« 女性における血漿ホモシステインおよびシステインと乳がんリスク | Main | 語り部アロマコージお茶会 ATパラゴンカフェ横須賀長沢7月22日(土)お知らせ »

June 29, 2017

糖尿病患者の神経因性疼痛および生活の質のためのアロマセラピーマッサージ

Aromatherapy Massage for Neuropathic Pain and Quality of Life in Diabetic Patients.

糖尿病患者の神経因性疼痛および生活の質のためのアロマセラピーマッサージ

Neuropathic Pain 神経因性疼痛

PUBMEDより

J Nurs Scholarsh. 2017 Jun 12. doi: 10.1111/jnu.12300. [Epub ahead of print]

Gok Metin Z1, Arikan Donmez A1, Izgu N1, Ozdemir L2, Arslan IE3.

Author information

1Research Assistant, Hacettepe University Faculty of Nursing, Internal Medicine Nursing Department, Ankara, Turkey.

2Associate Professor, Hacettepe University Faculty of Nursing, Internal Medicine Nursing Department, Ankara, Turkey.

3Medical Doctor, Gazi University Faculty of Medicine, Endocrinology Department, Ankara, Turkey.

Abstract

要旨

PURPOSE: This study aimed to examine the effects of aromatherapy massage on neuropathic pain severity and quality of life (QoL) in patients suffering from painful diabetic neuropathy.

目的:この研究は、痛みを伴う糖尿病性神経障害に苦しんでいる患者における神経因性疼痛および生活の質(QoL)へのアロマセラピーマッサージ効果を調べることを目的とした。

diabetic neuropathy.:糖尿病性神経障害

DESIGN AND METHODS: This open-label randomized controlled clinical study was conducted in a university hospital endocrine outpatient clinic in Turkey. The study sample consisted of 46 patients, randomly allocated to an intervention group (n = 21) and a control group (n = 25). The intervention group received aromatherapy massage three times per week for a period of 4 weeks. The control group received only routine care. Data were collected from patients using the Douleur Neuropathique questionnaire, the visual analog scale, and the Neuropathic Pain Impact on Quality of Life questionnaire.

デザインおよび方法:このオープンラベル無作為化比較臨床試験はトルコの大学病院の内分泌外来診療所で行われました。試験サンプルは46人の患者からなっていて、無作為に介入群(n = 21)および対照群(n = 25)に割り付けられた。介入群は、週に3回、4週間アロマセラピーマッサージを受けた。対照群は日常ケアだけを受けた。神経因の痛みのアンケート、視覚的アナログ尺度および神経因性疼痛の生活の質に及ぼす影響アンケートを用いて、患者からデータを収集した。

randomized controlled clinical study 無作為化比較臨床試験
endocrine 内分泌
Douleur:痛み
Douleur:痛み フランス語
Neuropathique:神経因 フランス語
the visual analog scale 視覚的アナログ尺度

FINDINGS: Neuropathic pain scores significantly decreased in the intervention group compared with the control group in the fourth week of the study. Similarly, QoL scores significantly improved in the intervention group in the fourth week of the study.

結果:神経因性疼痛スコアは、研究の第4週で対照群と比較して、介入群において有意に減少した。 同様に、生活の質(QoL)スコアは、研究の第4週で介入群において有意に改善した。

CONCLUSIONS: Aromatherapy massage is a simple and effective nonpharmacological nursing intervention that can be used to manage neuropathic pain and improve QoL in patients with painful neuropathy.

結論:アロマセラピーマッサージは、有痛性神経障害患者において、神経因性疼痛を管理し、生活の質(QoL)を改善するために使用することができ、シンプルで効果的な非薬理学的看護介入である。

painful neuropathy 有痛性神経障害
non pharmacological nursing intervention 非薬理学的看護介入

CLINICAL RELEVANCE: Aromatherapy massage is a well-tolerated, feasible, and safe nonpharmacological method that can be readily integrated into clinical settings by nursing staff. The essential oils rosemary, geranium, lavender, eucalyptus, and chamomile can be safely used by nurses in the clinical setting, if applicable. However, training and experience of nurses in aromatherapy massage is critical to achieving positive results.

臨床的関連性:アロマテラピーマッサージは、痛みを感じなく、実用的で安全な非薬理学的方法であって、看護スタッフが容易に臨床現場に組み入れることが出来ます。適用可能である場合には、精油のローズマリー、ゼラニウム、ラベンダー、ユーカリ、カモミールは、臨床現場で看護師が安全に使うことができます。しかし、アロマセラピーマッサージにおける看護師のトレーニングおよび経験は肯定的結果を得るたに極めて重要です。

KEYWORDS: Aromatherapy; massage; neuropathic pain; painful diabetic neuropathy; quality of life; randomized trial

キーワード*アロマセラピー、マッサージ、神経因性疼痛、痛みを伴う糖尿病性神経障害、生活の質、無作為化試験

神経因性疼痛
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E5%9B%A0%E6%80%A7%E7%96%BC%E7%97%9B

神経因性疼痛(しんけいいんせいとうつう、神経障害性疼痛、英:Neuropathic Pain,Neuralgia)は、Silas Weir Mitchell (January 15, 1829–January 4, 1914)により提唱された概念であり、癌や物理的傷害による末梢神経および中枢神経の障害や、機能的障害による慢性疼痛疾患の一種である。これらの痛みは、本来の疼痛意義である組織障害の警告という意味は既に失われており、苦痛としての痛み自体が障害となり患者の生活の質(QOL)の著しい低下が引き起こされる。また、神経因性疼痛に対して心因性疼痛(psychological pain)がある。

お知らせ

*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/

|

« 女性における血漿ホモシステインおよびシステインと乳がんリスク | Main | 語り部アロマコージお茶会 ATパラゴンカフェ横須賀長沢7月22日(土)お知らせ »