« 英国、ブライトンで行われたBotanica2016(Sep.02-04)参加旅行について | Main | 匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用 »

November 02, 2016

膝痛に対するジンジャーおよびオレンジのブレンド精油でのマッサージ効果

An experimental study on the effectiveness of massage with aromatic ginger and orange essential oil for moderate-to-severe knee pain among the elderly in Hong Kong.

香港の高齢者の中で、中等度から重度の膝痛のための芳香族ジンジャーおよびオレンジの精油でのマッサージの有効性に関する実験的研究。

PUBMEDより

Complement Ther Med. 2008 Jun;16(3):131-8. doi: 10.1016/j.ctim.2007.12.003. Epub 2008 Mar 4.

Yip YB1, Tam AC.

Author information

Abstract

要旨

OBJECTIVES:

目的

To assess the efficacy of an aromatic essential oil (1% Zingiber officinale and 0.5% Citrus sinesis) massage among the elderly with moderate-to-severe knee pain.

中等度から重度の膝痛患者の高齢者で芳香精油(ジンジャー1%とオレンジ0.5%)マッサージの効果を評価するため

METHOD:

方法

Fifty-nine older persons were enrolled in a double-blind, placebo-controlled experimental study group from the Community Centre for Senior Citizens, Hong Kong. The intervention was six massage sessions with ginger and orange oil over a 3-week period. The placebo control group received the same massage intervention with olive oil only and the control group received no massage.

香港の高齢者のためのコミュニティセンターより、59人の高齢者が二重盲検、プラセボ対照実験研究グループに参加しました。介入は、3週間にわたるジンジャーおよびとオレンジ精油での6回マッサージセッションでした。プラセボ対照群はオリーブオイルで同じマッサージ介入を受けて、対照群にはマッサージを受けなかった。

Assessment was done at baseline, post 1-week and post 4 weeks after treatment. Changes from baseline to the end of treatment were assessed on knee pain intensity, stiffness level and physical functioning (by Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis index) and quality of life (by SF-36).

評価は、治療後の1週間後および4週間後。ベースラインで行った。ベースラインから治療終了までの変化は、膝疼痛強度、こわばりレベルおよび身体機能(西オンタリオ・マクマスター大学変形性関節症指数によって)および生活の質(SF-36・健康関連測定によって)評価された。

pain intensity 疼痛強度
stiffness こわばり

SF-36®(MOS 36-Item Short-Form Health Survey)
https://www.sf-36.jp/qol/sf36.html
SF-36®は、健康関連QOL(HRQOL: Health Related Quality of Life)を測定するための、科学的で信頼性・妥当性を持つ尺度です。

RESULTS:

結果

There were significant mean changes between the three time-points within the intervention group on three of the outcome measures: knee pain intensity (p=0.02); stiffness level (p=0.03); and enhancing physical function (p=0.04) but these were not apparent with the between-groups comparison (p=0.48, 0.14 and 0.45 respectively) 4 weeks after the massage.

3つの評価項目で介入群内に3時点の間に有意な平均的変化があって、それは膝疼痛強度(p=0.02)、こわばりレベル(p=0.03)、および身体機能増強(p=0.04)であったが、これらは、マッサージ後4週間の群間比較(それぞれp =0.48、0.14および0.45、)では明らかでなかった。

mean changes 平均的変化
outcome measures 評価項目

The improvement of physical function and pain were superior in the intervention group compared with both the placebo and the control group at post 1-week time (both p=0.03) but not sustained at post 4 weeks (p=0.45 and 0.29). The changes in quality of life were not statistically significant for all three groups.

身体機能および疼痛の改善は、ポスト1週間の時間(両方p=0.03)で、プラセボと対照群との両方の比較で、介入群が優れていたが、ポスト4週間(P = 0.45および0.29)では持続していなかった。

CONCLUSION:

結論

The aroma-massage therapy seems to have potential as an alternative method for short-term knee pain relief.

アロマセラピーマッサージ療法は、短期疼痛緩和のための代替法として可能性を有すると思われます。

精油のお求めはこちらで

プラントスピリットの香りを世界各地よりお届け

フィトアロマ研究所へ

http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« 英国、ブライトンで行われたBotanica2016(Sep.02-04)参加旅行について | Main | 匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用 »