« 重篤な手根管症候群患者に対する外用カモミールジャーマンオイルの有効性 | Main | 何を食べるかはあなたの睡眠方法に影響をあたえることになります。Science daily »

January 24, 2016

イランイランの伝統的使用、植物化学、および生物活性

Traditional Uses, Phytochemistry, and Bioactivities of Cananga odorata (Ylang-Ylang).

イランイランの伝統的使用、植物化学、および生物活性

PUBMEDより

Evid Based Complement Alternat Med. 2015; 2015: 896314.

Tan LT1, Lee LH1, Yin WF2, Chan CK3, Abdul Kadir H3, Chan KG2, Goh BH1.

Author information

•1Jeffrey Cheah School of Medicine and Health Sciences, Monash University Malaysia, 46150 Bandar Sunway, Selangor Darul Ehsan, Malaysia.
•2Division of Genetic and Molecular Biology, Faculty of Science, Institute of Biological Sciences, University of Malaya, 50603 Kuala Lumpur, Malaysia.
•Biomolecular Research Group, Biochemistry Program, Institute of Biological Sciences, Faculty of Science, University of Malaya, 50603 Kuala Lumpur, Malaysia.

Abstract

要旨

Ylang-ylang (Cananga odorata Hook. F. & Thomson) is one of the plants that are exploited at a large scale for its essential oil which is an important raw material for the fragrance industry. The essential oils extracted via steam distillation from the plant have been used mainly in cosmetic industry but also in food industry.

イランイラン(Cananga odorata Hook. F. & Thomson)は香粧品工業にとって重要な原材料である精油を大規模に利用されている植物の一つです。植物から水蒸気蒸留を介して抽出される精油は主に化粧品業界だけでなくて、食品業界でも使用されてきた。

fragrance industry香粧品工業

Traditionally, C. odorata is used to treat malaria, stomach ailments, asthma, gout, and rheumatism. The essential oils or ylang-ylang oil is used in aromatherapy and is believed to be effective in treating depression, high blood pressure, and anxiety. Many phytochemical studies have identified the constituents present in the essential oils of C. odorata.

伝統的に、イランイランは、マラリア、胃腸障害、喘息、痛風、およびリウマチを治療するために使用されます。精油またはイランイラン油はアロマセラピーで使用され、うつ病、高血圧、および不安の治療に効果的であると考えられています。多くの植物化学物質研究で、イランイラン精油に存在する成分を同定しました。

A wide range of chemical compounds including monoterpene, sesquiterpenes, and phenylpropanoids have been isolated from this plant. Recent studies have shown a wide variety of bioactivities exhibited by the essential oils and the extracts of C. odorata including antimicrobial, antibiofilm, anti-inflammatory, antivector, insect-repellent, antidiabetic, antifertility and antimelanogenesis activities.

モノテルペン、セスキテルペン、およびフェニルプロパノイドを含む幅広い化合物は、この植物から単離された。最新の研究は、抗菌、抗バイオフィルム、抗炎症、抗媒介物、防虫、抗糖尿病、避妊および抗メラニン合成作用を含む、イランイラン精油および抽出物によって示された多種多様な生物活性を示した。

antifertility 避妊
antibiofilm 抗バイオフィルム
antimelanogenesis 抗メラニン合成
antivector 抗媒介物

Thus, the present review summarizes the information concerning the traditional uses, phytochemistry, and biological activities of C. odorata. This review is aimed at demonstrating that C. odorata not only is an important raw material for perfume industry but also considered as a prospective useful plant to agriculture and medicine

このように、現在のレビューでは、イランイランの伝統的な使用、植物化学、および生物活性に関する情報を要約したものです。このレビューは、イランイランは香水産業にとって重要な原材料であるだけでなく、農業および薬に対する将来的に有用植物として考えられることを実証する目的を持っていた。

お知らせ
アロマ交流会1月26日(火)18:30〜20:00・横浜駅西口のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/01/12618302000-95c.html

|

« 重篤な手根管症候群患者に対する外用カモミールジャーマンオイルの有効性 | Main | 何を食べるかはあなたの睡眠方法に影響をあたえることになります。Science daily »