« リモネンは、セルトニン5-HTニューロン機能およびドーパミン放出の調節を介してメタンフェタミン誘発の自発運動を阻害する。 | Main | ダマスクローズ、ゼラニウムおよびローズマリー精油の神経毒性に対する保護効果(試験管実験) »

December 07, 2016

疼痛、炎症、気道疾患、および悪性黒色腫に関係するTRP・一過性受容体電位チャンネル

精油の薬理効果を発現するには細胞の受容体に結合する必要があります。受容体に結合して活性化するのをアゴニスト(作動薬)反対に阻害して機能止めるのがアンタアゴニスト(拮抗薬)になります。受容体のことを調べていると、精油の化学成分名が出てきます。これらの文献を読んでみると、精油の機能性の理屈が理解できるようになるかもしれません。

温度感受性TRPチャンネルは冷たい、温かい、熱いと関係して、それは、また、痛みと関係しています。TRPチャンネルは皮膚や感覚神経などに発現するので、痛みのために精油を塗布することによって痛みを緩和する作用もTRPチャンネルが関係しているようです。

TRPチャンネル理解のために翻訳をします。精油の化学成分とTRPチャンネルとの関係を調べたいと思っています。


Transient receptor potential ion channels: powerful regulators of cell function.

一過性受容体電位イオンチャネル:細胞機能の強力な調節因子

Transient receptor potential ion channels 一過性受容体電位イオンチャネル

PUBMEDより

Billeter AT1, Hellmann JL, Bhatnagar A, Polk HC Jr.

Author information

1*Hiram C. Polk Jr MD Department of Surgery, Price Institute of Surgical Research, and Diabetes and Obesity Center, University of Louisville School of Medicine, Louisville, KY.

Abstract

要旨

OBJECTIVE:

目的

This article reviews the current understanding of transient receptor potential ion channels (TRP channels) in health and disease.

この記事は、健康および疾患における一過性受容体電位イオンチャネル(TRPチャネル)の現状理解を概説する。

BACKGROUND:

背景

Transient receptor potential ion channels are a group of 27 channels that are expressed in all tissues. These channels play important roles in surgically important problems, such as chronic pain, susceptibility to infection, hypothermia, and some cancers.

一過性受容体電位イオンチャネルは、すべての組織で発現される27チャネルのグループである。これらのチャンネルは、慢性疼痛、感染への感受性、低体温、および幾つかのがんなどの外科的重要な疾患において重要な役割を果たします。

METHODS:

方法

A literature search was performed. This review focuses on the role of TRP channels in a few surgically important disease processes, such as pain, inflammation, airway diseases, and malignant melanomas. In addition, we discuss some of the structural properties that are important for the activation of TRP channels.

文献検索が行われた。このレビューは、疼痛、炎症、気道疾患、および悪性黒色腫などのいくつかの外科的重要疾患プロセスにおけるTRPチャネルの役割に焦点を当てている。さらに、私たちは、TRPチャネルの活性化に重要であるいくつかの構造特性について議論する。

airway diseases 気道疾患
malignant melanoma 悪性黒色腫

RESULTS:

結果


TRPA1 and TRPV1 are expressed on pain fibers and play an important role in the development of chronic pain, such as chemotherapy-related neuropathic pain. Deletion of TRPA1 and TRPV1 suppresses the development of chronic pain, and blockers of TRPA1 and TRPV1 show promise as a new class of painkillers.

TRPA1およびTRPV1は痛覚線維上に発現され、化学療法関連神経因性疼痛などの慢性疼痛の発症において重要な役割を果たす。 TRPA1およびTRPV1の欠損は慢性疼痛の発症を抑制し、TRPA1およびTRPV1の遮断薬は新たなクラスの鎮痛剤として有望です。

pain fibers 痛覚線維
chemotherapy-related neuropathic pain 化学療法関連神経性疼痛
blockers 遮断薬

Furthermore, several TRP channels are expressed on immune cells. Macrophages express at least 3 different TRP channels, and the properly balanced activation of all these channels together allows normal macrophage function. Deletion of any of these channels results in impaired macrophage function and increased susceptibility to infection.

さらに、いくつかのTRPチャネルが免疫細胞上で発現されます。マクロファージは、少なくとも3つの異なるTRPチャネルを発現し、これら全てのチャネルの適切にバランスのとれた活性化は、正常なマクロファージ機能を可能にします。これらのチャンネルのいずれかの欠損は、マクロファージ機能の障害および感染に対する感受性の増加をもたらします。

Because several of these TRP channels on macrophages are temperature sensitive, they may comprise the link for hypothermia-related infectious complications in trauma, and to a lesser degree, in elective surgical patients.

これらのマクロファージ上のこれらのTRPチャネルのいくつかは温度感受性であるため、それらは外傷および、ある程度、待期的外科患者における低体温感染性合併症のためのリンクを含む可能性がある。

infectious complications 感染性合併症
trauma 外傷
elective surgical patients. 待期的外科患者
elective surgery 待期的手術(緊急でない、選択的な手術)

CONCLUSIONS:

結論

Transient receptor potential ion channels are involved in several surgically important disease processes. Activation or blockade of these channels offers new therapeutic opportunities. Pharmacologic activation or blockade of TRP channels may offer new treatment options in surgical patients for the management of pain and infections.

一過性受容体電位イオンチャネルは外科的に重要な幾つかの疾患プロセスに関与しています。これらのチャネルの活性化または遮断は新しい治療機会を提供する。 TRPチャネルの薬理活性化または遮断は、疼痛および感染症の管理のために外科患者に新しい治療選択肢を提供し得る。

|

« リモネンは、セルトニン5-HTニューロン機能およびドーパミン放出の調節を介してメタンフェタミン誘発の自発運動を阻害する。 | Main | ダマスクローズ、ゼラニウムおよびローズマリー精油の神経毒性に対する保護効果(試験管実験) »