and antiinflammatory drug.

強力な鎮痛剤や抗炎症薬としてブラッククミンシード精油。

PUBMEDより

Phytother Res. 2004 Mar;18(3):195-9.

Hajhashemi V, Ghannadi A, Jafarabadi H.

Source

Department of Pharmacology, School of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Isfahan University of Medical Sciences, Isfahan 81746-73461, Iran.

Abstract

要旨

The steam-distilled essential oil of Iranian black cumin seed (Nigella sativa L.) was investigated for its composition and analgesic and antiinflammatory properties. After oil analysis by GC/MS, 20 compounds were identified in the oil, obtained in 0.4% (v/w) yield. Among them, para-cymene (37.3%) and thymoquinone (13.7%) were the major components.

イラン産ブラッククミンシード(Nigella sativa L.)の水蒸気蒸留精油は、その成分および鎮痛と抗炎症特性が調査された。GC / MSによる精油分析後、収油率0.4% (v/w)得られた精油には20の化学成分が同定された。そのなかで、パラサイメン(37.3%)と  チモキノン(13.7%)が主要成分であった。

Nigella sativa L.:ブラックシード、ブラッククミンシード、キンポウゲ科
thymoquinone チモキノン

Acetic acid-induced writhing, formalin and light tail flick tests were used for assessment of analgesic activity. Antiinflammatory activity was evaluated using carrageenan-induced paw oedema in rats and croton oil-induced ear oedema in mice.

酢酸ライジング法, ホルマリンと光のテールフリックテストが鎮痛作用の評価に用いられた。抗炎症作用はラットのカラジーナン誘発足せき浮腫とマウスのクロトン油誘発浮腫を用いて評価された。

Acetic acid-induced writhing 酢酸ライジング法
Tail-flick test. テールフリックテスト(侵害反射が関与する痛覚感受性試験としてよく知られている)
analgesic activity 鎮痛作用
carrageenan-induced paw oedema カラジーナン誘発足せき浮腫
croton oil-induced ear oedema クロトン油誘発浮腫

Black cumin seed essential oil (BCSEO) was found to produce a significant analgesic effect in acetic acid-induced writhing, formalin and light tail flick tests. Naloxone, an opioid antagonist, could not reverse the analgesic effect observed in the formalin test.

ブラッククミンシード精油(BCSEO)は酢酸ライジング法、ホルマリンと光のテールフリックテストで有意な鎮静作用を産生することが解明された。オピオイドきっ抗薬のナロキソンはホルマリンテストで観察された鎮痛作用を逆転することができなかった。

opioid antagonist オピオイドきっ抗薬

Although oral administration of BCSEO at doses of 100, 200 and 400 micro L/kg did not exert a significant antiinflammatory effect in the carrageenan test, i.p. injection of the same doses significantly (p < 0.001) inhibited carrageenan-induced paw oedema. BCSEO at doses of 10 and 20 micro L/ear could also reduce croton oil-induced oedema.

100, 200 and 400 micro L/kgの容量でブラッククミンシード精油(BCSEO)の経口投与はカラジーナンテストで有意な抗炎症作用を発揮しませんでしたけれども、同容量の腹腔内投与はカラジーナン誘発足せき浮腫を有意に(p < 0.001)阻害した。また、左の耳に10 および20マイクロ容量のブラッククミンシード精油(BCSEO)はクロトン油誘発浮腫を減少させることができた。

i.p. intraperitoneal administration 腹腔内投与

It seems that mechanism(s) other than opioid receptors is (are) involved in the analgesic effect of BCSEO since naloxone could not reverse this effect.

ナロキシンはこの作用を逆転できなかったので、オピオイド受容体以外のメカニズムがブラッククミンシード精油(BCSEO)の鎮痛作用に関与しているように思われる。

Both systemic and local administration of BCSEO showed antiinflammatory activity. Thymoquinone, as one of the major components of BCSEO, probably has an important role in these pharmacological effects.

ブラッククミンシード精油(BCSEO)の全身および局所投与の両方は抗炎症作用を示した。ブラッククミンシード精油(BCSEO)の主要成分・チモキノンは、多分、これらの薬理作用に重要な役割を持っていました。

下記の精油発売中

柴胡(サイコ)5ml・精油

ブラックシード3ml・精油

|

« 柴胡(サイコ)精油の解熱効果・ラットの実験 | Main | フランキンセンスサクラ精油の培養ヒト乳がん細胞への効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 柴胡(サイコ)精油の解熱効果・ラットの実験 | Main | フランキンセンスサクラ精油の培養ヒト乳がん細胞への効果 »