« ヒトのバイオフォトン放射の紹介 | Main | 生物系および内在性の光の場からの自発的極微弱発光 »

May 15, 2017

繊細なマグノリア・ジャスミンの香りがヒトフェロモン受容体を活性化する。Science daily より

Delicate magnolia-jasmine scent activates human pheromone receptor
https://www.sciencedaily.com/releases/2015/04/150409081438.htm

繊細なマグノリア・ジャスミンの香りがヒトフェロモン受容体を活性化する。

Date:
April 9, 2015

Source:
Ruhr-Universitaet-Bochum
ルール大学ボーフム

Summary:

概要
The question if humans can communicate via pheromones in the same way as animals is under debate.Cell physiologists have demonstrated that the odorous substance Hedione activates the putative pheromone receptor VN1R1, which occurs in the human olfactory epithelium. Researchers showed that the scent of Hedione generates sex-specific activation patterns in the brain, which do not occur with traditional fragrances.

ヒトが動物と同じようにフェロモンを介してコミュニケーションできるかどうかという疑問は議論の対象となっている。細胞生理学者は、香り物質ヘディオンはヒト嗅上皮に発生する推定フェロモン受容体VN1R1を活性化することを実証しました。研究者は、ヘディオンの香りは、伝統的香りでは発生しない脳内の性特異的活性パターンを生成することを示しました。

Hedione (methyl dihydro-jasmonate).:ヘディオン(ジヒドロジャスモン酸メチル)
Hedione (magnolia-jasmine-like fragrance):ヘディオン(マグノリアとジャスミン様の香り
olfactory epithelium 嗅上皮
putative 推定上の
pheromone フェロモン
sex-specific性特異的

The question if humans can communicate via pheromones in the same way as animals is under debate. Cell physiologists at the Ruhr-Universität Bochum have demonstrated that the odorous substance Hedione activates the putative pheromone receptor VN1R1, which occurs in the human olfactory epithelium. Together with colleagues from Dresden, the Bochum-based researchers showed that the scent of Hedione generates sex-specific activation patterns in the brain, which do not occur with traditional fragrances. "These results constitute compelling evidence that a pheromone effect different from normal olfactory perception indeed exists in humans," says scent researcher Prof Dr Dr Dr Hanns Hatt. The team published the results in the journal NeuroImage.

ヒトが動物と同じようにフェロモンを介してコミュニケーションできるかどうかという疑問は議論の対象となっている。ルール大学ボーフムの細胞生理学者は、香り物質ヘディオンがヒト嗅上皮に発生する推定フェロモン受容体VN1R1を活性化することを実証しました。ドレスデンからの同僚と共に、ボーフムベースの研究者らは、ヘディオンの香りは、伝統的香りでは発生しない脳内の性特異的活性パターンを生成することを示しました。「これらの結果は、正常な嗅覚とことなるフェロモン効果が実際にヒトに存在するという説得力のある証拠となる」と香り研究者Dr Hanns Hatt博士は述べています。チームはその結果を米国の科学雑誌 NeuroImageに掲載した。

Hedione activates pheromone receptor in olfactory epithelium

ヘディオンは嗅上皮におけるフェルモン受容体を活性化する。

Using genetic-analysis approaches, the researchers from Bochum confirmed the pheromone receptor's existence in human olfactory mucosa. Subsequently, they transferred the genetic code for the receptor into cell cultures and, using these cells, demonstrated that Hedione activates the receptor. Hedione -- derived from the Greek word "hedone," for fun, pleasure, lust -- has a pleasant fresh jasmine-magnolia scent and is utilized in many perfumes. It is also called the scent of success.

遺伝子解析手法を用いて、ボーフムの研究者は、ヒト嗅粘膜におけるフェロモン受容体の存在を確認した。その後、彼らは、受容体の遺伝子コードを細胞培養に移し、これらの細胞を用いて、ヘディオンが受容体を活性化することを証明した。楽しさ、喜び、欲望のギリシャ語"hedone,"から派生したヘディオンは、爽やかで新鮮なジャスミン・マグノリアの香りを有していて、多くの香水に使用されています。また、それは成功の香りと呼ばれています。

genetic-analysis 遺伝子解析
olfactory mucosa 嗅粘膜

Sex-specific brain activation may be related to the release of sex hormones

性特異的脳の活性化は性ホルモンの放出に関連しているかもしれない。

Together with the team headed by Prof Dr med Thomas Hummel from the University Hospital Dresden, the group from Bochum analysed what happens in the brain when a person smells Hedione. They compared the results with the effects triggered by phenylethyl alcohol, a traditional floral fragrance. Hedione activated brain areas in the limbic system significantly more strongly than phenylethyl alcohol. The limbic system is associated with emotions, memory and motivation.
In addition, Hedione activated a specific hypothalamic region, in women more strongly than in men. This activation pattern is typical for controlling sexual behaviour via the endocrine system.

