« フィトアロマ研究所商品定価の20%引き(2月1日・月〜2月14日・日) | Main | アロマ交流会3月25日(金)18:30~20:00・横浜駅西口のお知らせ »

February 20, 2016

首の痛み患者に対する精油ブレンド(マジョラム・ブラックペッパー・ラベンダー・ペパーミント)の有効性:無作為化対照試験。

The effectiveness of essential oils for patients with neck pain: a randomized controlled study.

頸部痛患者に対する精油の有効性:無作為化対照試験。

neck pain 頸部痛

PUBMED

J Altern Complement Med. 2014 Oct;20(10):771-9. doi: 10.1089/acm.2013.0453. Epub 2014 Sep 5.

Ou MC1, Lee YF, Li CC, Wu SK.

Author information
11 Department of Applied Cosmetology and Master Program of Cosmetic Science, Hungkuang University , Taichung, Taiwan .

弘光科技大学、中華民国 台中市

Abstract

要旨

OBJECTIVES:

目的

To assess the efficacy of aromatic essential oils on neck pain.

頸部痛に対する芳香精油の有効性の評価

DESIGN:

デザイン

Sixty participants with a history of neck pain and Neck Disability Index (NDI) score >10% were selected and randomly divided into control and experimental groups.
頸部痛の既往歴およびNeck Disability Index (NDI)指数10%以上である60人の参加者が選抜されて、無作為に対照群と実験群に分けました。

Neck Disability Index(NDI)は国際的に最も多く使用されている頸部痛用の自己記入式の質問票
頸部痛患者における日本語版Neck Disability Indexの信頼性・妥当性・反応性の検討より

http://ci.nii.ac.jp/naid/130004692870

SETTING:

設定

Motion analysis laboratory at Hungkuang University.

弘光科技大学動作分析研究所、台湾

Motion analysis laboratory 動作分析研究所

INTERVENTION:

介入

For the experimental group, the intervention included 3% concentration cream composed of four essential oils: marjoram, black pepper, lavender, and peppermint. For the control group, only an unscented cream was provided. For 4 weeks, all patients applied 2 g cream directly to the affected area daily after showering or bathing.

実験群で、介入はマジョラム、ブラックペッパー、ラベンダー、ペパーミントの4つ精油からなる3%の濃度クリームが含まれていました。対照群で, 無香料クリームだけが提供された。4週間、すべての患者は、毎日シャワーや入浴後に患部に2グラムクリーム直接塗布した。

OUTCOME MEASURES:

評価基準

Assessment was performed by using a visual analogue scale (VAS), NDI, pressure pain threshold (PPT) evaluated with a pressure meter, and neck-joint range evaluated with Motion Analysis System (MAS).

評価は視覚的アナログ評価スケールVAS)を用いて行って、Neck Disability Index(NDI)、圧疼痛闘値(PPT)は圧力計で評価されて、および首・関節範囲は動作解析システム(MAS).で評価された。

visual analog scale:視覚的アナログ評価スケール
pressure pain threshold (PPT) 圧疼痛闘値
Motion Analysis System (MAS) 動作解析システム
pressure meter 圧力計


RESULTS:

結果

A t-test statistical analysis by SPSS statistical software indicated that VAS scores improved significantly for both groups (p<0.05). In addition, the experimental group had improved pain tolerance in the left upper trapezius (mean±standard deviation, 2.96±2.54) and right upper trapezius (2.88±2.90) as measured by the PPT. According to the NDI, the experimental group also showed significant improvement (p=0.02). Comparison of MAS values before and after the intervention showed significant improvement in the 10 motion areas in the experimental group. This finding suggests that the experimental group had better results than the control group.

SPSS統計分析 ソフトウェアによって分析された検定統計分析は、視覚的アナログ評価スケール(VAS)が両方の群(p<0.05).で有意に改善されたことを示した。さらに、実験群は圧痛閾値PPT.によって測定される左上僧帽筋(平均値の標準偏差2.96±2.54)および右上部僧帽筋(2.88±2.90)おける疼痛耐性を改善した。Neck Disability Index(NDI)によると、また、実験群にも有意な改善(p = 0.02)を示した。介入前後の動作解析システム(MAS)の比較は実験群で10の活動部位の有意な改善を示した。この研究結果は、実験群が対照群よりも良好な結果が得られたことを示唆しています。

SPSS statistical software SPSS統計分析 ソフトウェア
pain tolerance 疼痛耐性
upper trapezius 上部僧帽筋肉
motion areas 活動部位

CONCLUSION:

結論:

The essential oil cream developed in this study can be used to improve neck pain. This study appears to be the first to quantify this by using PPT and MAS.

本研究で開発された精油クリームは頸部痛を改善するために使用することができます。本これを研究は、圧疼痛闘値(PPT)および動作解析システム(MAS)を使用して、これを定量化した最初の実験あるようです。


精油のご用命はフィトアロマ研究所へ

http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« フィトアロマ研究所商品定価の20%引き(2月1日・月〜2月14日・日) | Main | アロマ交流会3月25日(金)18:30~20:00・横浜駅西口のお知らせ »