« 英国がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究 | Main | アレクリン(ブラジル)1ml・精油新発売 »

January 17, 2015

ラベンダー精油吸入によるアレルギー性気道炎症や粘液細胞過形成の抑制(マウス実験)

Lavender essential oil inhalation suppresses allergic airway inflammation and mucous cell hyperplasia in a murine model of asthma.

ラベンダー精油吸入は喘息モデルマウスおけるアレルギー性気道炎症および粘液細胞過形成を抑制する。

allergic airway inflammation アレルギー性気道炎症
mucous cell 粘液細胞
hyperplasia 過形成
murine model of asthma 喘息モデルマウス

PUBMEDより

Life Sci. 2014 Jul 17;108(2):109-15. doi: 10.1016/j.lfs.2014.05.018. Epub 2014 Jun 5.
Ueno-Iio T1, Shibakura M2, Yokota K1, Aoe M1, Hyoda T1, Shinohata R1, Kanehiro A3, Tanimoto M3, Kataoka M1.

Author information
 著者情報

1Field of Medical Technology, Okayama University Graduate School of Health Sciences, Okayama, Japan.
岡山大学大学院保健学研究科検査技術科学分野

2Field of Medical Technology, Okayama University Graduate School of Health Sciences, Okayama, Japan. Electronic address: m_shiba@md.okayama-u.ac.jp.

3Department of Hematology, Oncology, Allergy, and Respiratory Medicine, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry, Pharmaceutical Sciences, Okayama, Japan.
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器・アレルギー内科学

Abstract
要旨

AIMS:
目的

Lavender essential oil (Lvn) has been reported to have anti-inflammatory effects. Bronchial asthma is characterized by bronchial allergic inflammation with airway remodeling. Therefore, we evaluated the anti-inflammatory effect of Lvn on experimentally induced bronchial asthma in a murine model.

ラベンダー精油(LVN)は抗炎症作用を有することが報告されている。気管支喘息は気道リモデリングを伴う気管支のアレルギー性炎症を特徴とする。したがって、私たちはマウスモデルで実験的に誘発した気管支喘息に対するラベンダー精油(LVN)の抗炎症作用を評価した。

allergic inflammation アレルギー性炎症
airway remodeling.気道のリモデリング
experimentally induced bronchial asthma 実験的誘発した気管支喘息

MAIN METHODS:

主要な方法

BALB/c mice were sensitized by an intraperitoneal injection of ovalbumin (OVA) at days 0 and 14, and subsequently challenged with nebulized OVA on days 28-30 (Control-Asthma group). Mice in the treatment group inhaled Lvn on days 14-31 (Lvn-Asthma group). The allergic inflammatory response was determined on days 32 and 33.

近交系BALB/Cマウスは0日目および14日にオボアルブミン(OVA)腹腔内注射によって感作されて、その後、28-30日(コントロール•喘息群)噴霧オボアルブミンで刺激された。治療郡のマウスは14日―31日(ラベンダー・喘息郡)でラベンダーを吸入した。アレルギー性炎症反応は32日および33日で測定した。

BALB/c mice 近交系BALB/Cマウス
intraperitoneal injection  腹腔内注射
ovalbumin オボアルブミン(卵白に含まれるアルブミン)

KEY FINDINGS:

重要な調査結果

An increase in airway resistance was inhibited in the Lvn-Asthma group than in the Control-Asthma group. The Lvn-Asthma group showed lower total cell numbers and eosinophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluids and peribronchial and perivascular tissues when compared with the Control-Asthma group. The Lvn-Asthma group also had less mucin hyperplasia than the Control-Asthma group.

気道抵抗の増加はコントロール•喘息群よりラベンダー・喘息郡で阻害された。ラベンダー・喘息郡は、コントロール•喘息群と比較して、気管支肺胞洗浄液や気管支周囲および血管周囲の組織において総細胞数および好酸球の低下を示した。また、ラベンダー・喘息郡はコントロール•喘息群よりムチン過形成が少なかった。

airway resistance 気道抵抗
eosinophils 好酸球
bronchoalveolar lavage (BAL) fluid 気管支肺胞洗浄液
peribronchial  気管支周囲
perivascular 血管周囲の
mucin ムチン

Furthermore, the Lvn-Asthma group showed lower interleukin (IL)-5 and IL-13 cytokine levels in BAL fluids, as well as reduced IL-4 and IL-5 mRNA expression in lung tissue, compared with the Control-Asthma group and determined by FlowCytomix and reverse transcriptase-polymerase chain reaction (RT-PCR), respectively. In addition, Lvn inhalation reduced Muc5b mRNA expression in the lungs without significantly changing the expression of Muc5ac mRNA.

