« リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー(2014年5月24日(土)〜25日(日)2日間のお知らせ | Main | リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー2014年5月24日(土)〜5月25日(日)(2日間)募集のお知らせ »

January 15, 2014

リアノン・ルイス女史来日セミナーの講義概要:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー(2014年5月24日(土)〜25日(日)2日間

リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー(2014年5月24日(土)〜25日(日)2日間の講義概要

下記の英文はリアノン先生から送られてきたものです。

THE CLINICAL AROMATHERAPY IN HOME CARE FOR THE ELDERLY, FRAIL, AND PERSONS AT THE END OF LIFE

ホームケアにおける臨床アロマセラピー:高齢者、虚弱高齢者、および終末医療の人々

Abstract

要旨

With the significant rise in elderly populations, an increasing number of aged, sick and frail persons are being supported and cared for in their home environment by their principal carer and/ or care support services. Enabling the individual to remain at home provides many social, financial and practical benefits but can also raise significant challenges. Additionally, the health and well being of the individual’s carer is an important part of successful home care.

高齢者人口の著しい増加に伴って、高齢者、病人および虚弱高齢者は主な介護者および介護支援サービスによって家庭環境の中で支援され、介護されています。各人の在宅を可能にすることは多くの社会的、金銭的、および実用的有益性を提供しますが重要な課題も発生することになります。さらに、各個人の介護者の健康およびウェルビーングはホームケアを成功させる重要な部分です。

Aromatherapy as a form of psychosocial support to both the sick person and their carer can provide relief to a number of challenges experienced. It can also provide direct physical benefits where needed. This two day class explores how aromatherapy can be successfully integrated into a home care approach thereby improving the health and well being of the ”cared for “ and the carer.

病人および病人の介護者の両者への心理社会的支援の形としてのアロマセラピーは数多くの直面する課題に対して安心感をもたらすことができます。また、それは必要な箇所に直接の身体的利益を提供することができます。この2日間の講義は、どのようにアロマセラピーがホームケアアプローチに成功裏に統合され、それによって、“介護を受ける人”および介護者の健康およびウェルビーングを改善方法を探求します。

psychosocial support 心理社会的支援

Contents of the class include:

講義の内容

The realities of home care – benefits and challenges

ホームケアの現実―有益性と課題

Home care support services and where aromatherapy can play a role

ホームケア支援サービスおよびアロマセラピーが役割を果たせる場所

Psychosocial benefits of aromatherapy (anxiety, agitation, disorientation, depression, sleep disturbance, confusion…)

アロマセラピーの心理社会的有益性:不安、焦燥性興奮、ディスオリエンテーション(方向喪失)、うつ病、不眠症、混乱など

Agitation:焦燥性興奮

Physical benefits of aromatherapy (maintain skin integrity, wounds and ulcers, infection, pain, respiratory distress, poor circulation, rehabilitation, appetite, hygiene…)

アロマセラピーの身体的有益性:皮膚統合性の維持、創傷および潰瘍、感染、疼痛、呼吸逼迫、血行不良、リハビリテーション,食欲、衛生など

Aromatherapy for the carer  

介護者(ケアラー)のためのアロマセラピー

Aromatherapy for the “cared for”
 
"介護される人"のアロマセラピー

Practical aromacare strategies: essential oils, methods and doses

実践的アロマケアの戦略:精油、方法および容量

Aromatherapy safety in the home care environment

ホームケア環境におけるアロマセラピーの安全性

Final guidelines and conclusion

最終的指針と結論

詳しい募集要綱は後ほどお知らせします。

|

« リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー(2014年5月24日(土)〜25日(日)2日間のお知らせ | Main | リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー2014年5月24日(土)〜5月25日(日)(2日間)募集のお知らせ »