« 植物由来フィトケミカルのテルぺノイドおよびフラボノイドには抗炎症作用や抗がん作用を有していて、老化や加齢に伴う変性疾患に有効かも? | Main | リアノン先生より介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー講義内容のパワーポイント資料届く »

April 25, 2014

シューマン共振7.83Hzはヒトの健康と関係があるかも?

下記の記事はシューマン共振器からの記事です。

SCHUMANN RESONATORS

シューマン共振器

http://www.schumannresonator.com/

Do you feel inner peace and generally happier when you’re out in nature, away from crowds, traffic and the city?

あなたは混雑で車が溢れている都市からはなれて、外にでて自然のなかにいると、心の平和と一般的な幸福を感じていますか?

inner peace 内なる平和

When you’re out in nature, it’s not just that you left the city behind, but also that, out in in nature, your body tunes into the earth’s frequency and can repair, rejuvenate and heal itself more efficiently

あなたが外に出て自然の中にいると、それはあなたが都市からただ離れるだけでなくて、外に出て自然の中にいることです。あなたの身体は地球の周波数に同調し、体が回復し、若返ることができ、より効率的に自分自身を癒すことができる。

The physical condition of early Astronauts deteriorated severely whilst in Outer Space, away from the Schumann Resonance. The problem was solved by introducing the "Schumann Simulator" into all space shuttles, a magnetic pulse generator mimicking the Earth's frequency. This demonstrates the simple fact that we cannot be healthy if disconnected from the "natural biological frequency"

初期の宇宙飛行士の体調はシューマン共鳴から離れた宇宙空間にいる間に悪化した。問題は、地球周波数を模倣する磁気パルス発生器“シューマン・シミュレーター”を全てのスペースシャトルに導入することによって解決した。このことは、もし“固有の生体周波数”から切断されたならば、私たちは健康でいられないことを単純な事実で証明したことになる。

magnetic pulse generator 磁気パルス発生器
natural biological frequency 固有の生体周波数

Discovery of the Earth’s Pulse

地球振動の発見

In 1953, Professor W.O. Schumann of the University of Munich was teaching his students about the physics of electricity when they discovered that the Earth’s cavity produces very specific pulsations; the vibrational pulse of planet Earth.

1953年に、ミュンヘン大学のヴィンフリート・オットー・シューマン教授は学生に電気物理学を講義しているその時に、彼らは地球の空洞が特異的波動(惑星地球の振動波動)を産生することを発見した。

Earth’s cavity 地球の空洞
vibrational pulse 振動パルス

In 1954, measurements taken by Schumann and Dr. Herbert König, who later became Schumann’s successor, confirmed an Earth frequency of 7.83 Hz. In the years to follow, investigators worldwide began to research what had been dubbed “Schumann Resonances”

1954年に、シューマンおよび後にシューマンの後継者となったハーバートケーニッヒ博士によって行われた測定は7.83 Hzの地球周波数を確認した。次の年に、全世界の研究者達は「シューマン共振」と呼ばれていたものを研究し始めました

Have you been experiencing ill health in your home, work or car?

あなたの家、仕事場や車の中で不調を感じたことがありますか?

Feeling sicker and sicker?

ますます具合が悪くなる感じ

Experiencing low energy, irritability, stress?

低エネルギー、いらいら、ストレスを経験するか?

Low libido?

低リビドー

libido:性欲

Headaches, heating behind the ears, fatigue and memory loss?

頭痛、耳の後ろが熱い、疲労および物忘れかも?

Sleeplessness, confusion, sleep pattern rhythms affected?

不眠、混乱、睡眠パターンのリズムの影響かも?

A Tuning Fork for A Healthy, Happy Life

健康で幸福な生活のための音叉

When Dr. Schumann published his results in the `Technische Physik’ journal, physician Dr Ankermueller immediately made the connection between Schumann resonance and the rhythm of brain waves.
He was excited to find that the earth had the same natural resonance as the human brain, and contacted Dr. Schumann, who then assigned Dr. Herbert König to look into the phenomenon.

