« メディスン・カード:24-カラス(法則) | Main | ストレス、がんおよびメラトニンの概日リズム »

February 12, 2013

Gタンパク質共役受容体は精油化学成分の薬理作用に関係するかも?

Nobel Prize in Chemistry 2012: Smart Receptors On Cell Surfaces

2012年ノーベル化学賞:細胞表面の賢い受容体

The Royal Swedish Academy of Sciences has decided to award the Nobel Prize in Chemistry for 2012 to Robert J. Lefkowitz Howard Hughes Medical Institute and Duke University Medical Center and Brian K. Kobilka Stanford University School of Medicine "for studies of G-protein-coupled receptors."

スウェーデン王立科学アカデミーは2012年のノーベル化学賞を、Gタンパク質共役受容体に対してハワード・ヒューズ医学研究所とデューク大学医学校のRobert J. Lefkowitz博士、スタンフォード大学医学校のBrian K. Kobilka博士へ授与することを決定した。

G-protein-coupled receptors Gタンパク質共役受容体(ジータンパクしつきょうやくじゅようたい)

Your body is a fine-tuned system of interactions between billions of cells. Each cell has tiny receptors that enable it to sense its environment, so it can adapt to new situtations. Robert Lefkowitz and Brian Kobilka are awarded the 2012 Nobel Prize in Chemistry for groundbreaking discoveries that reveal the inner workings of an important family of such receptors: G-protein-coupled receptors.

あなたの体は、数十億の細胞間の相互作用で微調整されるシステムです。それぞれの細胞は新しい状況に適用できるようにその環境を感知できる小さな受容体を有しています。そのような受容体の重要なファミーリー・Gタンパク質共役受容体の細胞内の働きを解明する草分け的な発見に対して2012年のノーベル化学賞はRobert Lefkowitz博士とBrian Kobilka博士に授与される。

For a long time, it remained a mystery how cells could sense their environment. Scientists knew that hormones such as adrenalin had powerful effects: increasing blood pressure and making the heart beat faster. They suspected that cell surfaces contained some kind of recipient for hormones. But what these receptors actually consisted of and how they worked remained obscured for most of the 20th Century.

長期間、どのようにして細胞がそれらの環境を感知できるかは謎のままであった。科学者たちは、そのようなアドレナリンなどのホルモンが血圧上げて心臓の鼓動が速くさせる強力な作用を有していることを知っていた。彼らは細胞表面にホルモンに対するある種の受容体を含まれていることを疑った。しかし、これらの受容体が実際に何で構成されていて、どのように働くかはほとんど20世紀間はっきりしないまだであった。

Lefkowitz started to use radioactivity in 1968 in order to trace cells' receptors. He attached an iodine isotope to various hormones, and thanks to the radiation, he managed to unveil several receptors, among those a receptor for adrenalin: β-adrenergic receptor. His team of researchers extracted the receptor from its hiding place in the cell wall and gained an initial understanding of how it works.

Lefkowitzは細胞の受容体を追跡するために1968年に放射性物質を使用し始めた。彼は様々なホルモンにヨウ素同位体を付加して、放射線のおかげで、彼はアドレナリン:β-アドレナリン受容体に対するそれらの受容体の中で幾つかの受容体を明らかにした。研究者の彼のチームは細胞壁の隠されている場所から受容体を抽出して、それがどのように働くかの最初の理解を得た。

iodine isotope ヨウ素同位元素

The team achieved its next big step during the 1980s. The newly recruited Kobilka accepted the challenge to isolate the gene that codes for the β-adrenergic receptor from the gigantic human genome. His creative approach allowed him to attain his goal. When the researchers analyzed the gene, they discovered that the receptor was similar to one in the eye that captures light.

研究チームは1980年代に次の大きな一歩を成し遂げました。新たに採用したKobilkaはこの挑戦を受け入れて、巨大なヒトゲノムからβ-アドレナリン受容体をコードする遺伝子を単離した。彼の創造的アプローチは目標を達成することを可能にした。研究者が遺伝子を分析すると、彼らは受容体が光を捉える受容体と類似していることを発見した。

They realized that there is a whole family of receptors that look alike and function in the same manner.Today this family is referred to as G-protein-coupled receptors. About a thousand genes code for such receptors, for example, for light, flavour, odour, adrenalin, histamine, dopamine and serotonin. About half of all medications achieve their effect through G-protein-coupled receptors.The studies by Lefkowitz and Kobilka are crucial for understanding how G-protein-coupled receptors function.

彼らは同じように見えて同じ方法で機能する全体ファミリー受容体であることを気づきました。今日では、このファミリーはGタンパク質共役型受容体とも呼ばれています。例えば、約1000もの遺伝子が光、味、香り、アドレナリン、ヒスタミン、ドパミン、セロトニンなどの受容体にコードされています。全ての薬剤の半数がGタンパク質共役型受容体を通してそれらの作用を達成します。Lefkowitz および Kobilkaによる研究は如何にGタンパク質共役型受容体が機能するかを理解するために極めて重要であります。

考えたこと
精油の薬作用と関係あると思われるGタンパク質共役型受容体(ウイキペディア参考)は以下のものになると思われます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/G%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA%E5%85%B1%E5%BD%B9%E5%8F%97%E5%AE%B9%E4%BD%93

GABA受容体(B型)、カンナビノイド受容体、嗅覚受容体、オピオイド受容体などが考えられるかと思います。


上記に関連すると思われるブログ

蘇合香精油吸入後のGABA増強による坑けいれん作用

香り成分脳のGABA受容体応答を増強

精油成分β-カリオフィレンのカンナビノイド(脳内マリファナ)

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/--143a.html

この受容体に関係する精油成分を調べてみたいと思ってます。

尚、香りとGABA受容体との関連が解る本と

香りの科学はどこまで解明されたかーアロマテラピー・森林浴・嗜好飲料 , フレグランスジャーナル社, 2007年

下記の精油発売中

ハナトール・ギャフンセット(シャクナゲ5ml・和ハッカ5ml)


|

« メディスン・カード:24-カラス(法則) | Main | ストレス、がんおよびメラトニンの概日リズム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« メディスン・カード:24-カラス(法則) | Main | ストレス、がんおよびメラトニンの概日リズム »