« ゼラニウムおよびローズオットー精油暴露により閉経周辺期女性の唾液中エストロゲン濃度上昇 | Main | 精油の化学成分は表皮ケラチノサイトに発現する(TRP)チャンネルに結合して効果を発揮する。 »

April 04, 2017

パロサント精油の化学成分および抗腫瘍特性

Chemical composition and anti-proliferative properties of Bursera graveolens essential oil.

パロサント精油の化学成分および抗腫瘍特性

Bursera graveolens:パロサント、カンラン科

PUBMEDより

Nat Prod Commun. 2012 Nov;7(11):1531-4.

Monzote L1, Hill GM, Cuellar A, Scull R, Setzer WN.
Author information
1
Institute of Medicine Tropical "Pedro Kouri", Havana City, Cuba. monzote@ipk.sld.cu

Abstract

要旨

Bursera graveolens is a wild tree of commercial importance native to the Neotropics, which has been widely used in folk medicine. In the present study, the chemical composition and anti-proliferative properties of the essential oil from B. graveolens were assayed. The chemical composition of the essential oil, determined by GC-MS, was complex and dominated by limonene (26.5%).
パロサントは、民間療法で幅広く使用されている新熱帯区原産の商業的に重要な野生木です。本研究では、パロサント由来の精油の化学成分および抗腫瘍特性が測定された。ガスクロマトグラフィー質量分析法(GC-MS)によって決定された精油の化学成分は複合的であって、リモネン(26.5%)によって占められていた。

Neotropics 新熱帯区(生物地理区の一区分。 南米大陸および中米のエリア。カリブ海の島嶼とフロリダ半島南部も含む)

Bursera oil inhibited the growth of MCF-7 breast tumor cells as well as amastigotes of L. amazonensis, with IC50 values of 48.9 +/- 4.3 and 36.7 +/- 4.7 microg/mL, respectively.

パロサント精油は、MCF-7乳房腫瘍細胞ならびにアマゾンリーシュマニアの無べん毛体を阻害し、それぞれ、IC 50値は48.9±4.3および36.7±4.7μg/ mLであった。

breast tumor cells 乳房腫瘍細胞
amastigotes 無べん毛体
L. amazonensisアマゾンリーシュマニア

In addition, the cytotoxicity of the oil was 103.9 +/- 7.2 microg/mL against peritoneal macrophages from BALB/c mice. These results demonstrate that the essential oil from B. graveolens is a promissory antiproliferative product.

さらに、パロサント精油の細胞傷害性は、BALB / cマウスからの腹腔マクロファージに対して103.9 +/- 7.2 microg/mLであった。これらの研究結果は、パロサント精油が約束された抗腫瘍産物であることを示している。

cytotoxicity 細胞傷害性
peritoneal macrophages 腹腔マクロファージ

パロサント(聖なる樹)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/47

|

« ゼラニウムおよびローズオットー精油暴露により閉経周辺期女性の唾液中エストロゲン濃度上昇 | Main | 精油の化学成分は表皮ケラチノサイトに発現する(TRP)チャンネルに結合して効果を発揮する。 »