« 記憶がポジティブまたはネガティブな情動に如何にリンクするかは海馬と扁桃体を結ぶ神経回路が関係し、その神経回路には可塑性があって情動を反転させることが可能 | Main | 膝痛に対するジンジャーおよびオレンジのブレンド精油でのマッサージ効果 »

September 22, 2016

英国、ブライトンで行われたBotanica2016(Sep.02-04)参加旅行について

今回は夏休み休暇を取らせていただき、英国ブライトン、サセックス大学で行われたリアノン先生主催のBotanica2016(Sep.02-04)には、世界46ヶ国から400人近くが参加しました。Botanicaは今回で3回目になり、2年に一度行われていて、Botanica2014はアイルランドのダブリンで行われ、それにも参加しました。

8月31日に羽田を発ち、ロンドンヒースローに着き、そこからバスでブライトンに行きました。31日と9月1日はブライトンのホテルに宿泊して、2日にサセックス大学寮に午前中チェックインしました。午後からBotanica2016が始まりました。

コンベンション開始前に、シャリープライスご夫妻にお会いすることができました。1995年1月にアロマセラピーの仕事に就き、その翌年に、ご夫妻は来日されました。空港に出迎えに行き、ホテルまでお連れしたり、浅草をご案内したりしました。そのことをお会いしたときにお話しをしたらおぼえていてくれていました。

Introducing essential oil distillers from around the world(世界の精油蒸留者の紹介)で、米国アリゾナ・セドナ地域の80種類の精油を蒸留。ギリシャ・クレタ島の野生種精油の蒸留。米国でソマリアのフランキンセンスを蒸留の紹介がありました。会場の入り口にはこれらの精油が販売されていました。野生種の精油のエネルギーはとても強かったです。尚、以前、フランキンセンスの芳香蒸留水を販売していましたのは、今回、紹介された米国の蒸留者でした。

野生種と栽培種の違いをクレタ島の精油蒸留者は説明してくくれました。写真でみると、栽培種は一列の同じ種が並んでいる。野生種は別々に個性を持って育っている。栽培種は人が管理しているが、野生種は植物自身が自分で管理してそこで生きている。それによってエネルギーが違うのかと思いました。

尚、講演内容に関しては下記を参照

Meet Our Speakers
http://botanica2016.com/speakers/

Takae Ebihara - Japan (A comprehensive strategy using aromatherapy for dysphagia in the elderly)

杏林大学威嚇部高齢医学 准教授 海老原孝枝先生が「高齢者の嚥下障害のためのアロマセラピーを使用の包括的戦略」で講演されました。

9月3日夜は海岸沿いにあるザ グランド ブライトン ホテルでGALA  DINNER PARTYが行われ、美味しい食事をいただき、バンドの音楽に合わせてディスコ ダンスを踊りました。0時前に大学の寮にバスで戻りました。

9月4日夜はリアノン先生のお招きで、バスでブライトンの海岸に行き、ブライトン・ピアのレストランで大きなフィシュアンドチップスを食し、他の参加者と交流を深めました。

9月5日の朝にチェックアウトして、グラストンベリーに行くために、大学近くの駅まで行き、そこからブライトン経由でブリストル・テンプル・ミーズ駅まで列車で行き、そこからバスに乗ってグラストンベリーの町に着きました。午後、3時過ぎに着き、それからホテルを探し、チェックインしました。それから、グラストンベリー修道院を見学し、土地の人に道を聞きながら、羊の牧場がある登り口から登り、グラストンベリートールの丘に行き、帰りはメインルートを下っていきました。

昨日、チャリスの井戸がトールの丘へのメインルート入り口近くにあり、オープンは10時からであることを知りました。それで、9月6日ホテルで朝食を取り、また、グラストンベリートールの丘に行き、そこで、スエーデン人に出会い、トールの丘でReiki Activationを受けました。とても良かったです。また、空を見上げたら、沢山の鳥が聖ミカエルの塔の上で舞っていました。スエーデン人の方が鳥はエンジェルだと言っていて、日常生活でサインに気づくことが大事であるとだと言っていました。

トールの丘を下ってきて、右側に曲がるとチャリスの井戸(Chalice Well)井戸の入り口が見えてきます。入り口で入場券を購入し、そこで水汲み用の空ペットボトルが売っていたので購入しました。ライオンの口から流れ出ている水を空のペットボトルに入れて持って帰ってきました。チャリスの井戸の入り口の手前にはコスモスが沢山咲き乱れていました。井戸には蓋がついていました。一番下に流れてくる池でパワーストーンを浄化していました。

午後からは、グラストンベリーからバスに乗り、ウエルズバスステーションで乗り替、魔女伝説の残る洞窟・ウーキー・ホールに行きました。そこから、また、ウエルズに戻り、ブリストル・テンプル・ミーズ駅までバスで行き、列車でロンドンのパディントン駅まで行き、ホテルにチェックインしました。

9月7日は、パディントン駅からスインドン駅に列車で行き、午前中はエイヴベリー ・ストーンサークルを見学し、スインドン駅からバーススパ乗り換えでソールズベリー駅に午後2時半頃に着きました。ここからストーンヘンジに行くバスが出ているので、時間を確認したら3時に出るとのことです。ストーンヘンジはBotanica2014の時にロンドンからのツアーにも行きましたがまた行ってみたくなり来ました。ストーンヘンジ見学後、バスはソールズベリー大聖堂近くで停車してくれたので大聖堂を見学し、ロンドンに戻りました。

9月8日にロンドンを出発して、9月9日朝に羽田に着きました。

Botanica後の旅行は、行く場所は決めていましたが、時間は決めてなくて、行き当たりばったりでしたが上手くいきました。あとから日程ができました。

今回の旅行で沢山のことを学びました。このようなチャンスを与えてくれたリアノン先生に感謝です。

尚、写真等はFacbookとTwitterに掲載しています。
https://www.facebook.com/phytoaroma

Twitter フィトアロマ研究所
https://twitter.com/?lang=ja

|

« 記憶がポジティブまたはネガティブな情動に如何にリンクするかは海馬と扁桃体を結ぶ神経回路が関係し、その神経回路には可塑性があって情動を反転させることが可能 | Main | 膝痛に対するジンジャーおよびオレンジのブレンド精油でのマッサージ効果 »