« ブラジリアンペッパー3ml・精油新発売 | Main | 腫瘍細胞が糖依存症になるメカニズムが発見される。Science dailyより »

January 26, 2015

柑橘系の香りは肝臓がんを阻害する Science dailyより

Citrus scent inhibits liver cancer

柑橘系の香りは肝臓がんを阻害する Science dailyより

http://www.sciencedaily.com/releases/2015/01/150119082958.htm

As main component of essential oils, terpenes can inhibit the growth of different cancer cells. Researchers from the Ruhr-University Bochum headed by Prof Dr Dr Dr Hanns Hatt have analysed this process in liver cancer cells in detail. They shed light upon the molecular mechanisms that resulted in cancer cells stop growing, following the application of (-)-citronellal, and they proved that the olfactory receptor OR1A2 is the crucial molecule for that purpose. In future, the olfactory receptor could serve as target for liver cancer diagnosis and therapy. The researchers report their findings in the journal Archives of Biochemistry and Biophysics.

精油の主成分として、テルペンは異なるがん細胞の増殖を阻害することができる。ハンスハット博士教授に率いられるドイツ・ルール大学ボーフムの研究者達は詳細に肝臓がん細胞で阻害プロセスを分析した。シトロネラの塗布後に、彼らは結果的にがん細胞の増殖を止めた分子メカニズムに焦点を当てて、嗅覚受容体OR1A2がその目的のために重要な分子であることを証明した。将来的には、嗅覚受容体が肝臓がん診断および治療のための標的になるだろう。研究者は、生化学&生物物理学のジャーナルアーカイブにその結果を報告している。

Essential oils protect not only from bacteria, viruses and fungi

精油は細菌、ウイルスおよび真菌から守るだけではない。

Essential oils occur in many plants, protecting them through their antibacterial, antiviral and fungicidal properties. It has been recently discovered that terpenes, the oils' main components, can also inhibit the growth of different cancer cells, including liver cancer. Their function had not previously been fully understood.

精油は多くの植物に存在して、抗菌、抗ウイルスおよび抗真菌の特性を通して植物を保護している。
また、精油の主要成分のテルペンが肝臓がんを含む様々ながん細胞の増殖を阻害できることを発見した。それらの機能は以前には十分理解されていなかった。

Olfactory receptors not just in the nose

嗅覚受容体は鼻だけではない。

Terpenes can trigger signalling processes in cells by activating olfactory receptors. Those receptors are mainly located in the nose, but they have been proved to occur in all types of human tissue, including skin, prostate and spermatozoa. Carcinogenesis and cancer growth are likewise significantly affected by terpenes, even though it has not been understood which function exactly they fulfil.

テルペンは嗅覚受容体を活性化することにより、細胞のシグナル伝達過程を誘発することが出来る。それらの受容体は主に鼻に位置しているが、嗅覚受容体は、皮膚、前立腺および精子を含む全てのヒトの組織に存在していることが証明されている。どの機能がそれらことを満たすことになるかは正確に理解されていなくとも、発がんおよびがん増殖も同様にテルペンによって有意に影響を受けている。

signaling process
シグナル伝達過程
Carcinogenesis
 発がん

Terpene triggers signalling pathway in the cell

テルペンは細胞でシグナル伝達過程を誘発する。

In order to find this out, the researchers from Bochum utilised a cellular model of hepatocellular carcinoma, a common liver tumour. They exposed the cells to a subset of terpenes with different concentrations, and monitored their reactions. It emerged that two of the eleven terpenes tested resulted in a significant increase in calcium concentration in the cells: (-)-citronellal and citronellol.

このことを解明するために、ボーフムの研究者達は、一般的肝臓腫瘍の肝細胞がん細胞モデルを使用した。彼らは細胞を異なる濃度のテルペンのサブセットに暴露して、その反応をモニターした。検査した11テルペンの2つの(-)-シトロネラールとシトロネロール)は細胞内のカルシウム濃度の有意な増加をもたらしたことが明らかになった。

hepatocellular carcinoma
肝細胞がん

During a follow-up analysis, the researchers focused on (-)-citronellal and scanned for a receptor into which the terpene has to fit like a key into a lock. They demonstrated that the decisive olfactory receptor OR1A2 occurs in liver cells and is responsible for detection of the citrus scent and cellular reaction. If the option for producing that receptor had been removed from the cells, they did no longer react to the terpene.

追跡調査解析中に、研究者達は(-)-シトロネラールに焦点を当てて、テルペンがロックの鍵ようにフィットしなければならない受容体をスキャンした。彼らは、決定的な嗅覚受容体OR1A2が肝臓細胞に存在していて、柑橘系香りの検知および細胞反応に関与していることを証明した。その受容体が細胞から除去したことを産生するオプションにすると、それらはテルペンにもはや反応しなかった。

follow-up analysis
追跡調査解析


The researchers, moreover, succeeded in tracking the signalling pathway which the terpene uses for increasing calcium concentration inside the cells, thus reducing cell growth.

さらに、研究者達は、テルペンが細胞内のカルシウム濃度を増加させるために使用され、それゆえ細胞増殖を減少させるシグナル伝達経路を追跡することに成功した。

"These results are yet another example for the significance of olfactory receptors outside the nose, and they give rise to hope that new drugs with no severe side effects may be developed for cancer therapy."

「これらの研究結果はさらに鼻以外の嗅覚受容体の重要性に対しての他の例であって、彼らは重篤な副作用がない新薬ががん治療のために開発する可能性がある期待を引き起こしている。

関連ブログ

血液、心臓および肺の細胞にも鼻と同じ嗅覚受容体がある。
Do Cells in the Blood, Heart and Lungs Smell the Food We Eat?
血液、心臓および肺の細胞は私たちが食べた食品の匂いを嗅ぎますか?Science Daily より
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/08/post-c09c.html

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ2015418()419()(2日間)募集のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/11/20154184192-812.html

|

« ブラジリアンペッパー3ml・精油新発売 | Main | 腫瘍細胞が糖依存症になるメカニズムが発見される。Science dailyより »