« マウス肝臓における発がん物質代謝酵素および酸可溶性スルフヒドリルに対する幾つかの精油の影響 | Main | リアノン・ハリス著:Becoming An Aromatherapist(アロマセラピストになろう) の紹介 »

October 16, 2014

リアノン・ルイス女史来日セミナー:2015年4月18日(土)〜4月19日(日)に決定

来年のリアノン・ルイス女史来日セミナーは2015年4月18日(土)〜4月19日(日)に決定しました。講義の題目は"女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ((Clinical Aromatherapy approaches for women’s health)"になります。

詳しい募集要項に関しては後でお知らせします。

リアノン先生の過去の講座

2010年5月29日(土)~5月30日(日)(2日間)
Advanced Clinical Aromatherapy in Cancer and Palliative Care
がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2010/02/529302-cc9f.html

2012年10月20日(土)~10月21日(日)(2日間)
Effective management of inflammation and Effective pain management with essential oils.
がんケアにおける精油による効果的な炎症管理と疼痛管理
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/06/1020212-63ec.html

2013年10月16日(水)~10月17日(木)(2日間)
AromaDermatology: Clinical Aromatheray Approach
アロマダーマトロジー(アロマの皮膚科学):臨床アロマセラピーアプローチ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/07/2013101610172-d.html

2014年5月24日(土)~5月25日(日)(2日間)
Clinical Aromatherapy In Home Care For Elderly, Frail, And Persons At The End Of Life
高齢者、要介護者および終末期にある人達の在宅ケアにおける臨床アロマセラピー
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/01/20145245252-b23.html

お知らせ
北山杉葉蒸留会 IN 京都(10月25日・土)のお知ら
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/09/in-1025-cd74.html

|

« マウス肝臓における発がん物質代謝酵素および酸可溶性スルフヒドリルに対する幾つかの精油の影響 | Main | リアノン・ハリス著:Becoming An Aromatherapist(アロマセラピストになろう) の紹介 »