« カラマス精油(CO2 セレクト抽出物) | Main | 睡眠障害に役立つアロマスティック使用:がん患者経験調査 »

August 23, 2017

ホワイトジンジャーAbs・精油化学成分(リナロール(29.3%)、(E)-イソオイゲノール(18.4%)、インドール(7.0%)

フィトアロマ研究所では精油の資料を作成して精油購入のお客様に送付しています。
しかし、希少精油などでは資料がなくて作成できてないものもあります。ホワイトジンジャーAbs・精油の資料には化学成分名しか記載してなかったです。

ホワイトジンジャーAbs・精油

学名:Hedychium coronarium

Hedychium :hedys(美味)+chion(雪)
Coronarium :花冠のある

和名:ハナシュクシャ(花縮紗)

科名:ショウガ科 シュクシャ属 原産地:インド

抽出部位:花 抽出方法:溶剤

植物について
花は約10cm近い長い花筒部を有し、広線型の花被片と、白色で目だつ大きな平開する唇弁を有している。熱帯では周年、日本では夏から初秋にかけて咲く。原産地はインドからインドシナ半島のどこかであろうが、現在では切花や観賞用に広く栽培されている。日本には江戸時代末期に渡来した。世界有用植物事典より

今回、お客様からの注文が入り、資料をプリントするときに、Second edition ESSENTIAL OIL SAFETY, Robert Tissserand /Rodney Youmgには化学成分%が出ているだろうと思いだし、調べてみたのが下記の成分になります。

主要成分(second edition Essential Oil Safetyより)

リナロール(29.3%)、(E)-イソオイゲノール(18.4%)、インドール(7.0%)、安息香酸メチル(5.7%)、吉草酸(4.0%)、ジャスミンラクトン(3.5%)、安息香酸ベンジル(2.9%)、ジャスモン酸メチル(1.8%)、β-カリオフィレン(1.6%)、エピジャスモン酸メチル(1.6%)、オイゲノール(1.4%)、シアン化ベンジル(1.3%)、β-オシメン(1.2%)、トリメチル,フェニルアセトアルデヒド(1.1%)、(E,E)-2,6,10-トリメチル-2,6,10,12-トリデカテトラエン(1.1%)

作用として抗ストレス、抗うつ、リラックス、神経強壮、再活性化があると記載してましが、これらの作用は主成分のリナロール(29.3%)が関係しているのかと思いました。

リナロール含有精油
ローズウッド(木部)(85-95%)  ブラジル
ネロリ(39.6%)  チュニジア
ホワイトジンジャーAbs(29.3%)、不明
プチグレイン(23.57%)パラグアイ
野生ラベンダー(23.57%) フランス
真正ラベンダー(23.45%) ブルガリア
クラリセージ(15.66%)、ブルガリア
ベルガモット(11.24%) イタリア
ゼラニウム(4.89%)   エジプト
イランイラン(9.09% ) マダガスカル

関連ブログ

リナロールの鎮静作用
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2007/09/post_4859.html

ラベンダー精油主要成分リナロールの抗不安作用
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2007/02/post_4cc7.html

用語
イソオイゲノール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B2%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB
イソオイゲノール (isoeugenol) は、フェニルプロペンの一種であり、プロペニル基置換型グアイアコールである。フェニルプロパノイドの一種であり、イランイランといった植物の精油に含まれている。オイゲノールから合成することが可能であり、バニリンの工業的生産に使用されている。シス (Z) あるいはトランス (E) 異性体のいずれの異性体でも存在する考えられる。トランス (E) イソオイゲノールは結晶性であるのに対して、シス (Z) イソオイゲノールは液体である。

インドール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB
インドールは室温では固体だが、大便臭を発散する。実際大便の臭い成分にもインドールが含まれる。ところが非常に低濃度の場合は花のような香りがあり、オレンジやジャスミ ンなど多くの花の香りの成分でもあって[1]、香水に使われる天然ジャスミン油は約2.5%のインドールを含む。現在では合成インドールが香水や香料に使われている。またコールタールにも含まれる。

お知らせ

AWAKE NATUREのブログを紹介します
以前、メルマガでジェームズ・ハートランド著Meru Shambha's Complete Perfection: A Bardo Dream Notebookの紹介しましたが、今回、AWAKE NATUREで翻訳したのが紹介されました。

James' Book Published on Amazon! ジェームズの新刊のご紹介
http://blog.awakenature.org/

*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のおしらせ
ホワイトジンジャーAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/318

|

« カラマス精油(CO2 セレクト抽出物) | Main | 睡眠障害に役立つアロマスティック使用:がん患者経験調査 »