« フィトアロマ研究所ブログについて | Main | ラベンダー精油吸入によるアレルギー性気道炎症や粘液細胞過形成の抑制(マウス実験) »

January 14, 2015

英国がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究

下記の記事はFacebookのIfa Therapistで知り、PUBMEDから翻訳しました。アロマスティックはリアノン先生のセミナーで以前紹介されました。そのときから使用法やその効果について文献を探してブログに紹介しました。今回ではそれも紹介しています。

The use of aromasticks at a cancer centre: A retrospective audit.

がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究

Pubmedより

Complement Ther Clin Pract. 2014 Nov;20(4):203-6. doi: 10.1016/j.ctcp.2013.11.006. Epub 2013 Nov 28.

Dyer J1, Cleary L2, Ragsdale-Lowe M2, McNeill S2, Osland C3.

Author information
 著者情報

•1Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London SW3 6JJ,
治療部、ザ・ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト
•UK. Electronic address: jeannie.dyer@rmh.nhs.uk.
•2Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, Sutton, Surrey SM2 5PT, UK.
•3Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London SW3 6JJ, UK.

Abstract

要旨

AIM:

目的

To consider the use of aromasticks in a cancer centre in the UK: the reasons for their use, the choice of essential oils used in them and the demographics of the patients to whom they were given.

英国のがんセンターでのアロマスティック使用の検討:アロマスティック使用の理由、アロマスティックで使用する精油の選択およびアロマスティックが与える患者の人口統計学。

BACKGROUND:

背景

Aromasticks are personal aromatherapy inhaler devices, used in this hospital by the complementary therapy team to improve patients' well-being and quality of life by helping with symptom control.

アロマスティックは個人が使用するアロマセラピー吸入器で、症状コントロールを支援すすることによって、患者のウエルビーングおよび生活の質を改善するため補完治療チームによってこの病院で使用されています。

inhaler devices 吸入器

DESIGN:

デザイン

A retrospective audit of aromastick use covering a 28 month period from January 2011-April 2013.

2011年1月から2013年4月までの28ヵ月の期間をカバーするアロマスティック使用の後ろ向き研究

RESULTS:

結果

A total of 514 aromasticks were given out, to patients with a variety of cancer diagnoses and symptoms. The most common reasons for aromastick use were to alleviate nausea or to encourage relaxation. Lavender (Lavandula angustifolia), lemon (Citrus limon), frankincense (Boswellia carterii), bergamot (Citrus bergamia), orange sweet (Citrus sinensis) and peppermint (Mentha x piperita) were the essential oils used most often.

全部で514のアロマスティックが様々ながん診断およびがん症状の患者に配布された。アロマスティック使用の最も一般的な理由は吐き気の緩和またはリラックスの促進であった。ラベンダー(Lavandula angustifolia)、レモン(Citrus limon),フランキンセンス(Boswellia carterii)、ベルガモット(Citrus bergamia),、スイートオレンジ(Citrus sinensis)およびペパーミント(Mentha x piperita)は最も頻繁に使用された精油であった。

KEYWORDS:

キーワード

Aromasticks; Aromatherapy inhaler devices; Cancer; Symptom control

アロマスティック、アロマセラピー吸入器、がん、症状コントロール


関連ブログ

リアノン先生は上記文献の病院で毎年がんケアにおけるアロマセラピーのセミナーを行っています。それの紹介のブログです。

がん治療で有名なロンドンの英国王立マースデン病院でのリアノン先生のセミナー紹介

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/10/post-6b4b.html

リアノン先生の今年の講座は下記になります。

The Royal Marsden
Essential Oils in Cancer Care (two-day course)
Monday 26 January 2015 to Tuesday 27 January 2015

This course is run by Rhiannon Harris of Essential Oil Resource Consultants who are well-known for their Advanced Clinical Aromatherapy teaching programme.

http://www.royalmarsden.nhs.uk/education/education-conference-centre/study-days-conferences/pages/2015-essential-oils-cancer-care.aspx

がんケアにおける患者の不安、吐き気および睡眠障害に対するアロマスティック(芳香吸入器)の使用効果

Aromasticks in cancer care: an innovation not to be sniffed at.

がんケアのアロマスティック:嗅がなくても良い革新

Source

The Christie NHS Foundation Trust, Wilmslow Road, Manchester, United Kingdom.

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/09/post-0ce6.html

下記は上記ブログからのを一部掲載


アロマスティックスのことを調べていたら英国のがんケアの病院で使用されている下記の記事に出会いましたので紹介します。補完療法として下記のことが患者や介護者が受けられます。

WALLACE CANCER CAREより

Complementary therapies (Reflexology, Hearts, Reiki, Indian Head Massage, Aromatherapy and Therapeutic Massage) are available to both patients and cares.

補完療法(リフレクソロジー、Hearts,、霊気、インディアンヘッドマッサージ、アロマセラピーおよびセラピュー ティックマッサージ)は患者と介護者の両方に利用可能です。

そのなかにアロマスティックスのことが書いてありました。

With the exception of Aromasticks and our Taster Exercise Sessions(Tai Chi、Chi Kung,Pilates, Yoga Specifics), there is no fee for complementary therapies but donations are welcome to assist with the general running costs of the centre.

アロマスティックスおよび病院のTaster Exercise Sessions(太極拳、気功、ピラティス、特定ヨガ)を除いて、補完療法は無料ですが、センターの一般的な運営コストを支援するために寄付金は歓迎しています。

下記の記事はアロマスティックスの説明です。

Aromasticks: WALLACE CANCER CARE

アロマスティックス:WALLACEがんケア

Aromasticks are available for home use. The wick inside the plastic cover is impregnated with essential oils chosen to help alleviate some of the most common physical and emotional side affects of cancer treatment like sleeplessness, nausea, fatigue and anxiety

アロマスティックは家庭で使用は可能です。プラスチックカバーの内側の芯は、不眠、吐き気、疲労感や不安のような幾つかの最も一般的な身体的および情動的ながん治療の副作用を軽減するために選択された精油をしみ込ませています。

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ2015年4月18日(土)〜4月19日(日)(2日間)募集のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/11/20154184192-812.html

|

« フィトアロマ研究所ブログについて | Main | ラベンダー精油吸入によるアレルギー性気道炎症や粘液細胞過形成の抑制(マウス実験) »