« リアノン・ルイス女史来日セミナー:2015年4月18日(土)〜4月19日(日)に決定 | Main | 日本巡礼withクリスタル お話し会とセッション (11〜12月)東京・横浜お知らせ »

October 21, 2014

リアノン・ハリス著:Becoming An Aromatherapist(アロマセラピストになろう) の紹介

先日、横浜JR根岸駅近くのCafé Smileまで精油の香りの試香と私の話を聞きにアロマセラピストの方が来てくれました。ありがとうございます。その時に、リアノン先生の本があることをお話ししました。興味を持ってくれましたので、以前ブログに書いたのを紹介します。

リアノン・ルイス女史来日セミナー:2015年4月18日(土)〜4月19日(日)に決定

Becoming An Aromatherapist

アロマセラピストになろう

How to train and equip yourself for a rewarding and fulfilling career.

報われる充実したキャリアのために如何に訓練して身につける方法

If you are looking to step the exciting world of aromatherapy, this book is for you. A career in this effective therapy is challenging, and personally enriching.

あなたがアロマテラピーのわくわく世界に踏み込むことを目指しているなら、この本はあなたのためのものです。この効果的なセラピーでのキャリアは挑戦的であって個人的には価値を高めるものであります。

Training can take several forms and this book will help you decide upon the best route for your needs. It takes you step-by-step through all the options and aromatherapy practice. It will remain an invaluable reference source once you’ve qulified and established yourself as a professional aromatherapist.

トレーニングは幾つかの形をとることになって、この本はあなたの必要なことに対して最良のルートを決定するのに役立つでしょう。全てのオプションとアロマセラピー実践を通して一歩一歩進めることになります。あなたがプロフェッショナルアロマセラピストとして認定受けて自分自身を確立したならば長期にわたる有益なリファレンスになるでしょう。

Rhiannon Harris is an experienced aromatherapist, nurse, educator and is known for her effective teachingstyle.

リアノン・ハリスは経験豊富なアロマセラピスト、看護師、教育者で彼女の効果的教育方法で知られています。

上記はリアノン・ハリス著のBecoming An Aromatherapis本の裏表紙に書かれている紹介文を翻訳したものです。

本を読んで気になった文章を書いてみます。

Aromatherapy is a voyage of self-disovery and personal development. Focusing onyourself is a useful starting point for working with others.

アロマセラピーは自己発見と自己発達のある種の旅です。あなた自身に焦点をあてることは他の人にワークするために役に立つ原点であります。

アロマセラピストを目指すならば、まず、最初に自分の体験と期待を反映したアロマセアピーの定義を書くことが大切である。これは自分にとってのアロマセラピーを明確にすることができます。自分の原点を確認することは進捗状況を描くときに有益なリファレンスになります。

著名なアロマセラピストの書かれたアロマセラピーの定義の違いがあることに驚かれたでしょう。しかし、2つの一貫した定義があります。それは

1.精油・essential oil

2.治療効果・therapeutic effects

アロマセラピーの異なる側面の明確化

精油の治療効果を使用するアロマセラピーには下記の5つに分けることができると思います。

1.臨床アロマセラピー・clinical aromatherapy

2.ホリスティック アロマセラピー・holistic aromatherapy

3.エステックアロマセラピー・aestheic aromatherapy

4.サイコアロマセラピー・psycho-aromatherapy

5.家庭でのアロマセラピー・home-based aromatherapy

上記のどのアロマセラピーが自分の定義と合致しているのかによって学ぶべき内容とレベルが違ってくると思います。自分の定義とアロマセラピーの5つの側面を知ることは学校選択に役に立つと思います。

資格取得の学校は沢山ありますがどの分野の講師が多いのかによって学ぶ内容も変わってくるかと思います。資格を取ることに目がいくのでなくて、その資格を生かせて仕事になるようにしてくれる学校を選択すべきかと思います。それには自分のアロマセラピーの定義を作り、ぶれないアロマセラピストを目指すべきかと思います。

このBecoming An Aromatherapistの本にはアロマセラピストのための多くのヒントが書かれています。

Becoming an Aromatherapist: The Complete Guide to Training and Working in Aromatherapy (How to) (英語) ペーパーバック – 2001/5/1
Rhiannon Harris (著)
http://www.amazon.co.jp/Becoming-Aromatherapist-Complete-Training-Aromatherapy/dp/1857036824

|

« リアノン・ルイス女史来日セミナー:2015年4月18日(土)〜4月19日(日)に決定 | Main | 日本巡礼withクリスタル お話し会とセッション (11〜12月)東京・横浜お知らせ »