« マッサージは、オキシトシンを増加させ、ヒト副腎皮質刺激ホルモンを減少させる。 | Main | マスト細胞による脱顆粒およびサイトカイン産生に対するゼラニウム精油とその主要成分、シトロネロールの阻害作用 »

July 26, 2016

通年性アレルギー性鼻炎患者へのゼラニウム・サンダルウッド・ラヴィンサラ精油ブレンドオイルの吸入効果

Effect of Inhalation of Aromatherapy Oil on Patients with Perennial Allergic Rhinitis: A Randomized Controlled Trial.

通年性アレルギー性鼻炎患者へアロマオイルの吸入効果:無作為化比較試験。

Perennial Allergic Rhinitis 通年性アレルギー性鼻炎

PUBMEDより

Evid Based Complement Alternat Med. 2016;2016:7896081. doi: 10.1155/2016/7896081. Epub 2016 Mar 13.

Choi SY1, Park K1.

Author information

Department of Nursing, College of Nursing, Chung-Ang University, 84 Heukseok-ro, Dongjak-gu, Seoul 156-756, Republic of Korea.

Abstract

要旨

This study aimed to investigate the effects of aromatherapy oil inhalation on symptoms, quality of life, sleep quality, and fatigue level among adults with perennial allergic rhinitis (PAR).

本研究は、通年性アレルギー性鼻炎(PAR)成人間での、症状、生活の質、睡眠の質、および疲労レベルへのアロマオイルの効果を調査することを目的としました。

Fifty-four men and women aged between 20 and 60 were randomized to inhale aromatherapy oil containing essential oil from sandalwood, geranium, and Ravensara or almond oil (the placebo) for 5 minutes twice daily for 7 days.

20~60歳の54人の男女が無作為に選ばれて、7日間、1日2回5分間、サンダルウッド、ゼラニウム、およびラヴィンサラの精油を含むアロマセラピーオイル、またはアーモンドオイル(プラサボ)を吸入した。

PAR symptoms determined by Total Nasal Symptom Score (TNSS), the Rhinoconjunctivitis Quality of Life Questionnaire (RQLQ), sleep quality by Verran Synder-Halpern (VSH) scale, and fatigue level by Chalder Fatigue Scale (CFS) were assessed before and after intervention period.

総合鼻症状スコア(TNSS)、鼻結膜炎QOL質問票(RQLQ)、Verran Synder-Halpern (VSH)睡眠尺度による睡眠の質、Chalder の疲労尺度(CFS)による疲労レベルによって決定された通年性アレルギー性鼻炎(PAR)症状は、介入前後に評価された。

Total Nasal Symptom Score (TNSS), 総合鼻症状スコア
総合鼻症状スコア(total nasal symptom score: TNSS)TNSSは鼻症状(鼻漏、鼻閉、鼻のかゆみ、くしゃみ)4項目の程度を各項目0~3点で評価したスコア(計0~12点)

rhinoconjunctivitis quality of life questionnaire: RQLQ 鼻結膜炎QOL質問票
Chalder Fatigue Scale (CFS) :Chalder の疲労尺度(CFS)


Compared with the placebo, the experimental group showed significant improvement in TNSS, especially in nasal obstruction. The aromatherapy group also showed significantly higher improvements in total score of RQLQ and CFS.

プラセボと比較して、実験群には総合鼻症状スコア(TNSS)において有意な改善を示して、特に鼻閉塞であった。また、アロマセラピー群はRQLQとCFSの合計スコアにおいて有意な高改善を示しました。

nasal obstruction 鼻閉塞

These findings indicate that inhalation of certain aromatherapy oil helps relieve PAR symptoms, improve rhinitis-specific quality of life, and reduce fatigue in patients with PAR. In conclusion, inhalation of aromatherapy essential oil may have potential as an effective intervention to alleviate PAR.

これらの研究結果は、特定アロマオイル吸入が、通年性アレルギー性鼻炎(PAR)の緩和、鼻炎-生活の特異的質の改善、および年性アレルギー性鼻炎患者の疲労低減に役立つことを示しています。結論として、アロマセラピー精油の吸入が、PARを緩和するための効果的な介入としての可能を有しています。

精油とアロマ吸入スティックのお求めは下記にて

フィトアロマ研究所

http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« マッサージは、オキシトシンを増加させ、ヒト副腎皮質刺激ホルモンを減少させる。 | Main | マスト細胞による脱顆粒およびサイトカイン産生に対するゼラニウム精油とその主要成分、シトロネロールの阻害作用 »