« パロサント精油の化学成分および抗腫瘍特性 | Main | 表皮ケラチノサイトが皮膚への外圧の変化を検知するのであるならば、タッチやマッサージの圧も検知するかもしれない。 »

April 06, 2017

精油の化学成分は表皮ケラチノサイトに発現する(TRP)チャンネルに結合して効果を発揮する。

Roles of transient receptor potential proteins (TRPs) in epidermal keratinocytes.

表皮ケラチノサイトにおける一過性受容体電位タンパク質(TRPs)の役割

PUIBMEDより

Adv Exp Med Biol. 2011;704:847-60. doi: 10.1007/978-94-007-0265-3_44.

Denda M1, Tsutsumi M.

Author information

1Shiseido Research Center, Yokohama, Kanagawa 236-8643, Japan.

資生堂リサーチセンター

Abstract

要旨

Epidermal keratinocytes are the epithelial cells of mammalian skin. At the basal layer of the epidermis, these cells proliferate strongly, and as they move towards the skin surface, differentiation proceeds. At the uppermost layer of the epidermis, keratinocytes undergo apoptosis and die, forming a thin, water-impermeable layer called the stratum corneum.
Peripheral blood vessels do not reach the epidermis, but peripheral nerve fibers do penetrate into it.

表皮角化細胞は哺乳類皮膚の上皮細胞である。表皮の基底層では、これらの細胞は強力に増殖し、それらは皮膚表面に向かって移動するにつれて分化が進行する。表皮の最上層で、角化細胞(ケラチノサイト)はアポトーシスを起こして死滅すると、角質層と呼ばれる薄い水不透過性層が形成される。末梢血管は表皮まで到達しないが、末梢神経線維は表皮に入り込んでいる。

Epidermal keratinocytes 表皮角化細胞
epithelial cells 上皮細胞
stratum corneum 角質層
peripheral blood vessels 末梢血管
peripheral nerve fibers 末梢神経線維

Until recently, it was considered that the main role of epidermal keratinocytes was to construct and maintain the water-impermeable barrier function. However, since the functional existence of TRPV1, which is activated by heat and low pH, in epidermal keratinocytes was identified, our understanding of the role of keratinocytes has changed enormously. It has been found that many TRP channels are expressed in epidermal keratinocytes, and play important roles in differentiation, proliferation and barrier homeostasis.

最近まで、表皮角化細胞の主な役割は水不透過性障壁機能を構築し、維持することであったと考えられた。しかし、表皮角化細胞で熱および低pHによって活性化されるTRPV1の機能的存在が特定されたので、私たちの角化細胞(ケラチノサイト)の役割への理解は非常に変化した。多くの一過性受容体電位(TRP)チャンネルが表皮角化細胞で発現されて、分化、増殖およびバリア恒常性において重要な役割を果たすことが判明した。

Moreover, because TRP channels expressed in keratinocytes have the ability to sense a variety of environmental factors, such as temperature, mechanical stress, osmotic stress and chemical stimuli, epidermal keratinocytes might form a key part of the sensory system of the skin.

さらに、角化細胞(ケラチノサイト)で発現されるTRPチャネルが、温度、機械的ストレス、浸透圧ストレス、および化学的刺激などの様々な環境因子を感知する能力を有するため、表皮ケラチノサイトは皮膚の感覚系の重要な部分を形成するかもしれない。

The present review deals with the potential roles of TRP channels expressed in epidermal keratinocytes and focuses on the concept of the epidermis as an active interface between the body and the environment.

本レビューは、表皮ケラチノサイトで発現されるTRPチャネルの潜在的役割を扱い、身体と環境との間の活動的インタフェイスとしての表皮の概念に焦点を当てている。

用語
インターフェース
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9

インターフェース (interface) はインタフェイス、インターフェイスとも書き、英語で界面や接触面、中間面などといった意味を持ち、転じてコンピュータと周辺機器の接続部分を表すようになった。さらに、ユーザーインターフェースなどのように、人間と自動機械との間の複雑な操作をする手順・規則との意味にも使われる。

•インタフェース (情報技術) - ものごとの境界となる部分と、その境界での処理方式であるプロトコルを指す、主に情報技術関連で用いられる用語。

関連ブログ

皮膚バリアのホメオスタシス(恒常性)改善新戦略

New strategies to improve skin barrier homeostasis

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/post-8da8.html

顔面皮膚の皮脂分泌への芳香作用

Effects of fragrance administration on stress-induced prefrontal cortex activity and sebum secretion in the facial skin.

ストレス誘発性前頭前野活動および顔面皮膚の皮脂分泌への芳香投与作用

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/06/post_4325.html

|

« パロサント精油の化学成分および抗腫瘍特性 | Main | 表皮ケラチノサイトが皮膚への外圧の変化を検知するのであるならば、タッチやマッサージの圧も検知するかもしれない。 »