シューマン博士は技術物理雑誌に彼の研究結果を発表したとき、医学博士Dr Ankermuellerはすぐざまにシューマン共振と脳波リズムとを結びつけた。彼は地球がヒト脳と同じ固有共振を持っていることを知って興奮した。そして彼はHerbert Königに現象を研究するように命じたシューマンに博士に連絡をとった。

König compared human EEG recordings with natural electromagnetic fields of the environment. Eureka! They discovered that indeed there was a correlation between Schumann Resonance and brain rhythms. This relationship between earth frequency and brain waves was then studied by researchers around the world.

Königは環境の固有電磁場と脳波記録を比較した。わかった!彼らはまさにシューマン共振と脳の周波数とのに相関関係があったことを発見した。そのご、地球の周波数と脳波とのこの関係は世界中の研究者によって研究された。

EEG recording ( electroencephalogram recording) 脳波記録
natural electromagnetic fields 固有電磁場
eureka:見つけた!, わかった!, しめた! .
[ギリシャ語 ‘I have found (it).' の意; アルキメデスが王冠の金の純度を量る方法を発見した時の叫び声から]

Dr König carried out further measurements of Schumann resonance and eventually arrived at a frequency of exactly 7.83 Hz, which is even more interesting, as this frequency is one which applies to mammals. For instance, septal driving of the hippocampal rhythm in rats has been found to have a minimum threshold at 7.7 Hz (Gray, 1982).

König博士はシューマン共振のさらなる測定を行って、ついに正確に7.83Hzの周波数に到達した。それはこの周波数は哺乳類に適用される一つであるようでさらに興味深いものがある。例えば、ラットの海馬律動の中隔駆動は7.7 Hzで最小閾値を有することが解った。(Gray, 1982).

septal driving 中隔駆動
hippocampal rhythm 海馬律動

Dr Wolfgang Ludwig, a foremost researcher on this topic, has been investigating Schumann Resonance and the man/nature connection for many years while writing his thesis on Schumann Resonance. His goal was to determine what frequencies are present in a healthy environment.

この話題の第一人者、Wolfgang Ludwig博士は、シューマン共振に関する彼の論文を執筆しながらシューマン共振およびヒト/自然との結びつきを長年にわたって研究してきた。彼の目標は何の周波数が健全な環境で存在するのかを決定することであった。

All appliances, computers, TV's, cell phones, radios, digital devices, air conditioners, lighting, power lines, communication lines, air waves, radio waves produce damaging electromagnetic fields , which we can‘t see, but may feel in the form of stress, headaches, sleeplessness, and moodiness, among other more chronic and debilitating symptoms. These frequencies interfere with the body‘s own electromagnetic operating system thus causing abnormal conditions and stress,and interupting links with our schumann Resonance /Tuning Fork and A Healthy, Happy Life

ての電気製品、コンピュータ、テレビ、携帯電話、ラジオ、デジタル機器、エアコン、照明、電力線、通信線、放送電波、ラジオ電波は私たちに見ることの出来ない電磁場に損傷を与えるが、ストレス、頭痛、不眠、および不機嫌の形で、他のより慢性および衰弱させる症状の中で感じるかもしれない。これらの周波数は体自身の電磁場オペレーティングシステムに干渉して、従って、異常な状態およびストレスを引き起こして、シューマン共振/音叉と健康で幸福な生活との結びつきを干渉することになる。

Manmade frequencies drown out nature…

人工周波数は固有周波数を乱す。

Ludwig discovered that while the earth vibration could be clearly measured in nature and on the ocean, it was almost impossible to measure the earth’s pulse in the city, where manmade signals drown out the natural signals that nature has created for eons.

地球振動は自然の中や海上で正確に測定できるけれど、人工の信号は自然が果てしなく長い間にみ出した自然の信号がかき乱されている都市で地球の振動を測定することはほとんど不可能であったことを解明した。

続きがありますので次回紹介します。

関連ブログ

健康被害および電磁場

ジオパシックストレス

電磁場およびICNIRP暴露制限値のために松果体メラトニン量かく乱

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー2014年5月24日(土)〜5月25日(日)(2日間)募集のお知らせ

リアノン先生は臨床アロマセラピーをアロマセラピストの方に解りやすく説明してくれます


|

« 植物由来フィトケミカルのテルぺノイドおよびフラボノイドには抗炎症作用や抗がん作用を有していて、老化や加齢に伴う変性疾患に有効かも? | Main | リアノン先生より介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー講義内容のパワーポイント資料届く »