« リアノン先生の講座:“がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上”に決定 | Main | ショウガの活性成分はβ-受容体刺激薬誘発の気道平滑筋弛緩を増強する。 »

March 21, 2017

β-カリオフィレンおよびβ-カリオフィレンオキシド・抗がんおよび鎮痛作用の天然化合物

β-caryophyllene and β-caryophyllene oxide-natural compounds of anticancer and analgesic properties.

抗がんおよび鎮痛作用の天然化合物・β-カリオフィレンおよびβ-カリオフィレンオキシド

PUBMED

Cancer Med. 2016 Oct;5(10):3007-3017. doi: 10.1002/cam4.816. Epub 2016 Sep 30.

Fidyt K1,2, Fiedorowicz A3, Strządała L1, Szumny A2.

Author information

•1Laboratory of Tumor Molecular Immunobiology, Ludwik Hirszfeld Institute of Immunology and Experimental Therapy, Polish Academy of Sciences, 12 Rudolf Weigl, Wroclaw, 53-114, Poland.

•2The Faculty of Food Science, Department of Chemistry, Wrocław University of Environmental and Life Sciences, 25/27 C.K. Norwida, Wroclaw, 50-375, Poland.

•3Laboratory of Tumor Molecular Immunobiology, Ludwik Hirszfeld Institute of Immunology and Experimental Therapy, Polish Academy of Sciences, 12 Rudolf Weigl, Wroclaw, 53-114, Poland. anna.fiedorowicz@iitd.pan.wroc.pl.

Abstract

要旨

Natural bicyclic sesquiterpenes, β-caryophyllene (BCP) and β-caryophyllene oxide (BCPO), are present in a large number of plants worldwide. Both BCP and BCPO (BCP(O)) possess significant anticancer activities, affecting growth and proliferation of numerous cancer cells.

天然の二環式セスキテルペン、β-カリオフィレン(BCP)およびβ-カリオフィレンオキシド(BCPO)は、世界中の多数の植物に存在する。 BCPおよびBCPO(BCP(O))の両方は、顕著な抗がん作用を有していて、多数のがん細胞の成長および増殖に影響する。

Nevertheless, their antineoplastic effects have hardly been investigated in vivo. In addition, both compounds potentiate the classical drug efficacy by augmenting their concentrations inside the cells. The mechanisms underlying the anticancer activities of these sesquiterpenes are poorly described. BCP is a phytocannabinoid with strong affinity to cannabinoid receptor type 2 (CB2 ), but not cannabinoid receptor type 1 (CB1 ).

それにもかかわらず、抗腫瘍効果は生体内でほとんど調べられていなかった。さらに、両方の化合物は、細胞内でそれらの濃度を増大させることによって、古典的な薬効を増強する。これらのセスキテルペンの抗がん作用の根底にあるメカニズムは、ほとんど記述されていない。β-カリオフィレン(BCP)は、カンナビノイド受容体2型(CB2)に対して強い親和性を有する植物性カンナビノイドあるが、カンナビノイド受容体1型(CB1)には親和性を有していない。
antineoplastic effects:抗腫瘍効果
phytocannabinoid 植物性カンナビノイド

In opposite, BCP oxidation derivative, BCPO, does not exhibit CB1/2 binding, thus the mechanism of its action is not related to endocannabinoid system (ECS) machinery. It is known that BCPO alters several key pathways for cancer development, such as mitogen-activated protein kinase (MAPK), PI3K/AKT/mTOR/S6K1 and STAT3 pathways.

反対に、β-カリオフィレン(BCP)の酸化誘導体であるβ-カリオフィレンオキシド(BCPO)は、CB1 / 2に結合を示していなくて、その作用機序はエンドカンナビノイド系(ECS)機構に関連していない。β-カリオフィレンオキシド(BCPO)は、分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)、PI3K/AKT/mTOR/S6K1およびシグナル伝達兼転写活性化因子3(STAT3)経路などのがん発生に対する幾つかの主要経路を変えることが知られている。

oxidation derivative,酸化誘導体
mitogen-activated protein kinase (MAPK) 分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ
STAT3(Signal Transducers and Activator of Transcription 3)シグナル伝達兼転写活性化因子3

In addition, treatment with this compound reduces the expression of procancer genes/proteins, while increases the levels of those with proapoptotic properties. The selective activation of CB2 may be considered a novel strategy in pain treatment, devoid of psychoactive side effects associated with CB1 stimulation. Thus, BCP as selective CB2 activator may be taken into account as potential natural analgesic drug.

さらに、この化合物による治療は、アポトーシス促進特性を有する遺伝子/タンパク質のレベルを増加させながら、がん促進遺伝子/タンパク質の発現を減少させる。カンナビノイド受容体2型(CB2)の選択的活性化は、カンナビノイド受容体1型(CB1)刺激に関連する精神活性的副作用を有していないので、がん治療における新規戦略と考えられる。したがって、選択的CB2活性化剤としてのβ-カリオフィレン(BCP)は、潜在的天然鎮痛剤と考慮されるかもしれない。

Moreover, due to the fact that chronic pain is often an element of cancer disease, the double activity of BCP, anticancer and analgesic, as well as its beneficial influence on the efficacy of classical chemotherapeutics, is particularly valuable in oncology. This review is focused on anticancer and analgesic activities of BCP and BCPO, the mechanisms of their actions, and potential therapeutic utility.

さらに、慢性疼痛はがん疾患の要素であることが多いので、抗がんおよび鎮痛のβ-カリオフィレン(BCP)の二重活性ならびに古典的化学療法剤の有効性への有益な影響は、腫瘍学において特に価値がある。このレビューは、β-カリオフィレン(BCP)およびβ-カリオフィレンオキシド(BCPO)の抗がんおよび鎮痛作用、それらの作用機序および潜在的治療有用性に焦点を当てている。

Chemotherapeutics 化学療法剤
oncology 腫瘍学

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« リアノン先生の講座:“がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上”に決定 | Main | ショウガの活性成分はβ-受容体刺激薬誘発の気道平滑筋弛緩を増強する。 »