« シューマン共振7.83 Hz・健康のための地球固有振動数 | Main | 植物由来フィトケミカルのテルぺノイドおよびフラボノイドには抗炎症作用や抗がん作用を有していて、老化や加齢に伴う変性疾患に有効かも? »

April 09, 2014

病気の病因学における環境暴露および遺伝子調節

Environmental exposures and gene regulation in disease etiology.

病気の病因学における環境暴露および遺伝子調節

etiology病因論

PUBMEDより

Environ Health Perspect. 2007 Sep;115(9):1264-70.

Edwards TM, Myers JP.

Source

Department of Zoology, University of Florida, Gainesville, Florida 32611, USA.

Abstract

要旨
OBJECTIVE:

目的

Health or disease is shaped for all individuals by interactions between their genes and environment. Exactly how the environment changes gene expression and how this can lead to disease are being explored in a fruitful new approach to environmental health research, representative studies of which are reviewed here.

健康と病気は各人の遺伝子と環境との相互作用によって全ての個人に対して形成される。まさに、如何に環境が遺伝子発現を変化させるか、そして、このことがどのように病気に至るのかは環境保健研究への実りある新たなアプローチで検討されていて、ここにそれらの代表的研究を論評する。

environmental health 環境保健

DATA SOURCES:

データソース

We searched Web of Science and references of relevant publications to understand the diversity of gene regulatory mechanisms affected by environmental exposures with disease implications.

私たちは、病気を抱合する環境暴露によって影響を受ける遺伝子制御機構の多様性を理解するためにウェブ・オブ・サイエンスおよび関連論文のリファレンスを探した。

gene regulatory mechanisms 遺伝子制御機構

DATA SYNTHESIS:

データ合成

Pharmaceuticals, pesticides, air pollutants, industrial chemicals, heavy metals, hormones, nutrition, and behavior can change gene expression through a broad array of gene regulatory mechanisms. Mechanisms include regulation of gene translocation, histone modifications, DNA methylation, DNA repair, transcription, RNA stability, alternative RNA splicing, protein degradation, gene copy number, and transposon activation.

医薬品、農薬、大気汚染、工業用化学品、重金属、ホルモン、栄養、および行動は、広範な遺伝子制御機構を介して遺伝子発現を変更することができる。制御機構は、遺伝子転座の制御、ヒストン修飾、DNAメチル化、DNA修復、転写、RNA安定性、選択的RNAスプライシング、タンパク質分解、遺伝子のコピー数、およびトランスポゾンの活性化が挙げられる。

gene translocation 遺伝子転座
histone modification ヒストン修飾
Transposonトランスポゾン
gene copy number 遺伝子コピー数

Furthermore, chemically induced changes in gene regulation are associated with serious and complex human diseases, including cancer, diabetes and obesity, infertility, respiratory diseases, allergies, and neurodegenerative disorders such as Parkinson and Alzheimer diseases. One of the best-studied areas of gene regulation is epigenetics, especially DNA methylation.

さらに、遺伝子制御の化学的誘発変化は、がん、糖尿病および肥満、不妊、呼吸器系疾患、アレルギー、およびパーキンソン病やアルツハイマーなどの神経変性障害を含む重篤で複合的ヒト疾患と関連づけられている。遺伝子制御は最も研究されている分野の一つは特にエピジェネティクスでDNAメチル化である。

neurodegenerative disorders 神経変性障害

Our examples of environmentally induced changes in DNA methylation are presented in the context of early development, when methylation patterns are initially laid down. This approach highlights the potential role for altered DNA methylation in fetal origins of adult disease and inheritance of acquired genetic change.

DNAメチル化で環境的誘発変化の我々の例は、メチル化パターンは最初に発生する幼児期発達の上で提示されている。このアプローチは成人病胎児期発症(起源)説および獲得された遺伝子の継承におけるDNAメチルカ変化に対して潜在的な役割を強調している。

acquired genetic change 獲得された遺伝的変化

CONCLUSIONS:

結論

The reviewed studies indicate that genetic predisposition for disease is best predicted in the context of environmental exposures. Second, the genetic mechanisms investigated in these studies offer new avenues for risk assessment research. Finally, we are likely to witness dramatic improvements in human health, and reductions in medical costs, if environmental pollution is decreased.

結論:

研究の再調査は病気の遺伝子的素因は環境暴露の面で十分予測されることを示している。第二に、これらの研究において調査された遺伝子的機構はリスク評価研究のための新たな道を提供する。最後に、環境汚染を減少させるならば、劇的なヒト健康改善、および医療費削減を目撃する可能性がある。

genetic predisposition 遺伝的素因

KEYWORDS:

キーワード

DNA methylation, chemicals, disease risk, drug resistance, endocrine disruption, environment, fetal origins of adult disease, gene expression, gene regulation, susceptibility

DNAメチル化、化学製品、疾患リスク、薬剤耐性、内分泌かく乱、環境、成人病胎児期発症(起源)説、遺伝子発現、遺伝子制御、罹患性

susceptibility 罹患性

用語
Web of Science(ウェブ・オブ・サイエンス)は、トムソン・ロイターが提供する利用価値の高い引用文献検索機能を備えた学術文献データベースです。
http://ip-science.thomsonreuters.jp/products/wos/

トランスポゾン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%82%BE%E3%83%B3

トランスポゾン (Transposon) は細胞内においてゲノム上の位置を転移 (transposition) することのできる塩基配列である。動く遺伝子、転移因子 (Transposable element) とも呼ばれる

選択的スプライシング
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%B8%E6%8A%9E%E7%9A%84%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

選択的スプライシング(せんたくてき-,Alternative Splicing)とはDNAからの転写過程において特定のエキソンをとばしてスプライシングを行うことである。択一的スプライシングとも呼ばれる。

遺伝子にはアミノ酸配列に関する情報を含む核酸塩基配列(エキソン)が遺伝情報を含まない配列(イントロン)によっていくつかに分断されている。通常、DNAからmRNAへの転写が行われる際にはこれらのすべてが順に転写されていく。その後、転写生成物(mRNA前駆体)からイントロン部分の切り捨てが行われてエキソン部分が連結し成熟mRNAが出来上がるが、この不要な部分の切り捨ての過程をスプライシングと呼んでいる。

関連ブログ

母性栄養変更は遺伝子変更を導き成人病胎児起源説を招くがフィトケミカルで修正されるかも?
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/07/post-fb44.html

幼少期に視床下部-下垂体-副腎皮質系のストレス応答決定
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/07/---f7b1.html

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:ホームケアにおける介護を受ける人・介護をする人の臨床アロマセラピー2014年5月24日(土)〜5月25日(日)(2日間)募集のお知らせ

リアノン先生は臨床アロマセラピーをアロマセラピストの方に解りやすく説明してくれます

|

« シューマン共振7.83 Hz・健康のための地球固有振動数 | Main | 植物由来フィトケミカルのテルぺノイドおよびフラボノイドには抗炎症作用や抗がん作用を有していて、老化や加齢に伴う変性疾患に有効かも? »