« 腫瘍細胞が糖依存症になるメカニズムが発見される。Science dailyより | Main | フィトアロマ研究所全商品定価の20%引き(2月1日・日~2月14日・土) »

January 30, 2015

精油化学成分β-カリオフィレンの炎症性および神経障害性疼痛に対する鎮痛効果(マウス実験)

The cannabinoid CB₂ receptor-selective phytocannabinoid beta-caryophyllene exerts analgesic effects in mouse models of inflammatory and neuropathic pain.

カンナビノイドCB₂受容体選択性植物性カンナビノイドβ-カリオフィレンは炎症性および神経障害性疼痛のマウスモデルにおいて鎮痛効果を発揮する。

The cannabinoid CB₂ receptor カンナビノイドCB₂ 受容体
Phytocannabinoid 植物性カンナビノイド
neuropathic pain 神経障害性疼痛

Pubmedより

Eur Neuropsychopharmacol. 2014 Apr;24(4):608-20. doi: 10.1016/j.euroneuro.2013.10.008. Epub 2013 Oct 22.

Klauke AL1, Racz I2, Pradier B1, Markert A1, Zimmer AM1, Gertsch J3, Zimmer A1.

Author information

•1Institute of Molecular Psychiatry, University of Bonn, Sigmund-Freud-Straße 25, D-53127 Bonn, Germany.
•2Institute of Molecular Psychiatry, University of Bonn, Sigmund-Freud-Straße 25, D-53127 Bonn, Germany.
•3Institute of Biochemistry and Molecular Medicine, NCCR TransCure, University of Bern, CH-3012 Bern, Switzerland.

Abstract

要旨

The widespread plant volatile beta-caryophyllene (BCP) was recently identified as a natural selective agonist of the peripherally expressed cannabinoid receptor 2 (CB₂). It is found in relatively high concentrations in many spices and food plants.A number of studies have shown that CB₂ is critically involved in the modulation of inflammatory and neuropathic pain responses.

最近、広範囲の植物揮発性のβ-カリオフィレン(BCP)は抹消に発現するカンナビノイド2 (CB₂).受容体の天然の選択性作動薬として最近同定された。多くのスパイスおよび食用植物に比較的高濃度でみられる。数多くの研究は、カンナビノイドCB₂ 受容体が炎症性および神経障害性疼痛応答の調節に決定的に関与していることを示している。

plant volatile 植物揮発性
selective agonist 選択性作動薬

In this study, we have investigated the analgesic effects of BCP in animal models of inflammatory and neuropathic pain. We demonstrate that orally administered BCP reduced inflammatory (late phase) pain responses in the formalin test in a CB₂ receptor-dependent manner, while it had no effect on acute (early phase) responses.

この研究で、炎症性および神経障害性疼痛の動物モデルにおいてβ-カリオフィレン(BCP)の鎮痛効果を調べた。私たちは、急性(初期)応答に対して効果有していなかった一方、β-カリオフィレン(BCP)の経口投与はCB₂受容体依存的様式におけるホルマリン試験で炎症性(後期)疼痛応答を減少させたことを実証する。

In a neuropathic pain model the chronic oral administration of BCP attenuated thermal hyperalgesia and mechanical allodynia, and reduced spinal neuroinflammation. Importantly, we found no signs of tolerance to the anti-hyperalgesic effects of BCP after prolonged treatment. Oral BCP was more effective than the subcutaneously injected synthetic CB₂ agonist JWH-133.


神経障害性疼痛モデルで、β-カリオフィレン(BCP)の慢性経口投与は痛覚過敏および機械的アロディニアを減弱させて、脊髄神経炎症を減少させた。重要なことには、私たちは長期治療後のβ-カリオフィレン(BCP)の抗侵害受容作用に対する耐性の兆候は認められなかった。経口β-カリオフィレン(BCP)は皮下に注射した合成CB₂作動薬JWH-133よりもより効果的であった。

thermal hyperalgesia 温痛覚過敏
mechanical allodynia 機械的アロディニア
anti-hyperalgesic 抗侵害受容

Thus, the natural plant product BCP may be highly effective in the treatment of long lasting, debilitating pain states. Our results have important implications for the role of dietary factors in the development and modulation of chronic pain conditions.

したがって、天然植物産物β-カリオフィレン(BCP)は、長引く、衰弱性疼痛状態の治療に最も効力を有している。私たちの研究結果は、慢性疼痛症状の発生および調節において栄養因子の役割に対して影響を与える。

KEYWORDS:

キーワード

Beta-caryophyllene; CB(2); Dietary cannabinoid; Inflammatory pain; Neuropathic pain

β-カリオフィレン、カンナビノイドCB₂ 受容体、炎症性疼痛, 神経障害性疼痛

関連ブログ

精油成分β-カリオフィレンは食用カンナビノイド(脳内マリファナ)
Beta-caryophyllene is a dietary cannabinoid.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/--143a.html

β-カリオフィレンの局所麻酔作用
Local anaesthetic activity of beta-caryophyllene.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/01/--8a62.html

β-カリオフィレンの抗がん剤増強作用
Potentiating effect of beta-caryophyllene on anticancer activity of alpha-humulene, isocaryophyllene and paclitaxel.
α-フムレン、イソカリオフィレンおよびパクリタキセルの抗癌作用へのβ-カリオフィレ増強効果
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2010/04/--82a4.html

精油成分β-カリオフィレン大麻類似性抗炎症作用
Caryophyllene
カリオフィレン
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/01/--2e81.html

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ2015年4月18日(土)〜4月19日(日)(2日間)募集のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/11/20154184192-812.html

|

« 腫瘍細胞が糖依存症になるメカニズムが発見される。Science dailyより | Main | フィトアロマ研究所全商品定価の20%引き(2月1日・日~2月14日・土) »