さらに、コントロール•喘息群に比べて、ラベンダー・喘息郡は、気管支肺胞洗浄液でインターロイキン(IL)-5およびIL-13のサイトカイン濃度を低下させて、同様に、肺組織においてIL-4およびIL-5のmRNA発現を減少させ、それぞれに、FlowCytomix キット.および逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR),によって測定された。さらに、ラベンダー吸入はMuc5ac mRNA.(ムチン遺伝子5acメッセンジャーRNA.)発現を有意に変化させることなく、肺のMuc5b mRNA(ムチン遺伝子5bメッセンジャーRNA.)は発現を減少させた。
FlowCytomix キット.:血清中サイトカインの検出

reverse transcription 逆転写
polymerase chain reaction(PCR) ポリメラーゼ連鎖反応

SIGNIFICANCE:
有意


Lvn inhibits allergic inflammation and mucous cell hyperplasia with suppression of T-helper-2 cell cytokines and Muc5b expression in a murine model of asthma. Consequently, Lvn may be useful as an alternative medicine for bronchial asthma.

ラベンダー精油は、喘息マウスモデルにおけるヘルパーT2細胞サイトカインおよびMuc5b mR(ムチン遺伝子5b)発現の抑制でアルギー性炎症および粘液細胞過形成を阻害する。したがって、ラベンダー精油は、気管支喘息のための代替医療として有用であり得る。

KEYWORDS:

キーワード

Alternative medicine; Asthma; Cytokines; Lavender; Mucin

代替医療、喘息、サイトカイン、ラベンダー、ムチン

用語
気道のリモデリングと遺伝子多型
http://jams.med.or.jp/symposium/full/126020.pdf
気道リモデリングは,気道の傷害に対する修復の過程として位置づけられる.気道上皮の傷害に伴い誘導される基底膜部の線維化,粘膜下腺の過形成および平滑筋の肥
大からなり,気道壁の肥厚に結びつく。

主要なムチン分子

ムチン(mucin)は動物の腸管,気道,口腔,子宮などの粘膜に見られる粘性物質で細胞保護,外界から身体内部に侵入しようとする異物を防ぐ免疫機能および,その糖鎖構造による細胞間相互作用(白血球、細菌、ウイルスとの受容体としての働き)などを担っている.この粘液蛋白の主成分がムチンと呼ばれる, 糖鎖を多量に含み分子量が数百万と非常に大きな糖タンパク質です。ムチンは均一のものではありません。

ムチンコアタンパク質(MUC)遺伝子は,現在ヒトで MUC1, MUC2, MUC3(A, B), MUC4, MUC5AC, MUC5B, MUC6-13, MUC15-19の20種類知られ,それぞれは異なった組織の細胞で発現しています。
WikiPathologicaより
http://www.ft-patho.net/index.php?Mucin

Muc5acに関する記事

気道分泌のトピックス~ムチン遺伝子とその発現調節について~
https://www.iyaku-j.com/iyakuj/system/M2-1/summary_viewer.php?trgid=10248

粘液の蛋白成分は主としてムチン蛋白であり,ムチンの産生を調節しているのはムチン遺伝子(MUC遺伝子)の発現量である。気道では,7つのMUC遺伝子が発現していると言われているが,慢性の炎症性肺疾患においてはMUC5AC遺伝子が最も重要である。近年,この遺伝子のプロモーター解析が進み,蛋白生成機構が明らかにされつつある。

喘息におけるIL-5の役割

http://jja.jsaweb.jp/am/view.php?pubdate=20021030&dir=2002a&number=02a_es050000
気管支喘息は単に一過性の即時型過敏症でなく,持続性の炎症に本態があるとの概念が確立されてきた.アレルギー性炎症すなわち好酸球性炎症にはT細胞サイトカインの役割が重視されているが,殊にIL-5は好酸球に特異的な増殖因子,活性化因子であり,好酸球性炎症の成立にessentialである

喘息におけるInterleukin 12 とInterleukin 13

http://www.pharmacol.or.jp/fpj/topic/topic118-4-291.htm
IL-13は喘息のエフェクター分子としても作用し,無感作動物にIL-13を投与するだけで,気道過敏性,好酸球性炎症,粘膜異形成といった,アレルギー性喘息に特徴的な症状を発現する.

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ2015年4月18日(土)〜4月19日(日)(2日間)募集のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/11/20154184192-812.html

新発売
グアバリーフ5ml・精油
β-カリオフィレン(30.55% )、d-リモネン(23.28%)を含有しています。
お求めは下記へ
http://phytoaroma.ocnk.net/product/420

|

« 英国がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究 | Main | アレクリン(ブラジル)1ml・精油新発売 »