« 脳細胞内の微小管安定に必要なタウタンパク質の異常でアルツハイマー病発症 | Main | 量子匂いの考え方が広まる。(匂い受容の形状説と振動説) »

February 03, 2014

ヒノキ精油の芳香浴はストレスホルモン減少させて、ヒト・ナチュラルキラー(NK)細胞活性するのかも?

Effect of phytoncide from trees on human natural killer cell function.

ヒトNK細胞機能に対する樹木からのフィトチンド効果

PUBMEDより

Int J Immunopathol Pharmacol. 2009 Oct-Dec;22(4):951-9.

Li Q, Kobayashi M, Wakayama Y, Inagaki H, Katsumata M, Hirata Y, Hirata K, Shimizu T, Kawada T, Park BJ, Ohira T, Kagawa T, Miyazaki Y.

Author information
Department of Hygiene and Public Health, Nippon Medical School, Tokyo, Japan.

日本医科大学衛生学公衆衛生学講座

Abstract

要旨

We previously reported that the forest environment enhanced human natural killer (NK) cell activity, the number of NK cells, and intracellular anti-cancer proteins in lymphocytes, and that the increased NK activity lasted for more than 7 days after trips to forests both in male and female subjects.

以前に、私たちは森林環境がヒト・ナチュラルキラー(NK)細胞活性、NK細胞数、およびリンパ球の細胞内抗癌タンパク質を増加させて、NK活性の増加は男女両方の被験者で森林旅行後7日以上持続することを報告した。

lymphocyte リンパ球
anti-cancer proteins 抗癌タンパク質

To explore the factors in the forest environment that activated human NK cells, in the present study we investigate the effect of essential oils from trees on human immune function in twelve healthy male subjects, age 37-60 years, who stayed at an urban hotel for 3 nights from 7.00 p.m. to 8.00 a.m. Aromatic volatile substances (phytoncides) were produced by vaporizing Chamaecyparis obtusa (hinoki cypress) stem oil with a humidifier in the hotel room during the night stay.

ヒトNK細胞を活性化した森林環境における要因を探るために、本研究では、午後7時から午前8時まで都市ホテルに3泊した年齢37〜60歳で健常な12人男性被験者で、ヒト免疫機能への樹木精油の効果を調査した。芳香揮発性物質(フィトンチッド)は夜間滞在中にホテルの部屋で加湿器を用いてヒノキ(檜)幹の精油を蒸気化することによって産生させた。

Chamaecyparis obtuse  ヒノキ

Blood samples were taken on the last day and urine samples were analysed every day during the stay. NK activity, the percentages of NK and T cells, and granulysin, perforin, granzyme A/B-expressing lymphocytes in blood, and the concentrations of adrenaline and noradrenaline in urine were measured. Similar control measurements were made before the stay on a normal working day.

血液サンプルは最終日に採取して、尿サンプルは滞在中に毎日分析された。NK活性、NKとT細胞の%、血液中のグラニュライシン, パーフォリン 、グランザイムA/B発現リンパ球、および尿中アドレナリンとノルアドレナリンの濃度が測定された。同様の制御測定は通常の労働日に滞在する前に行われた。

Granulysin :グラニュライシン,
Perforin:パーフォリン
granzyme :グランザイム

The concentrations of phytoncides in the hotel room air were measured. Phytoncide exposure significantly increased NK activity and the percentages of NK, perforin, granulysin, and granzyme A/B-expressing cells, and significantly decreased the percentage of T cells, and the concentrations of adrenaline and noradrenaline in urine. Phytoncides, such as alpha-pinene and beta-pinene, were detected in the hotel room air.

ホテルの部屋の空気中のフィトンチッドの濃度は測定された。フィトンチッド暴露はNK活性 、パーフォリン、グラニュリシンおよびグランザイムA / B発現細胞を有意に上昇させて、T細胞の%、および尿中のアドレナリンおよびノルアドレナリン濃度を有意に減少させた。α-ピネンおよびβ-ピネンなどのフィトンチッドはホテル部屋の空気中で検出された。

These findings indicate that phytoncide exposure and decreased stress hormone levels may partially contribute to increased NK activity.

これらの研究結果は、フィトンチッド暴露とストレスホルモン減少は部分的にNK活性上昇に寄与するかもしれないことを示している。

用語
フィトンチッド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%89

植物の精油に含まれるテルペノイドなどには殺菌力を持つ成分が数多く含まれており、これらの物質がフィトンチッドの本体と考えられる。

NK細胞:ナチュラルキラー細胞の細胞傷害機構
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC%E7%B4%B0%E8%83%9E

NK細胞の細胞質の顆粒には、パーフォリンやグランザイムなどのタンパク質が含まれており、これが細胞傷害活性の中心的な役割を担う。パーフォリンは傷害する細胞のごく近くで放出され、細胞膜に孔を開けてグランザイムや関連分子が中に入れるようにする。グランザイムはセリンプロテアーゼであり、標的細胞の細胞質でアポトーシスを誘導する。免疫学においてアポトーシスと細胞溶解の区別は重要である。ウイルスに感染した細胞を溶解するとウイルス粒子が放出されてしまうが、アポトーシスならば内部のウイルスを破壊することができるからである

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー2014年5月24日(土)〜5月25日(日)(2日間)募集のお知らせ

リアノン先生は臨床アロマセラピーをアロマセラピストの方に解りやすく説明してくれます。


|

« 脳細胞内の微小管安定に必要なタウタンパク質の異常でアルツハイマー病発症 | Main | 量子匂いの考え方が広まる。(匂い受容の形状説と振動説) »