« 睡眠障害に役立つアロマスティック使用:がん患者経験調査 | Main | リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジーがセラピスト誌オフィシャルサイト セラピーライフ ~セラピーのある生活~紹介される。 »

August 28, 2017

人間は植物と同じ方法で他人からエネルギーを吸収することができます。

People Can Draw Energy From Other People The Same Way Plants Do

http://preventdisease.com/news/12/112112_People-Can-Draw-Energy-From-Other-People-The-Same-Way-Plants-Do.shtml

人間は植物と同じ方法で他人からエネルギーを吸収することができます。

A biological research team at Bielefeld University has made a groundbreaking discovery showing that plants can draw an alternative source of energy from other plants. This finding could also have a major impact on the future of bioenergy eventually providing the evidence to show that people draw energy from others in much the same way.

ドイツ・ビーレフェルト大学の生物学研究チームは、植物が他の植物からの代替エネルギーを吸収することができるという画期的な発見をしました。また、この発見はバイオエネルギーの未来にも大きな影響を与え、やがて、人間が同じように他者からエネルギーを吸収することを示す証拠を提供することができるだろう。

Members of Professor Dr. Olaf Kruse’s biological research team have confirmed for the first time that a plant, the green alga Chlamydomonas reinhardtii, not only engages in photosynthesis, but also has an alternative source of energy: it can draw it from other plants. The research findings were released this week in the online journal Nature Communications published by the renowned journal Nature.

Olaf Kruse教授の生物学研究チームのメンバーは、コナミドリムシ・緑藻は光合成を行うばかりでなくて、代替エネルギー源(それは他の植物からエネルギーを吸収することができる)も有していることを初めて確認しました。研究成果は、著名な雑誌Nature によって発行しているオンラインジャーナル「Nature Communications」に今週公開された。

green alg:緑藻
Chlamydomonas reinhardtii:コナミドリムシ

Flowers need water and light to grow and people are no different. Our physical bodies are like sponges, soaking up the environment. "This is exactly why there are certain people who feel uncomfortable in specific group settings where there is a mix of energy and emotions," said psychologist and energy healer Dr. Olivia Bader-Lee.

花は成長するために水と光が必要で、人間も変わらないです。私たちの身体はスポンジのようなもので、まわりの環境を吸い取っています。「これは、正確に、何故エネルギーと情動が混在している特定グループ環境で不快感を感じる特定人間がいる理由です。」と心理学者でエネルギー・ヒーラーのオリビア・バダー・リー博士は述べた。

Plants engage in the photosynthesis of carbon dioxide, water, and light. In a series of experiments, Professor Dr. Olaf Kruse and his team cultivated the microscopically small green alga species Chlamydomonas reinhardtii and observed that when faced with a shortage of energy, these single-cell plants can draw energy from neighbouring vegetable cellulose instead. The alga secretes enzymes (so-called cellulose enzymes) that ‘digest’ the cellulose, breaking it down into smaller sugar components. These are then transported into the cells and transformed into a source of energy: the alga can continue to grow. ‘This is the first time that such a behaviour has been confirmed in a vegetable organism’, says Professor Kruse. ‘That algae can digest cellulose contradicts every previous textbook. To a certain extent, what we are seeing is plants eating plants’. Currently, the scientists are studying whether this mechanism can also be found in other types of alga. Preliminary findings indicate that this is the case.

植物は二酸化炭素、水、光で光合成を行っています。一連の実験で、Olaf Kruse教授とそのチームは、コナミドリムシ・極めて小さい緑藻種を栽培して、エネルギー不足に直面したときに、これらの単細胞植物は、光合成の代わりに近くの植物セルロースからエネルギーを吸収できることを観察した。藻類は、セルロースを「消化」し、それを小さな糖成分に分解する酵素(いわゆるセルロース酵素)を分泌する。次に、これらは細胞に輸送され、エネルギー源に変換されます。藻類は成長を続けることができます。 「そのような行動が植物で確認されたことは初めてです。」とKruse教授は語る。 「藻類がセルロースを消化することは以前の全ての教科書と矛盾します。ある程度まで、私たちが見ているのは、植物を食べる植物です。」現在、科学者はこのメカニズムが他のタイプの藻類でも見られるかどうかを研究しています。予備調査結果は、これは事実であることを示している。

sugar components 糖成分

"When energy studies become more advanced in the coming years, we will eventually see this translated to human beings as well," stated Bader-Lee. "The human organism is very much like a plant, it draws needed energy to feed emotional states and this can essentially energize cells or cause increases in cortisol and catabolize cells depending on the emotional trigger."

「今後のエネルギー研究の進展に伴い、私たちは、最終的にこれが同じように人間に適用されることになるでしょうと」とBader-Lee氏は述べています。 「人体は植物のようなものであり、情動状態を養うために必要なエネルギーを吸収し、これは、本質的に情動的誘因に応じて、細胞にエネルギーを与え または、コルチゾールの増加を引き起こし、細胞を異化させたりすることができます。

Bader-Lee suggests that the field of bioenergy is now ever evolving and that studies on the plant and animal world will soon translate and demonstrate what energy metaphysicians have known all along -- that humans can heal each other simply through energy transfer just as plants do. "Human can absorb and heal through other humans, animals, and any part of nature. That's why being around nature is often uplifting and energizing for so many people," she concluded.

Bader-Leeは、今日、バイオエネルギー分野は進化し続け、植物や動物の世界に関する研究はすぐに翻訳され、エネルギーのメタフィジシャン(形而上学者)が初めから知っていること・人間は植物がするようにエネルギー伝達を通してお互いに癒すことが出来ることを証明することを示唆しています。「人間は他の人や動物、自然の一部を吸収して、癒すことができる。そんなわけで、多くの人にとって自然が周りにあることは高揚し、活性化することが多いです。

用語
クラミドモナス(Chlamydomonas)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%82%B9

クラミドモナス(Chlamydomonas)は緑藻綱クラミドモナス目(もしくはオオヒゲマワリ目)に属する単細胞の鞭毛虫からなる属である。500種以上が知られているが、単にクラミドモナスと言えば、モデル生物として盛んに利用されているコナミドリムシ(Chlamydomonas reinhardtii)を指すことが多い。

セルロース
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9

セルロース (cellulose) とは、分子式 (C6H10O5)n で表される炭水化物(多糖類)である。植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物である。繊維素とも呼ばれる。自然状態においてはヘミセルロースやリグニンと結合して存在するが、綿はそのほとんどがセルロースである。

お知らせ
*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のおしらせ

ホワイトジンジャーAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/318

|

« 睡眠障害に役立つアロマスティック使用:がん患者経験調査 | Main | リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジーがセラピスト誌オフィシャルサイト セラピーライフ ~セラピーのある生活~紹介される。 »