« 閉経後女性の更年期症状、ストレスおよびエストロゲンへのネロリ精油の吸入効果 | Main | レボドパ製剤(パーキンソン病治療薬)誘発酸化毒性に対するローズオットーや真正ラベンダー精油の保護作用 »

June 08, 2017

アルミニウムや亜鉛誘発神経毒性に対する精油の保護作用(試験管内実験)

An In Vitro System Comprising Immortalized Hypothalamic Neuronal Cells (GT1-7 Cells) for Evaluation of the Neuroendocrine Effects of Essential Oils.

精油の神経内分泌作用の評価のための不死化視床下部神経細胞(GT1-7 細胞)から成る試験管内分析評価システム

Immortalized Hypothalamic Neuronal Cells 不死化視床下部神経細胞
Neuroendocrine 神経内分泌

PUBMEDより

Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:343942. doi: 10.1155/2015/343942. Epub 2015 Oct 21.

Mizuno D1, Konoha-Mizuno K2, Mori M2, Yamazaki K1, Haneda T1, Koyama H3, Kawahara M2.

Author information

1Department of Forensic Medicine, Faculty of Medicine, Yamagata University, 2-2-2 Iida-Nishi, Yamagata-shi, Yamagata 990-9585, Japan.

山形大学医学部法医学講座

2Research Institute of Pharmaceutical Sciences, Faculty of Pharmacy, Musashino University, 1-1-20 Shin-machi, Nishitokyo-shi, Tokyo 202-8585, Japan.

武蔵野大学薬学部薬学研究所薬物療法学研究室

3School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University of Health and Welfare, 1714-1 Yoshino-cho, Nobeoka-shi, Miyazaki 882-8508, Japan.

九州保健福祉大学薬学部

Abstract

要旨

Aromatherapy and plant-based essential oils are widely used as complementary and alternative therapies for symptoms including anxiety. Furthermore, it was reportedly effective for the care of several diseases such as Alzheimer's disease and depressive illness.

アロマセラピーおよび植物ベースの精油は、不安を含む症状の補完的な代替療法として広く使用されています。さらに、それは、アルツハイマー病およびうつ病などの幾つかの疾患のケアに対して有効であると報告されている。

To investigate the pharmacological effects of essential oils, we developed an in vitro assay system using immortalized hypothalamic neuronal cells (GT1-7 cells).

精油の薬理学的効果を調べるために、私たちは、不死化視床下部ニューロン細胞(GT1-7細胞)を用いて、試験管内分析評価システムを開発した。

in vitro 試験管内で
assay 分析評価

In this study, we evaluated the effects of essential oils on neuronal death induced by hydrogen peroxide (H2O2), aluminum, zinc, or the antagonist of estrogen receptor (tamoxifen). Among tests of various essential oils, we found that H2O2-induced neuronal death was attenuated by the essential oils of damask rose, eucalyptus, fennel, geranium, ginger, kabosu, mandarin, myrrh, and neroli.

本研究では、私たちは、過酸化水素(H2O2)、アルミニウム、亜鉛、またはエストロゲン受容体のアンタゴニスト・拮抗薬(タモキシフェン)によって引き起こされる神経細胞死への精油の効果を評価した。各種精油の検査で、私たちは、過酸化水素(H2O2)誘発神経細胞死がダマスクローズ、ユーカリ、フェンネル、ゼラニウム、ショウガ、カボス、マンダリン、ミルラ、ネロリの精油によって減弱された。

neuronal death 神経細胞死
hydrogen peroxide (H2O2)

Damask rose oil had protective effects against aluminum-induced neurotoxicity, while geranium and rosemary oil showed protective activity against zinc-induced neurotoxicity. In contrast, geranium oil and ginger oil enhanced the neurotoxicity of tamoxifen. Our in vitro assay system could be useful for the neuropharmacological and endocrine pharmacological studies of essential oils.

ダマスクローズ精油はアルミニウム誘発神経毒性に対して保護作用を有していて、一方、ゼラニウムおよびローズマリ精油は亜鉛誘発神経毒性に対して保護作用を示した。対照的に、ゼラニウムおよびジンジャー精油はタモキシフェンの神経毒性を増強した。私たちの試験管内分析評価システムは、精油の神経薬理学的および内分泌の薬理学的研究に有効であるだろう。

お知らせ

*上野の国立科学博物館地球館屋上ハーブガーデンの紹介

先日、上野の国立科学博物館で大英自然史博物館展を見てきました。帰りに国立科学博物館地球館屋上ハーブガーデンに寄って、ティートリーの花、ヘリクリサム(カレープラントの花、ジュニパー、ホワイトセージなどの植物を観察してきました。植物の写真はFacebookにアップしてます。
https://www.facebook.com/#!/phytoaroma

国立科学博物館地球館
http://www.kahaku.go.jp/userguide/access/restaurant/
ハーブガーデン
休憩に利用していただくためのスペースです。薬用、食用、染料・香味料用など、約150種類のハーブがあります。

*アウエイク・ネイチャーのハートランド・ジェームズ氏と菅野禮子女史は2017年6月に来日されます。アウェイク・ネイチャーは、日本巡礼 with クリスタル(第五弾)を実施します。

今年は九州(長崎、熊本、鹿児島、大分、宮崎)、屋久島、山陽(広島、岡山)、四国(愛媛、高知)、京都、北海道を訪れ、クリスタルを植えていく予定です.

リーディングセッションとお話会のご案内 2017年6月分をご案内
アウエイク・ネイチャーのブログをご覧ください。
http://blog.awakenature.org/

+リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

|

« 閉経後女性の更年期症状、ストレスおよびエストロゲンへのネロリ精油の吸入効果 | Main | レボドパ製剤(パーキンソン病治療薬)誘発酸化毒性に対するローズオットーや真正ラベンダー精油の保護作用 »