« ブルーロータスはスイレン科なのに蓮(ロータス)と呼ぶのか? | Main | 創傷治癒に対するアスピリン作用を理解することは、慢性創傷を治療するための希望を提供します。Science daily より »

August 19, 2015

皮膚における嗅覚受容体:サンダルウッドの香りが創傷治癒、皮膚再生を促進する。Science daily より

Olfactory receptors in the skin: Sandalwood scent facilitates wound healing, skin regeneration
http://www.sciencedaily.com/releases/2014/07/140708092555.htm

皮膚における嗅覚受容体:サンダルウッドの香りが創傷治癒、皮膚再生を促進する。

Skin cells possess an olfactory receptor for sandalwood scent, as researchers at the Ruhr-Universität Bochum have discovered. Their data indicate that the cell proliferation increases and wound healing improves if those receptors are activated. This mechanism constitutes a possible starting point for new drugs and cosmetics. The team headed by Dr Daniela Busse and Prof Dr Dr Dr med habil Hanns Hatt from the Department for Cellphysiology published their report in the Journal of Investigative Dermatology.

皮膚細胞がサンダルウッドの香りに対する嗅覚受容体を有していることをルール大学ボーフム、ドイツが発見した。それらのデータは、これらの受容体が活性化されると、細胞増殖が増加し、創傷治癒が改善されることを示しています。このメカニズムは、新薬や化粧品のための可能性がある出発点になります。細胞生理学部のDr Daniela Busse とProf Dr Dr Dr med habil Hanns Hattは調査の皮膚科学ジャナールでそれらの報告書を公表しました。

Ruhr-Universität Bochum:ルール大学ボーフム
Cellphysiology 細胞生理学

The nose is not the only place where olfactory receptors occur

嗅覚受容体が発生するのは鼻だけではないです。

Humans have approximately 350 different types of olfactory receptors in the nose. The function of those receptors has also been shown to exist in, for example spermatozoa, the prostate, the intestine and the kidneys. The team from Bochum has now discovered them in keratinocytes -- cells that form the outermost layer of the skin.

ヒトは約350種類の異なるタイプの嗅覚受容体を有している。また、これらの受容体の機能は、例えば、精子、前立腺、小腸や腎臓に存在することが示されています。現在、ボーフムのチームは、上皮を形成する細胞・ケラチノサイト(角化細胞)に嗅覚受容体を発見した。

spermatozoa 精子
prostate 前立腺
outer layer of skin 上皮

Experiments with cultures of human skin cells

ヒト皮膚細胞の培養実験

The RUB researchers studied the olfactory receptor that occurs in the skin, namely OR2AT4, and discovered that it is activated by a synthetic sandalwood scent, so-called Sandalore. Sandalwood aroma is frequently used in incense sticks and is a popular component in perfumes. The activated OR2AT4 receptor triggers a calcium-dependent signal pathway. That pathway ensures an increased proliferation and a quicker migration of skin cells -- processes which typically facilitate wound healing. In collaboration with the Dermatology Department at the University of Münster, the cell physiologists from Bochum demonstrated that effect in skin cell cultures and skin explants.

RUBの研究者は、OR2AT4と呼ばれる皮膚に発生する嗅覚受容体を研究して、それがいわゆるSandalore.と呼ばれる合成サンダルウッドの香りによって活性化されることを発見した。サンダルウッドの香りは線香で頻繁に使用されて、香水で好まれる化学成分です。活性化されたOR2AT4受容体は、カルシウム依存性シグナル伝達経路を誘発します。その経路は、典型的な創傷治癒を促進する過程―皮膚細胞の増殖増加および迅速な遊走を確保します。ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学の皮膚科学科との共同研究で、ルール大学ボーフムの細胞生理学者は皮膚細胞培養物および皮膚移植片で、その効果を実証しました。

University of Münster:ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学

Additional olfactory receptors in skin detected

皮膚の他の嗅覚受容体が検出されました

In addition to OR2AT4, the RUB scientists have also found a variety of other olfactory receptors in the skin, the function of which they are planning to characterise more precisely. "The results so far show that they possess therapeutic and cosmetic potential," says Prof Hanns Hatt. "Still, we mustn't forget that concentrated fragrances should be handled with care, until we have ascertained which functions the different types of olfactory receptors in skin cells have."

OR2AT4に加えて、また、ルール大学ボーフム科学者達は皮膚における様々な他の受容体を発見して、それらはより正確に特徴付けられることを計画されている機能です。“これまでのところ、研究結果はそれらの受容体が治療や化粧品のターゲットになる可能性を有していることを示していると” Hanns Hatt.教授は述べています。皮膚細胞に存在する様々なタイプの嗅覚受容体がどの機能をするかを確認するまで、まだ、私たちは濃縮された芳香は注意して取り扱われるべきであることを忘れてはなりません。

用語
カルシウムシグナリング(英:Calcium Signaling)

カルシウムシグナリング(英:Calcium Signaling)とは細胞の機能を制御するカルシウムイオン(Ca2+)依存性の情報伝達経路である。脊椎動物では細胞質のCa濃度は低濃度であり、体内のほとんどのCaは骨などの硬組織や細胞内のCa貯蔵庫(Caストア)に貯蔵されている。これらのCaは何らかの刺激をきっかけとして細胞質に流入することにより細胞内のタンパク質と結合して、その機能を調節を行い、細胞内情報伝達機構を制御することが知られている。金属原子が正の電荷を帯びたものであるCa2+は非常に単純なものであるが、細胞内のCa濃度の変化は幅広い細胞応答へとつながっており、セカンドメッセンジャーの一つである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

関連ブログ

Citrus scent inhibits liver cancer
柑橘系の香りは肝臓がんを阻害する Science dailyより
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/cat4573013/

They shed light upon the molecular mechanisms that resulted in cancer cells stop growing, following the application of (-)-citronellal, and they proved that the olfactory receptor OR1A2 is the crucial molecule for that purpose

シトロネラの塗布後に、彼らは結果的にがん細胞の増殖を止めた分子メカニズムに焦点を当てて、嗅覚受容体OR1A2がその目的のために重要な分子であることを証明した

上記研究は今回のブログと同じドイツ・ルール大学ボーフムで行われました。

血液、心臓および肺の細胞にも鼻と同じ嗅覚受容体がある。
Do Cells in the Blood, Heart and Lungs Smell the Food We Eat?
血液、心臓および肺の細胞は私たちが食べた食品の匂いを嗅ぎますか?
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/08/post-c09c.html

Skin 'Sees' UV Light, Starts Producing Pigment
皮膚は紫外線を"見て"、色素を産生し始める。
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/04/post-93b6.html

色を識別する皮膚
Visible radiation affects epidermal permeability barrier recovery: selective effects of red and blue light
可視光線は表皮バリア機能回復に影響する:赤および青の光の選択作用
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/post-84ca.html

精油のお求めは下記に

サンダルウッド(白檀)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/184

サンダルウッド(インドネシア)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/438

お知らせ

キラ★キラ・音とアロマ3回・6月29日(月)・7月31日(金)・8月31日(月)紹介
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2015/05/3629731831-892c.html

|

« ブルーロータスはスイレン科なのに蓮(ロータス)と呼ぶのか? | Main | 創傷治癒に対するアスピリン作用を理解することは、慢性創傷を治療するための希望を提供します。Science daily より »