« ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(6) リズムまたは波動の原則 | Main | 英国グロスタシャー州のレイライン(1)BBCより »

May 11, 2016

サンダルウッド精油主要成分α-サンタロールの抗がん作用

Anticancer Effects of Sandalwood (Santalum album).

サンダルウッド(Santalum album).の抗がん作用

PUBMEDより

Anticancer Res. 2015 Jun;35(6):3137-45.

抗がん研究

Santha S1, Dwivedi C2.

Author information

1Department of Pharmaceutical Sciences, South Dakota State University, Brookings, SD, U.S.A.

米国、サウスダコタ州立大学、薬学部

2Department of Pharmaceutical Sciences, South Dakota State University, Brookings, SD, U.S.A.

Abstract

要旨

Effective management of tumorigenesis requires development of better anticancer agents with greater efficacy and fewer side-effects. Natural products are important sources for the development of chemotherapeutic agents and almost 60% of anticancer drugs are of natural origin.

腫瘍形成の効果的管理は有効性が高くて、副作用の少ない優れた抗がん剤開発が必要になります。天然物は化学療法剤開発の重要な供給源で、抗がん剤のほぼ60%は天然由来です。

tumorigenesis 腫瘍形成
Natural products 天然物
chemotherapeutic agents 化学療法剤
natural origin. 天然由来

α-Santlol, a sesquiterpene isolated from Sandalwood, is known for a variety of therapeutic properties including anti-inflammatory, anti-oxidant, anti-viral and anti-bacterial activities. Cell line and animal studies reported chemopreventive effects of sandalwood oil and α-santalol without causing toxic side-effects.

サンダルウッドから単離されたセキステルペン、α-サンタロールは、抗炎症、抗酸化、抗ウイルスおよび抗菌作用を含む様々な治療特性で知られています。細胞株および動物研究では、毒性副作用を引き起ことなく、サンダルウッド精油およびα-サンタロールの化学予防効果を報告した。

Cell line 細胞株
toxic side-effects 毒性副作用

Our laboratory identified its anticancer effects in chemically-induced skin carcinogenesis in CD-1 and SENCAR mice, ultraviolet-B-induced skin carcinogenesis in SKH-1 mice and in vitro models of melanoma, non-melanoma, breast and prostate cancer.Its ability to induce cell-cycle arrest and apoptosis in cancer cells is its most reported anticancer mechanism of action.

私たちの研究所では、CD-1 およびSENCARマウス化学的に誘発された皮膚発がん、SKH-1マウスの紫外線B照射による皮膚発がん、およびメラノーマの生体外モデル、非メラノーマ、乳癌および前立腺がんにおけるα-サンタロールの抗がん作用を同定した。がん細胞の細胞周期停止を誘発するその能力およびアポトーシス(細胞死)はその最も報告されている作用の抗がんメカニズムです。

carcinogenesis発がん
chemically-induced skin carcinogenesis 化学的に誘発された皮膚発がん
ultraviolet-B-induced skin carcinogenesis 紫外線B照射による皮膚発がん
cell cycle arrest 細胞周期停止

The present review discusses studies that support the anticancer effect and the mode of action of sandalwood oil and α-santalol in carcinogenesis.

現在レビューは、抗がん作用および発癌におけるサンダルウッドオイルおよびα-サンタロールの作用機序を支持する研究について説明します。

mode of action 作用機序

KEYWORDS:

キーワード
Sandalwood; angiogenesis; apoptosis; cancer; carcinogenesis; cell cycle; review; santalol

サンダルウッド, 血管新生、アポトーシス(細胞死)、がん、発がん、細胞周期、レビュー、サンタロール

angiogenesis 血管新生

用語

細胞周期チェックポイント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%91%A8%E6%9C%9F%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88

細胞周期チェックポイント(さいぼうしゅうきチェックポイント)とは、細胞が正しく細胞周期を進行させているかどうかを監視(チェック)し、異常や不具合がある場合には細胞周期進行を停止(もしくは減速)させる制御機構のことである。細胞自体がこの制御機構を備えている。一回の細胞分裂の周期の中に、複数のチェックポイントが存在することが知られており、これまでにG1/Sチェックポイント、S期チェックポイント、G2/Mチェックポイント、M期チェックポイントの4つが比較的よく解析されている。この機構は正確な遺伝情報を娘細胞、ひいては子孫に伝達するための、生命にとって根源的な役割を果たしていると考えられており、この機構の異常はヒトなどのがん発生の主要な原因のひとつといわれる。その基本概念は、1988年、リーランド・ハートウェルらにより提出された。

思いついたこと

サンダルウッド精油の心臓強壮、呼吸器系強壮の文献を調べる機会がありました。最初に、サンダルウッド精油でPUBMED検索したがヒットしなかったです。それでは主成分のサンタロールで調べたがヒットしなかったです。本に書かれている精油の作用はあるもとになる本によって書かれています。原本になる本が文献をもとに書かれているのかまたは言い伝えによって書かれているのかによっても違ってきます。

文献を読んでみると、蒸留した精油でなくてEXTRACT(抽出物)が多いです。そうすると含有化学成分が違ってきますので、それは精油にあてはまるかどうかは疑問になります。

精油の特定成分で検索してみるとヒットすることがあります。リモネンの抗がん作用は体内に入っての代謝物に抗がん作用があります。

精油の作用もどのような作用機序によって効果を発揮するのかを知る必要があります。塗布することによって細菌を殺すのには容量が重要になってきます。体の受容体に結合して効果を発揮するのは容量が少なくても結合すれば効果を発揮します。

目的によって使用する方法が変わっています。治癒させるにはどの方法が一番良いのかを考える必要があります。

サンダルウッド(インドネシア)3ml・精油

http://phytoaroma.ocnk.net/product/438

お知らせ

熊本県阿蘇郡西原村で災害義援金を受け付けています。

http://www.vill.nishihara.kumamoto.jp/emergency/gienkin.

リアノン先生主催Botanica2016, University of Sussex, Brighton, England, September 2nd - 5th 2016

http://botanica2016.com/

|

« ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(6) リズムまたは波動の原則 | Main | 英国グロスタシャー州のレイライン(1)BBCより »