« 表皮ケラチノサイトにサンダルウッドの香りに対する嗅覚受容体発見 Science dailyより | Main | ヒトのバイオフォトン放射の紹介 »

April 27, 2017

リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のお知らせ

今回、フィトアロマ研究所では、南フランス プロバンスからリアノン・ルイス女史をお招きして、Evidence-Based Clinical Aromatherapy Lecture ・エビデンスに基づく臨床アロマセラピー講座を開催します。第6回目になります。

題目:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上

Aromapsychology in cancer care: enhancing care and comfort with aromatic interventions.

日程:2017年10月21日(土)〜10月22日(日) (2日間)

時間:10:00〜17:30 (昼休憩1時間)09:30受付開始

会場:801号室・新横浜2号館 横浜デジタルアーツ専門学校
    JR新横浜駅徒歩約6分・地下鉄新横浜駅徒歩5分

受講料:69,120円

早期割引
2か月前までにお申し込み・お振り込みの方は10%割引
1か月前までにお申し込み・お振り込みの方は5%割引

講演者:リアノン・ルイス先生(Rhiannon Lewis)

元看護師・臨床アロマセラピー指導者

Essential Oil Resource Consultants代表。
http://www.essentialorc.com
International Journal of Clinical Aromatherapy 編集長
www.ijca.net
botanical2016 celebration herbs $ clinical aromastherapy 主催者
http://botanica2016.com/

*講演は英語で行われ2名のサイマルインターナショナル通訳者によって日本語に逐次通訳されます。
*受講者には当日小冊子をお渡します。パワーポイントで映し出される日本語の元になる英語と日本語を対訳にしたテキストです。
*2日間出席された方には、リアノン先生サイン入り修了書が授与されます。

下記はリアノン先生からの講義概要です。

Aromapsychology in cancer care: enhancing care and comfort with aromatic interventions.

がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上

The psycho-physiological benefits of essential oils are well supported in the scientific literature and can be extremely effective in helping the person living with cancer, especially when presented as part of an integrative and multidisciplinary approach. This class explores evidence as to how essential oils can support mood, cognition, behaviour and coping strategies at varying stages of the cancer journey. It also helps the therapist to select appropriate essential oils and effective treatment strategies.

精油の心理・生理学的利点は、十分科学文献で支持されており、特に統合・集学的アプローチの一環として提示された場合に、がんと共に生きている患者を助けることにおいて極めて効果的である。この講座では、がん治療の旅路の様々な段階で精油がどのように気分、認知、行動および対処戦略をサポートできるかに関しての証拠を探求します。また、セラピストが適切な精油と効果的治療戦略の選択に役立ちます。

By improving our understanding of how essential oils and the aromatherapy treatment affect mind and emotions and through applying this information to the context of cancer care, we will be able to suggest treatment strategies to enhance therapeutic effectiveness.

精油およびアロマセラピートリートメントが心や情動にどのよう影響するかの理解を進歩させ、この情報をがんケアの環境に適用することで、トリートメントの有効性を高める治療戦略を提案することができます。

Areas that will be discussed include:

講義される分野は次のとおりです。

Aromapsychology – the evidence and the potentials

アロマサイコロジー:エビデンスおよび可能性

Odour conditioning and anchoring with essential oils

精油での匂い条件付けとアンカリング効果

Essential oils for improving mood and wellbeing

気分およびウエルビーング改善のための精油

Essential oils and cognitive function

精油および認知機能

Essential oils and behaviour

精油および行動

Essential oils as part of the coping strategy

対処戦略の一環としての精油

Influences of gender, culture, age, expectation and prior experiences

性別、文化、年齢、期待、過去の経験の影響

Guidelines on dose and methods of administration

投与量および投与方法に関するガイドライン

リアノンルイス先生

リアノン先生は国際雑誌の臨床アロマセラピー編集主幹です。証拠に基づいた記事や研究の出版物を通して、彼女は施術者を鼓舞して、医療環境の広範囲の分野にわたって精油および関連製品を使用することを薦めています。彼女はフランス・プロバンス在住していて、英国、米国、オーストラリア、香港、台湾、南アフリカ、ブラジルなど世界中で臨床アロマセラピーを講義しております。また、2016年9月に、英国ブライトンのサセックス大学行われたBOTANICA2016の主催者です。世界46ヶ国から400人近くが参加した世界最大規模の自然療法のカンファレンスです。

◆お問い合わせ・申込について◆
お申し込みの際は下記の内容をご記入の上
こちらのメールでご返信くださいますようお願い申し上げます。

(1)名前(漢字とローマ字名は修了証に記入)
(2)住所
(3)電話番号
(4)ご職業(アロマセラピストの方は資格名を記入)

フィトアロマ研究所   
小島 宛
E-mail: phytoaroma@smile.odn.ne.jp
みなさまのご参加お待ちしております。

リアノン先生の過去の講座

2010年5月29日(土)~5月30日(日)(2日間)
Advanced Clinical Aromatherapy in Cancer and Palliative Care
がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピー
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2010/02/529302-cc9f.html

2012年10月20日(土)~10月21日(日)(2日間)
Effective management of inflammation and Effective pain management with essential oils.
がんケアにおける精油による効果的な炎症管理と疼痛管理
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/06/1020212-63ec.html

2013年10月16日(水)~10月17日(木)(2日間)
AromaDermatology: Clinical Aromatheray Approach
アロマダーマトロジー(アロマの皮膚科学):臨床アロマセラピーアプローチ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/07/2013101610172-d.html

2014年5月24日(土)~5月25日(日)(2日間)
Clinical Aromatherapy In Home Care For Elderly, Frail, And Persons At The End Of Life
高齢者、要介護者および終末期にある人達の在宅ケアにおける臨床アロマセラピー
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/01/20145245252-b23.html

2015年4月18日(土)〜4月19日(日) (2日間)
Clinical Aromatherapy approaches for womens health
女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/20154184192/index.html

関連ブログ
がん治療で有名なロンドンの英国王立マースデン病院でのリアノン先生のセミナー紹介
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/10/post-6b4b.html

アロマセラピーはクライエント中心療法:リアノン・ハリス著Becoming An Aromatherapist(アロマセラピストになろう)より
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2011/01/becoming-an-a-2.html

5つのアロマセラピー:リアノン・ハリス著Becoming An Aromatherapist(アロマセラピストになろう)より
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2011/01/5becoming-an-ar.html

リアノン・ハリス女史:英国王立マースデン病院でのがん治療現場での精油使用講座
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2011/01/post-1a0a.html

アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2007/01/international_j_3b34.html

呼吸器系問題,The International Journal of Clinical Aromatherapyより
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2007/07/the_internation_9e4d.html

|

« 表皮ケラチノサイトにサンダルウッドの香りに対する嗅覚受容体発見 Science dailyより | Main | ヒトのバイオフォトン放射の紹介 »