« 人間の脳は地球振動・シューマン共振7.83 Hzに同期する。 | Main | 病気の病因学における環境暴露および遺伝子調節 »

April 08, 2014

シューマン共振7.83 Hz・健康のための地球固有振動数

Schumann Resonances

シューマン共振

Earth's Natural Vibrations for Health

健康のための地球固有振動数

http://quwave.net/Resonances.html

上部のURLをクリックすると下記の写真が見れます。

下記の英語は写真記載されているものです

Ionosphere:電離層(荷電粒子の層) 《成層圏上部; 無線電波が反射される》.
mesosphere中間層
stratosphere成層圏
troposphere] 対流圏 《地表から約 10‐20 km の間》
ELF:extremely low frequency 極超長波(ごくちょうちょうは)

電離層と極超長波の間にヒトの脳の絵あり脳には7.83HZが記載されています。

What are Schumann Resonances?

シューマン共振とは何か?

In 1952 the physicist Dr. Schumann discovered that the space between the Earth and the Ionosphere created a cavity that resonated like a musical instrument. Electrical energy which is produced by lightning strikes in the earth's atmosphere constantly generate vibrations which bounce off this Earth's Resonant Cavity and generate electromagnetic waves. These energy waves are not caused by anything on Earth, they are produced by electrical activity in the atmosphere bouncing off the Earth. Every second 200 lightning strikes occur somewhere on earth. These lightening strikes energize and vibrate the Earth's resonating cavity. Just like a tuning fork has natural frequencies for sound, the planet Earth has natural frequencies, and they are called "Schumann Resonances".

1952年に、物理学者シューマン博士は地球と電離層との空間は楽器ように共鳴した空洞を創造したことを発見した。地球大気圏中の落雷によって産生する電気エネルギーは常にこの地球の共振する空洞に当って跳ね返る振動を発生させ、電磁波を発生させる。これらのエネルギー波は地球上の何かによって引き起こされるのでなくて、それらは地球に当って跳ね返る大気中の電気的活動によって産生する。毎秒200の落雷は地球上のどこかで発生している。これらの落雷は活性化させて、地球の共振空洞を振動させる。音叉には音の固有振動数を持っているように、惑星地球は固有振動数を持っていて、それらはシューマン共振と呼ばれる。

earth's atmosphere 地球大気圏
electromagnetic waves 電磁波
tuning fork 音叉
natural frequencies 固有振動数

"Everything in life is vibration" - Albert Einstein

生命のあらゆるものは振動である。 アルベルト・アインシュタイン

Schumann discovered that this electromagnetic field oscillates at a resonant frequency of 7 to 10 beats per second. The highest-intensity waves of the Schumann Resonance occur at a frequency of 7.83 Hz. This is the Earth's "heartbeat".How interesting it is that this frequency is identical to the optimal functioning of the human brain waves.

シューマンはこの電磁場が毎秒7〜10拍の共振振動数で振動することを発見した。シューマン共振の高密度波は7.83 Hzの周波数で発生する。これは地球の“ハートビート”であって、この周波数はヒト脳波の最適な機能と同一であることは何と興味深いことである。

electromagnetic field 電磁場
resonant frequency 共振振動数
highest-intensity waves 高密度波

All things in this world have their own natural frequency which they are most comfortable with. When something is subjected to an external force, that object wants to resonate at it's specific frequency - the frequency that is natural to the object. This phenomenon manifests throughout the universe. This natural frequency of that thing or body is known as its "Resonant" frequency, and the phenomenon is known as "Resonance". We humans have many such resonances due to our complex cell makeup.

この世界の全ての物はそれらが最も快適である彼ら独自の固有振動数を持っています。何かが外の力を受けたならば、それらの物はその物にとって固有である振動数―その特異的振動数に共振することを望みます。その物または身体の固有振動数はその”共振”振動数として知られていて、この現象は“共振”として知られています。私たちヒトは複雑な細胞構成ためにそのような共振を沢山有しています。

But recently, unnatural radio waves and electromagnetic waves have been disturbing the Earth's frequency of 7.83Hz. In industrial regions and cities, this natural field is being disturbed, obstructed, is weak, and may even be missing. This impairs the well being of every living creature in that region - people, animals, and vegetation. It is said that the absence of the Schuman resonance will make you ill.
しかし最近では、不自然な電波および電磁波が7.83Hzの地球の振動数を妨害してきた。工業地域や都市では、この天然の場は妨害を受け、塞がれて、弱くなって、失われてかもしれない。これは、その地域のあらゆる生き物・人、動物、および植物のウエルビーングを損なっています。これは、シューマン共振の欠如であなたが病気になると言われています。

Although popular literature suggests that the Schumann Resonance value is rising and has jumped from 7.83Hz to 11Hz over the past few years, research done at the Northern California Earthquake Data Center proves that the frequency has been and continues to be stable at the 7.8Hz range. The problem is that due to all the man-made interference, it is getting harder to accurately measure this signal, since it can be obscured by electrical noise pollution (EMF).

一般文献は、シューマン共振値は上昇していて、ここ数年間で、7.83Hzから11Hzに飛躍したことを示しているけれども、北カリフォルニア地震データセンター行われた研究では振動数が7.8Hzの範囲で引き続き安定していることを証明しています。問題は、すべての人工干渉のためにで、それは電気雑音公害( EMF)によりはっきりしなくなったために、この信号を正確に測定することは大変難しくなっています。

共振
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E6%8C%AF
共振(きょうしん、英: resonance)は、エネルギーを有する系が外部から与えられた刺激により固有振動を起こすことである。特に、外部からの刺激が固有振動数に近い状態を表す。共鳴と同じ原理に基づく現象であるが、電気や固体については「共振」の語がよく用いられる。

ELF:extremely low frequency 極超長波(ごくちょうちょうは)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E8%B6%85%E9%95%B7%E6%B3%A2
極超長波(ごくちょうちょうは)とは、周波数が 3Hz - 3kHz の電波である。波長は 100 - 100,000km となる。 地球の持つシューマン共鳴の周波数帯域でもある

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー2014年5月24日(土)〜5月25日(日)(2日間)募集のお知らせ

リアノン先生は臨床アロマセラピーをアロマセラピストの方に解りやすく説明してくれます


|

« 人間の脳は地球振動・シューマン共振7.83 Hzに同期する。 | Main | 病気の病因学における環境暴露および遺伝子調節 »