« 膝痛に対するジンジャーおよびオレンジのブレンド精油でのマッサージ効果 | Main | 精油の化学成分が受容体と結合して薬理効果発現・精油のお話会 »

November 08, 2016

匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用

Brain-immune interaction accompanying odor-evoked autobiographic memory.

匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用

PUBMEDより

PLoS One. 2013 Aug 20;8(8):e72523. doi: 10.1371/journal.pone.0072523. eCollection 2013.
Matsunaga M1, Bai Y, Yamakawa K, Toyama A, Kashiwagi M, Fukuda K, Oshida A, Sanada K, Fukuyama S, Shinoda J, Yamada J, Sadato N, Ohira H.

Author information

•1Department of Health and Psychosocial Medicine, Aichi Medical University School of Medicine, Aichi, Japan.

•愛知医科大学医学部衛生学講座

Abstract

要旨

The phenomenon in which a certain smell evokes a specific memory is known as the Proust phenomenon. Odor-evoked autobiographic memories are more emotional than those elicited by other sensory stimuli.The results of our previous study indicated that odor-evoked autobiographic memory accompanied by positive emotions has remarkable effects on various psychological and physiological activities, including the secretion of cytokines, which are immune-signaling molecules that modulate systemic inflammation.

ある種の香りが特定な記憶を呼び起す現象は、プルースト効果として知られています。匂い喚起による自伝的記憶は他の感覚刺激によって誘発されるものよりも情動的であります。私たちの以前の研究は、ポジティブな感情を伴う匂い喚起による自伝的記憶が、全身性炎症を調節する免疫・シグナル伝達分子あるサイトカイン分泌を含む様々な心理的、生理的活性に顕著な効果を有していることを示した。

Proust phenomenon プルースト効果
mmune-signaling molecules 免疫・シグナル伝達分子
systemic inflammation 全身性炎症

In this study, we aimed to clarify the neural substrates associated with the interaction between odor-evoked autobiographic memory and peripheral circulating cytokines. We recruited healthy male and female volunteers and investigated the association between brain responses and the concentration of several cytokines in the plasma by using positron emission tomography (PET) recordings when an autographic memory was evoked in participants by asking them to smell an odor that was nostalgic to them.

本研究で、私たちは、匂い手がかり自伝的記憶と抹消循環のサイトカインとの相互作用に関係する神経基質を明らかにすることを目的とした。私たちは、健康な男女を募集して、彼らに懐かしい匂いを嗅いでもらうことをお願いすることによって自伝的記憶が参加者に誘発されたときに、陽電子放射断層撮影(PET)記録を使用して、脳応答および血漿中のいくつかのサイトカイン濃度との関連を調べました。

neural substrates 神経基質

Participants experienced positive emotions and autobiographic memories when nostalgic odors were presented to them. The levels of peripheral proinflammatory cytokines, such as the tumor necrosis factor-α (TNF-α) and interferon-γ (IFN-γ), were significantly reduced after experiencing odor-evoked autobiographic memory. Subtraction analysis of PET images indicated that the medial orbitofrontal cortex (mOFC) and precuneus/posterior cingulate cortex (PCC) were significantly activated during experiences of odor-evoked autobiographic memory.

懐かし匂いが参加者に示されたときに、彼らはポジティブな感情および匂い喚起による自伝的記憶を経験した。腫瘍壊死因子α(TNF-α)およびインターフェロンγ(IFN-γ)などの末梢炎症性サイトカインのレベルは、匂い喚起による自伝的記憶を経験した後に有意に減少した。PET画像の減算分析は、内側眼窩前頭皮質(mOFC)および前帯状/後帯状皮質 (PCC) は匂い手がかり自伝的記憶を経験中に有意に活性していた。
proiproinflammatory cytokines 炎症性サイトカイン
medial orbitofrontal cortex (mOFC) 内側眼窩前頭皮質(mOFC)
Posterior cingulate cortex後帯状皮質
precuneus cingulate cortex (PCC)  前帯状皮質

Furthermore, a correlation analysis indicated that activities of the mOFC and precuneus/PCC were negatively correlated with IFN-γ concentration. These results indicate that the neural networks including the precuneus/PCC and mOFC might regulate the secretion of peripheral proinflammatory cytokines during the experience of odor-evoked autobiographic memories accompanied with positive emotions.

さらに、相関分析は、内側眼窩前頭皮質(mOFC)および前帯状/後帯状皮質 (PCC)の活性がインターフェロン(IFN)γ濃度と負に相関していた。これらの結果は、前帯状/(PCC)および内側眼窩前頭皮質(mOFC)の神経ネットワークがポジティブな感情を伴う匂い喚起による自伝的記憶を経験中に末梢炎症性サイトカイン分泌を調節するかもしれないことを示唆しています。

correlation analysis 相関分析

用語

眼窩前頭皮質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%BC%E7%AA%A9%E5%89%8D%E9%A0%AD%E7%9A%AE%E8%B3%AA

眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ、英: Orbitofrontal cortex, OFC)は、ヒトの脳にある連合皮質の領域の一部で、意思決定などの認知処理に関わっているとされている。

眼窩前頭皮質はヒトの脳の中でも最も理解が進んでいない領域である。しかし、この領域は、感覚情報の統合、強化子 (reinforcer) の感情価 (affective value) の表現、意思決定や期待に関連しているという考えが提唱されている[2]。特に、ヒトの眼窩前頭皮質は報酬と罰に対する感受性に関連した行動計画を制御していると考えられている

前帯状皮質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B8%AF%E7%8A%B6%E7%9A%AE%E8%B3%AA

前帯状皮質は血圧や心拍数の調節のような多くの自律的機能の他に、報酬予測、意思決定、共感や情動といった認知機能に関わっているとされている

|

« 膝痛に対するジンジャーおよびオレンジのブレンド精油でのマッサージ効果 | Main | 精油の化学成分が受容体と結合して薬理効果発現・精油のお話会 »