« ショウガ精油成分でもある10-ジンゲロールはトリプルネガティブ乳がん細胞のアポトーシス(細胞死)を誘導(細胞実験) | Main | ゼラニウムおよびローズオットー精油暴露により閉経周辺期女性の唾液中エストロゲン濃度上昇 »

March 29, 2017

吐き気:ジンジャー、不安:ラベンダー、疼痛:マジョラム(米国病院の看護師精油吸入投与研究)

The effectiveness of nurse-delivered aromatherapy in an acute care setting.

急性期治療環境における看護師投与アロマセラピーの有効性

PUBMEDより

Complement Ther Med. 2016 Apr;25:164-9. doi: 10.1016/j.ctim.2016.03.006. Epub 2016 Mar 7.

Johnson JR1, Rivard RL2, Griffin KH3, Kolste AK4, Joswiak D5, Kinney ME6, Dusek JA7.

Author information

Abstract

要旨

OBJECTIVE:

目的

To examine the use and effectiveness of essential oil therapeutic interventions on pain, nausea, and anxiety, when provided by nurses to patients in acute hospital settings across a large health system. This study expands upon the limited body of literature on aromatherapy use among inpatients.

大規模保健システム全体にわたる急性期病院環境下で看護師より患者に吸入投与されたときに、疼痛、吐き気および不安への精油治療介入の使用および有効性を調査すること。この研究は、入院患者のアロマテラピー使用に関する限定された文献についてさらに詳しく述べている。

DESIGN:

設計

Retrospective, effectiveness study using data obtained from electronic health records.

電子カルテから得られたデータを用いた後ろ向き、有効性研究

retrospective study後ろ向き研究

SETTING:

設定

Ten Allina Health hospitals located in Minnesota and western Wisconsin.

ミネソタ州とウィスコンシン州西部にあるTen Allina Health病院。

INTERVENTIONS:

介入

Nurse-delivered aromatherapy.

看護師投与アロマセラピー

MAIN OUTCOME MEASURES:

主要評価基準

Change in patient-reported pain, anxiety, and nausea, rated before and after receiving aromatherapy using a numeric rating scale (0-10).

患者が報告した疼痛、不安および吐き気の変化を数値評価尺度(0〜10)用いて、アロマセラピーを受ける前後で評価する。

RESULTS:

結果

There were 10,262 hospital admissions during the study time frame in which nurse-delivered aromatherapy was part of patient care. The majority of admissions receiving aromatherapy were females (81.71%) and white (87.32%). Over 75% of all aromatherapy sessions were administered via inhalation.

看護師投与のアロマセラピーは患者介護の一部であって、研究期間枠中には10,262件の入院があった。アロマセラピーを受けた入院者の多くは、女性(81.71%)と白人(87.32%)であった。すべてのアロマセラピーセッションの75%以上が吸入を介した投与でした。

Lavender had the highest absolute frequency (49.5%) of use regardless of mode of administration, followed by ginger (21.2%), sweet marjoram (12.3%), mandarin (9.4%), and combination oils (7.6%). Sweet marjoram resulted in the largest single oil average pain change at -3.31 units (95% CI: -4.28, -2.33), while lavender and sweet marjoram had equivalent average anxiety changes at -2.73 units, and ginger had the largest single oil average change in nausea at -2.02 units (95% CI: -2.55, -1.49).

投与方法にかかわらず、ラベンダー使用は最高の絶対頻度(49.5%)を有していて、続いてジンジャー (21.2%), スイートマジョラム(12.3%), マンダリン (9.4%), およびブレンド精油(7.6%).であった。スイートマジョラムは-3.31 units (95% CI: -4.28, -2.33)で同等の平均不安変化を有し、ジンジャーは-2.02 units (95% CI: -2.55, -1.49)で吐き気において不安変化の最大単一精油であった。

CONCLUSIONS:

結論

Essential oils generally resulted in significant clinical improvements based on their intended use, although each oil also showed ancillary benefits for other symptoms. Future research should explore use of additional essential oils, modes of administration, and different patient populations.

それぞれの精油も他の症状に対して付随的な利益を示したけれども、精油は、一般的にそれらの意図した用途に基づいて有意な臨床的改善をもたらした。将来の研究では、追加の精油、投与方法、および異なる患者集団の使用を検討すべきである。

KEYWORDS:

キーワード

Acute care; Anxiety; Aromatherapy; Essential oils; Nausea; Pain

急性ケア、不安、アロマセラピー、精油、吐き気、疼痛

上記記事はRobert Tisserand Essential Training のFacebookで知り、リンク先のPUBMED記事を翻訳しました。

下記はFacebookの内容です。

https://www.facebook.com/RobertTisserandEssentialTraining/photos/rpp.166263113404898/1445341745497022/?type=3&theater

Today in Powers of Aromatherapy! A retrospective study compiling 18k+ aromatherapy sessions proves that aromatherapy truly "is a thing".

アロマセラピーパワーの今日!18k +アロマセラピーセッションを編集した後ろ向き研究では、アロマセラピーは本当に「もの」であることが証明されています。

Most doctors still believe that aromatherapy is no more than placebo. However, the study linked below shows otherwise and the body of evidence cannot be ignored. The effects of essential oils have been proven again and again, and the more research there is, the more we see the real benefits.

ほとんどの医師は、アロマセラピーはプラセボにすぎないと考えています。 しかし、以下にリンクされた研究はそうでないことを示し、証拠の本体は無視できない。 精油の効果は何度も何度も証明されています。研究が増えるほど、実際のメリットが増えます。

Here's a link to the research http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27062964

これは研究のリンク先です。

And don't forget to check the TI infographics page for more visual information: http://tisserandinstitute.org/infographics/

また、ティスランドのinfographicsページでより多くの視覚情報を確認することを忘れないでください。

下記はFacebookに出ていたinfographicsの写真記事を写して翻訳したものです。

I don’t care if you call it placebo!

あなたがアロマセラピーをプラセボと呼んでも気にしないです。

In a retrospective study of 9,389 patients and 18,436 aromatherapy sessions in 10 US hospitals, these essential oils were
significantly effective, mostly by inhalation.

9,389人の患者および10の米国病院での18,436人のアロマセラピーセッションの後ろ向き研究では、これらの精油がほとんど吸入によって有意な効果があった。

Nausea : Ginger, Mandarin

吐き気:ジンジャー、マンダリン

Anxiety: Lavender, Marjoram

不安:ラベンダー,マジョラム

Pain   : Marjoram, Lavender

疼痛 :マジョラム、ラベンダー

Oils shown in order of efficacy.

精油は有効性順に示されています。

No side-effects were reported.

副作用は報告されていないです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27062964

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« ショウガ精油成分でもある10-ジンゲロールはトリプルネガティブ乳がん細胞のアポトーシス(細胞死)を誘導(細胞実験) | Main | ゼラニウムおよびローズオットー精油暴露により閉経周辺期女性の唾液中エストロゲン濃度上昇 »