« 健康と感情:条件付けと免疫系:MOLECULES OF EMOTION(感情の分子)より | Main | ホスホジエステラーゼ阻害剤は赤色光による皮膚透過バリア回復の促進をブロックする。 »

April 03, 2013

皮膚症状がどのように精神状態と相互作用するか?

How does epidermal pathology interact with mental state?

皮膚症状がどのように精神状態と相互作用するか?

Pathology:症状,病理学,病理

PUBMEDより

Med Hypotheses. 2013 Feb;80(2):194-6. doi: 10.1016/j.mehy.2012.11.027. Epub 2012 Dec 12.

Denda M, Takei K, Denda S.

Source

Shiseido Research Center, Yokohama, Japan.

資生堂研究センター

Abstract

要旨

The hypothesis is presented that human emotional state is influenced by epidermal pathology via the release from epidermal keratinocytes of a wide variety of chemical mediators (including neurotransmitters) that act on the brain.

仮説は、ヒトの感情状態が脳に作用する化学媒介物質(神経伝達物質を含む)の様々な種類の表皮角化細胞からの放出を介する皮膚症状に影響されることが示されている。

epidermal pathology 皮膚症状
epidermal keratinocytes 表皮角化細胞
chemical mediator 化学媒介物質

It has long been recognized that epidermal keratinocytes play a key role in the function of the stratum corneum as an impermeable barrier, and that skin diseases such as atopic dermatitis and psoriasis, which cause itching, sleep disturbance and concern over appearance, are associated with depression and anxiety.

表皮角化細胞は、不浸透性のバリアとして角質層の機能で重要な役割を果たしていて、痒み、睡眠障害および外観の懸念を引き起こすアトピー性皮膚炎と乾癬などの皮膚疾患はうつ病および不安と関係していることは認識されている。

stratum corneum 角質層

On the other hand, epidermal keratinocytes are known to produce and release multiple cytokines and chemical mediators in response to barrier impairment or insult, such as environmental dryness or UV radiation. Elevation of plasma cytokines is associated with depression in cancer patients.
一方、表皮角化細胞は環境性の乾燥または紫外線などの皮膚バリア機能障害および攻撃に反応して複数のサイトカインおよび化学的媒介物質を産生および放出することは知られています。血中サイトカインの上昇はがん患者のうつ病に関連している。

environmental dryness 環境性の乾燥

Serum levels of oxytocin and glucocorticoid have been shown to influence mental state, and a recent study showed that glucocorticoid is generated in injured epidermis. Thus, there are multiple plausible pathways through which changes in skin can affect emotional state

オキシトシンとグルココルチコイドの血清濃度は精神状態に影響を及ぼすことが示されていて、最新の研究ではグルココルチコイドは損傷表皮で産生することを示した。このように、皮膚変化が感情状態に影響を与える可能性を介して複数のもっともらしい経路が存在する。

injured epidermis 損傷表皮

グルココルチコイドに関して

用語

Glucocorticoids グルココルチコイド

副腎皮質の束状帯の細胞で産生されるステロイドホルモン。コルチゾール(ヒドロコルチゾン)やコルチゾンなどがある。肝臓での糖新生(Gluconeogenesis)促進作用により、血糖値を上昇させる。外傷、感染、リウマチ等による組織の炎症反応はグルココルチコイドによって抑制される(抗炎症・抗アレルギー作用)。

http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%89

Glucocorticoid receptors, epidermal homeostasis and hair follicle differentiation

グルココルチコイド受容体、表皮の恒常性と毛包分化

Glucocorticoids (GCs) exert their biological and therapeutical actions through the GC receptor (GR), a ligand-dependent transcription factor.

グルココルチコイド(GCS)は、リガンド依存性転写因子のグルココルチコイド受容体(GR)を通してそれらの生物学的および治療作用を発揮する。

Synthetic GC derivatives are widely prescribed for treating numerous cutaneous inflammatory and immune diseases due to their great efficacy.

合成のグルココルチコイド(GCS)系薬物はそれらの絶大の効果により数多くの皮膚炎症および免疫疾患を治療するために処方されている。

However, chronic treatment with GCs produces adverse side-effects including skin atrophy, delayed wound healing, and in certain cases, GC resistance.

しかし、グルココルチコイド(GCS)系薬物での慢性治療は皮膚萎縮症、創傷治癒遅延および場合によってはグルココルチコイド耐性を含む有害な副作用を産生する。

skin atrophy 皮膚萎縮症
delayed wound healing 創傷治癒遅延
Glucocorticoid resistance :グルココルチコイド耐性
上記はPUBMEDより

The Hypothalamic Pituitary Adrenal axis,Glucocorticoid receptor function and relevance to depression

視床下部・下垂体・ 副腎皮質軸、グルココルチコイド受容体機能およびうつ病との関連性

Abstract

要旨

Objective: Changes in the hypothalamic-pituitary-adrenocortical (HPA) system are characteristic of depression. Because the effects of glucocorticoids are mediated by intracellular receptors including, most notably, the glucocorticoid receptor (GR), several studies have examined the number and/orfunction of GRs in depressed patients.

目的:視床下部 - 下垂体 - 副腎(HPA)系の変化がうつ病の特徴である。グルココルチコイドの作用は最も知られているグルココルチコイド(GR)受容体を含む細胞内受容体によって媒介されるため、幾つかの研究ではうつ病患者でグルココルチコイド(GR)の数及び/又は機能を調査した。

intracellular receptors 細胞内受容体

Methods: Review scientific evidences have consistently demonstrated that GR function is impaired in major depression, resulting in reduced GR-mediated negative feedback on the HPA axis and increased production and secretion of CRF in various brain regions postulated to be involved in the causality
of depression.

方法:科学的証拠のレビューは、グルココルチコイド(GR)受容体機能が大うつ病で損なわれていて、その結果として、視床下部 - 下垂体 - 副腎(HPA)系へのグルココルチコイド(GR)受容体媒介の負のフィードバックを減少させて、様々な脳領域で副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の分泌はうつ病の因果関係に関与していること実証した。

major depression 大うつ病
causality 因果関係
CRH(corticotropin-releasing hormone):副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン
上記PUBMEDより

関係ブログ

感覚系の最前線としての表皮角化細胞(ケラチノサイト)

うつ病と炎症との関係・アンドルー・ワイル

お知らせ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アロマダーマトロジー・アロマの皮膚科学(2013年10月16日(水)〜17日(木)2日間を開催いたします。

|

« 健康と感情:条件付けと免疫系:MOLECULES OF EMOTION(感情の分子)より | Main | ホスホジエステラーゼ阻害剤は赤色光による皮膚透過バリア回復の促進をブロックする。 »