« 幸福になりなさい:そうすると、あなたの遺伝子はありがとうと言うかもしれない。Science dailyより | Main | 重篤な手根管症候群患者に対する外用カモミールジャーマンオイルの有効性 »

January 18, 2016

ネロリ精油の鎮痛および抗炎症作用:一酸化窒素環状グアノシン一リン酸経路の関与

Analgesic and anti-inflammatory activities of Citrus aurantium L. blossoms essential oil (neroli): involvement of the nitric oxide/cyclic-guanosine monophosphate pathway.

ネロリ精油の鎮痛および抗炎症作用:一酸化窒素環状グアノシン一リン酸経路の関与

nitric oxide 一酸化窒素
cyclic-guanosine monophosphate 環状グアノシン一リン酸

PUBMEDより

J Nat Med. 2015 Jul;69(3):324-31. doi: 10.1007/s11418-015-0896-6. Epub 2015 Mar 12.

Khodabakhsh P1, Shafaroodi H, Asgarpanah J.

Author information
•1Department of Pharmacology, Pharmaceutical Sciences Branch, Islamic Azad University (IAUPS), Tehran, Iran.

Abstract

要旨

The analgesic and anti-inflammatory properties of Citrus aurantium L. blossoms essential oil (neroli) were investigated in mice and rats. The analgesic activity of neroli was assessed by acetic acid-induced writhing and Eddy's hot plate methods, while acute and chronic anti-inflammatory effects were investigated by inflammatory paw edema in rat and the cotton pellet-induced granuloma tissue model, respectively.

ネロリ精油の鎮痛および抗炎症特性はマウスとラットで調べました。それぞれ、ネロリの鎮痛作用は、酢酸誘発もがき苦悩およびエディホットプレート法よって評価され、一方、急性および慢性抗炎症作用は、ラットの炎症性足浮腫およびコットンペレット誘発肉芽組織モデルによって調査された。

acetic acid 酢酸
writhe もがき苦しむと
paw edema 足浮腫
granuloma tissue 肉芽組織

Mechanistic studies were conducted using L-nitro arginine methyl ester (L-NAME), an inhibitor of NO synthase. Neroli significantly decreased the number of acetic acid-induced writhes in mice compared to animals that received vehicle only.Also, it exhibited a central analgesic effect, as evidenced by a significant increase in reaction time in the hot plate method.

機構研究は、一酸化窒素合成酵素阻害剤、N(G)-ニトロ-L-アルギニンメチルエステルを用いて行われた。ネロリは、溶剤だけ投与された動物に比べて、マウスの酢酸誘発もがき苦悩の回数を有意に減少させた。また、ホットプレート法における反応時間の有意な増加からも明らかなように中枢神経鎮痛作用を示しました。

Mechanistic studies 機構研究
Nitric Oxide Synthase(NOS): 一酸化窒素合成酵素
L-nitro arginine methyl ester (L-NAME)
N(G)-ニトロ-L-アルギニンメチルエステル(一酸化窒素合成酵素阻害薬)

The oil also significantly reduced carrageenan-induced paw edema in rats. The inhibitory activity of neroli (especially at 40 mg/kg) was found to be very close to the standard drug, diclofenac sodium (50 mg/kg). In cotton pellet-induced granuloma, neroli was effective regarding the transudate and granuloma formation amount.

また、ネロリ精油はラットカラゲナン誘発足浮腫を有意に減少させました。ネロリ(特に40ミリグラム/ kgで)の阻害作用は、標準薬剤ジクロフェナク・非ステロイド炎症剤・(50ミリグラム/ kg)に極めて近いことが判明しました。コットンペレット誘発肉芽で、ネロリ精油は、ろ出液および肉芽腫形成量に関して効果的であった。

diclofenac sodium ジクロフェナク(非ステロイド炎症剤)
transudate ろ出液
granuloma formation amount.  肉芽腫形成量

Neroli was analyzed by gas chromatography (GC) and gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) and twenty-three constituents, representing 91.0 % of the oil, were identified.
ネロリ精油はガスクロマトグラフィー(GC)およびガスクロマトグラフィー - 質量分析(GC-MS)によって分析され、ネロリ精油の91.0%を占める23の化学成分が同定された。

The major components of neroli were characterized as linalool (28.5 %), linalyl acetate (19.6 %), nerolidol (9.1 %), E,E-farnesol (9.1 %), α-terpineol (4.9 %), and limonene (4.6 %), which might be responsible for these observed activities.

ネロリ精油の主要成分は、リナロール(28.5%)、酢酸リナリル(19.6%)、ネロリドール(9.1%)、E、E-ファルネソール(9.1%)、αテルピネオール(4.9%)、リモネン(4.6%として特徴付けられ、それらは、これらの観察された作用の元である可能性があります。

The results suggest that neroli possesses biologically active constituent(s) that have significant activity against acute and especially chronic inflammation, and have central and peripheral antinociceptive effects which support the ethnomedicinal claims of the use of the plant in the management of pain and inflammation.

研究結果は、ネロリ精油が急性および特に慢性炎症に対して有意な活性を有する生物学的活性成分を有していて、疼痛および炎症の管理において植物利用の民族医学的主張を支持する中枢および抹消の侵害刺激抑制作用を有することを示唆しています。

ethnomedicinal 民族医学的
antinociceptive effects  侵害刺激抑制作用

用語
環状グアノシン一リン酸
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E7%8A%B6%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%B3%E4%B8%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8

環状グアノシン一リン酸(Cyclic guanosine monophosphate、cGMP)は、グアノシン三リン酸(GTP)から誘導される環状ヌクレオチドである。cGMPは環状アデノシン一リン酸と同様にセカンドメッセンジャーとして利用される。ペプチドホルモンが細胞膜に結合するとプロテインキナーゼを活性化させる作用がよく知られている

ジクロフェナク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8A%E3%82%AF
ジクロフェナク(英: Diclofenac)は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の一種。主に解熱、鎮痛のために用いられる。

肉芽組織
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%89%E8%8A%BD%E7%B5%84%E7%B9%94

肉芽組織(にくげそしき(慣用)、にくがそしき、英: granulation tissue)とは創傷治癒におけるフィブリン凝固物に置換する滲出性の線維性結合組織。肉芽組織は基本的には創傷を基にして創傷を治癒するのに充分な大きさに増殖する。慢性の増殖性炎でみられる肉芽組織を肉芽腫性炎といい、代表的なものに類上皮細胞や巨細胞を伴う特異性炎がある。肉芽腫は慢性炎症反応に対する特異な組織表現型の一つでその原因はさまざまである。病理組織学的には結節状の単核食細胞(マクロファージ、類上皮細胞など)の集簇して形成された結節性病変である。

お知らせ
アロマ交流会1月26日(火)18:30〜20:00・横浜駅西口のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/01/12618302000-95c.html

|

« 幸福になりなさい:そうすると、あなたの遺伝子はありがとうと言うかもしれない。Science dailyより | Main | 重篤な手根管症候群患者に対する外用カモミールジャーマンオイルの有効性 »