« フランキンセンス・サクラ精油は培養およびマウスの異種移植モデルでヒト膵臓がん細胞死を誘発する。 | Main | 人工照明の概日リズム破壊と乳がん »

March 23, 2013

チモキノン(ブラッククミンシード精油化学成分)の炎症疾患およびがん治療の可能性

Thymoquinone: potential cure for inflammatory disorders and cancer.

チモキノン:炎症疾患およびがん治療の可能性

Thymoquinone チモキノン

PUBMEDより

Woo CC, Kumar AP, Sethi G, Tan KH.

Source

Department of Pharmacology, Yong Loo Lin School of Medicine, National University of Singapore, Singapore 117597, Singapore.

シンガポール国立大学医学部

Abstract

要旨

Thymoquinone is an active ingredient isolated from Nigella sativa and has been investigated for its anti-oxidant, anti-inflammatory and anticancer activities in both in vitro and in vivo models since its first extraction in 1960s.

チモキノンはブラッククミンから単離された活性成分で、1960年の最初の抽出移行インビトロおよびインビボモデルの両方でその抗酸化、抗炎症および抗がん作用が調査されてきた。

Its anti-oxidant/anti-inflammatory effect has been reported in various disease models, including encephalomyelitis, diabetes, asthma and carcinogenesis.

その抗酸化/抗炎症作用は脳脊髄炎、糖尿病、喘息や発がんを含む様々な疾患モデルにおいて報告されている。

encephalomyelitis 脳脊髄炎

Moreover, thymoquinone could act as a free radical and superoxide radical scavenger, as well as preserving the activity of various anti-oxidant enzymes such as catalase, glutathione peroxidase and glutathione-S-transferase.

さらに、チモキノンはフリーラジカルおよびスーパーオキシドラジカルスカベンジャー、ならびにカタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ、グルタチオン-S-トランスフェラーゼなどの様々な抗酸化酵素の活性を維持するように作用することができる

The anticancer effect(s) of thymoquinone are mediated through different modes of action, including anti-proliferation, apoptosis induction, cell cycle arrest, ROS generation and anti-metastasis/anti-angiogenesis.

チモキノンの抗がん作用は、抗増殖、アポトーシス誘導、細胞周期停止、ROSの生成および抗転移/抗血管新生を含む異なる作用機序を介して媒介される。

anti-proliferation 抗増殖
apoptosis induction アポトーシス誘導
ROS. reactive oxygen species. 活性酸素種.
anti-metastasis 抗転移
anti-angiogenesis 抗血管新生

In addition, this quinone was found to exhibit anticancer activity through the modulation of multiple molecular targets, including p53, p73, PTEN, STAT3, PPAR-γ, activation of caspases and generation of ROS.

また、このキノンは、p53遺伝子、p73遺伝子、ピーテン酵素、STAT(シグナル伝達兼転写活性化因子)、ピーピーエイアールガンマタンパク質、カスパーゼの活性およびROSの生成を介して抗がん作用を示すことが見出された。

quinone キノン
一般的にはベンゼン環から誘導され、2つのケトン構造を持つ環状の有機化合物の総称である
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%B3

The anti-tumor effects of thymoquinone have also been investigated in tumor xenograft mice models for colon, prostate, pancreatic and lung cancer. The combination of thymoquinone and conventional chemotherapeutic drugs could produce greater therapeutic effect as well as reduce the toxicity of the latter.

また、チモキノンの抗腫瘍作用は大腸がん、前立腺がん、膵臓がんおよび肺がんの腫瘍異種移植マウスモデルで調査されてきた。チノキモンと従来の化学療法薬剤との併用はより大きな治療効果を生むだけでなく、化学療法の毒性を減らすことができだろう。

tumor xenograft mice models 腫瘍異種移植マウスモデル
conventional chemotherapeutic drugs 従来の化学療法薬剤

In this review, we summarize the anti-oxidant/anti-inflammatory and anticancer effects of thymoquinone with a focus on its molecular targets, and its possible role in the treatment of inflammatory diseases and cancer.

このレビューで、我々はその分子標的、および炎症性疾患および癌の治療におけるその役割の可能性に焦点を当て、チモキノンの抗酸化/抗炎症および抗がん作用を要約する。

用語

p53遺伝子(ピー53いでんし)とは、一つ一つの細胞内でDNA修復や細胞増殖停止、 アポトーシスなどの細胞増殖サイクルの抑制を制御する機能を持ち、細胞ががん化したときアポトーシスを起させるとされる
http://ja.wikipedia.org/wiki/P53%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90

p73遺伝子は、ヒトのさまざまな癌で異常の見られることが多い染色体1p36.3領域に存在するうえにp53の標的遺伝子をトランス活性化するが、p73が腫瘍抑制因子として機能するのかどうかはわかっていない
p73-deficient mice have neurological, pheromonal and inflammatory ...より

PTEN(ピーテン、Phosphatase and Tensin Homolog Deleted from Chromosome 10)とはイノシトールリン脂質であるホスファチジルイノシトール3,4,5-三リン酸(PtdIns(3,4,5)P3)の脱リン酸化反応を触媒する酵素である。PTEN遺伝子は1997年に腫瘍抑制因子として同定され。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PTEN

STAT(Signal Transducers and Activator of Transcription, Signal Transduction and Activator of Transcription, STAT):シグナル伝達兼転写活性化因子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%AB%E4%BC%9D%E9%81%94%E5%85%BC%E8%BB%A2%E5%86%99%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%8C%96%E5%9B%A0%E5%AD%90

関連ブログ

強力な鎮痛剤および抗炎症剤としてのブラッククミンシード精油(マウスの実験)

お知らせ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アロマダーマトロジー・アロマの皮膚科学(2013年10月16日(水)〜17日(木)2日間を開催いたします。

ブラッククミンシード3ml・精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« フランキンセンス・サクラ精油は培養およびマウスの異種移植モデルでヒト膵臓がん細胞死を誘発する。 | Main | 人工照明の概日リズム破壊と乳がん »