ドレスデン大学病院教授医学博士トマス・フンメル博士が率いるチームと共に、ボーフムのグループはヒトがヘディオンを嗅ぐ時に脳内で何が起こるかを分析しました。彼らは、伝統的な花の香りであるフェニルエチルアルコールによって引き起こされる効果と結果を比較した。ヘディオンは、フェニルエチルアルコールよりも有意により強力に大脳辺縁系の脳領域を活性化した。大脳辺縁系は情動、記憶およびチベーションに関連しています。さらに、ヘディオンは、男性よりも女性において特異的視床下部領域を強く活性化した。この活性化パターンは、内分泌系を介して性行動を制御するための典型的なものである。

henylethyl alcohol フェニルエチルアルコール
limbic system 大脳辺縁系
hypothalamic region 視床下部領域
endocrine system 内分泌系

Next steps are in progress

次のステップは進行中です

"In the next stage, we want to find out which physiological and psychological parameters are affected when Hedione activates the pheromone receptor," explains Hanns Hatt. "We have already launched the relevant studies. But we also have to search for scent molecules in bodily secretions, which resemble Hedione and activate the receptor. With its help, humans could actually communicate with each other."

次の段階で、私たちは、ヘディオンがフェロモン受容体を活性化するとき、どのように生理学的および心理学的パラメータが影響を受けるかを解明したいです。とHanns Hattは述べています。私たちはすでに関連研究を開始した。しかし、私たちもヘディオンに似ていて、受容体を活性化する身体分泌する香り分子を探索しなければならない。その助けをかりて、ヒトは人間が実際にお互いにコミュニケーションをとることができるのだろう。

Pheromone receptors in humans and animals

ヒトおよび動物におけるフェロモン受容体

Pheromones are substances that facilitate chemical communication between members of the same species. They trigger a homogenous, repeatable reaction. In the animal kingdom, this kind of communication is very widespread. Mice have approx. 300 different genes for pheromone receptors; in humans, probably only five of them are still functional. Most mammals have a special organ located at the base of the nasal septum, i.e. the vomeronasal organ. According to contemporary research this organ fulfills no function in humans anymore. However, researchers at RUB and other institutes have demonstrated in the recent years that pheromone receptors may also occur in the olfactory epithelium in humans and in mice.

フェロモンは、同じ種のメンバー間の化学的コミュニケーションを促進する物質です。それらは、均一な繰り返し反応を引き起こす。動物界では、この種のコミュニケーションは極めて広く行きわたっています。マウスは、フェロモン受容体に対する約300の異なる遺伝子を有していて、ヒトでは、おそらくそれらのうちの5つだけがまだ機能しています。ほとんどの哺乳動物は、鼻中隔の基部に位置する特別な器官、すなわち鋤鼻器官を有しています。現代の研究によれば、この器官はヒトにおいてはもはや機能を果たしていないです。 しかし、ルール大学および他の研究所の研究者らは、フェロモン受容体もヒトおよびマウスの嗅上皮に発生することを近年実証しています。

nasal septum 鼻中隔
vomeronasal organ 鋤鼻器(じょびき)

用語

フェロモン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3

フェロモン(pheromone)は、動物または微生物が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のことである

フェニルエチルアルコール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%81%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB

フェネチルアルコール (phenethyl alcohol) とは、示性式が C6H5CH2CH2OH と表されるアルコールの一種。2-フェニルエタノールのこと。天然に広く存在する無色の液体で、バラ、カーネーション、ヒヤシンス、アレッポマツ、イランイラン、ゼラニウム、ネロリ、キンコウボク など、さまざまな精油に含まれる。水にはわずかに溶ける (2 mL/100 mL H2O) いっぽう、エタノールやエーテルとは混和する。
フェネチルアルコールは快い花の香を持ち、特にバラの香りを加えたいときに香料として用いられる。タバコの添加剤、アルカリ性に強いことから石鹸の保存料としても用いられる。生物学ではその抗菌作用に興味が持たれている。

鼻中隔
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E4%B8%AD%E9%9A%94

鼻中隔(びちゅうかく、英語: nasal septum、ラテン語: septum nasi)とは、鼻腔の内部を左右に仕切る壁である[1]。粘膜で覆われ[2]、鼻中隔軟骨、鋤骨、篩骨垂直板によって形成される[3][4]。鼻孔から咽喉の奥まで伸びている[5]。

お知らせ

リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のお求めは下記にて

マグノリアフラワー3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/349

ジャスミン3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/360

|

« ヒトのバイオフォトン放射の紹介 | Main | 生物系および内在性の光の場からの自発的極微弱発光 »