« シューマン共振の急上昇はどういう意味ですか? | Main | 人間の心拍数は太陽および地球の磁気活動変化に同期している。 »

September 14, 2017

太陽嵐と松果体-パワーウェイヴに乗る。

Solar storms and pineal gland - riding the power wave

https://watchers.news/2012/07/14/solar-storms-and-pineal-gland-riding-the-power-wave/

太陽嵐と松果体-パワーウェイヴに乗る。

Solar storms 太陽嵐

According to a study published in the New Scientist back in 1998, there is a direct connection between the Sun's solar storms and human biological effects.

1998年に遡ること英国週刊科学雑誌ニュー・サイエンティスト掲載された研究によれば、太陽嵐と人間の生物学的影響が直接関係しています。

The conduit which facilitates the charged particles from the Sun to human disturbance - is the very same conduit which steers Earth's weather - the magnetic field. Animals and humans have a magnetic field which surrounds them - in the very same way the magnetic field surrounds the Earth as a protector.

荷電粒子を太陽から人為的攪乱へと導く導管―は、地球の気象を変えるまったく同じ導管で、磁場です。動物や人間は彼らの周囲を囲む磁場を持っています。これは、磁場がプロテクターとして地球を囲んでいるとまったく同じです。

charged particles 荷電粒子
human disturbance 人為的攪乱

Electromagnetic activity from the Sun affects our electronic devices and human electromagnetic field. We are physically, mentally, and emotionally altered by electromagnetic charges from the Sun, our body can feel sleepy but also become highly energized.

太陽からの電磁活動は電子機器や人間の電磁場に影響を与えます。私たちは身体的、精神的、情動的に太陽からの電磁電荷によって変化し、私たちの体は眠くなるだけでなく、非常に活性化します。

electromagnetic charge 電磁電荷

Psychological effects of CMEs (coronal mass ejections) are typically short lived and include headache, palpitations, mood swings, and feeling generally unwell. Chaotic or confused thinking, and erratic behaviors also increase. Solar storms can drive our emotions and maximize it to both good and bad side - the point here is to be aware of it.

CMEs (コロナ質量放出)の心理的効果(コロナの大量放出)は、通常は短期間であり、頭痛、心悸亢進、気分変動、および一般的に不快感を含みます。混沌または混乱した思考、および異常行動も増加します。太陽嵐は私たちの情動を駆り立てて、それの良い側面および悪い側面の両方を最大限にします・ここでのポイントはそれに気づくことです。

coronal mass ejections コロナ質量放出
palpitations 動悸

The pineal gland in our brain is also affected by the electromagnetic activity which causes the gland to produce excess melatonin, a hormone which can cause sleepiness but it's also known that some people have opposite side effects, usually those that are aware of the effects.

脳の松果体も電磁活動の影響を受けて、腺に眠気を引き起こすホルモン・メラトニン産生引き起こすが、反対の副作用がある人もいれば、通常、その影響を認識している人がいることも知られています。


Riding the power wave - pineal gland stimulation

パワーウェイヴ に乗る-松果体刺激

Our pineal glands have excess melatonin production during solar storms - electromagnetic activity. Many biological effects of melatonin are produced through activation of melatonin receptors, while others are due to its role as a pervasive and powerful antioxidant, with a particular role in the protection of nuclear and mitochondrial DNA.

私たちの松果体は太陽嵐・電磁活動の間に過剰なメラトニン産生を起こします。メラトニンの多くの生物学的作用はメラトニン受容体の活性化を介して産生されるが、他の物は広範かつ強力な抗酸化物質の役割、核およびミトコンドリアDNAの保護における特定の役割によるものである。

Pineal gland is also referred as the third eye, and the third eye is also known as the inner eye. The third eye is a mystical and esoteric concept referring in part to the ajna (brow) chakra in certain dharmic spiritual traditions, in particular Hinduism. This concept was later adopted by Christian mystics and spiritualists as well as people from other religious faiths. It is also spoken of as the gate that leads within to inner realms and spaces of higher consciousness. Among Christian mystics, the term is used in a broad sense to indicate a non-dualistic perspective.In New Age spirituality, the third eye may symbolize a state of enlightenment or the evocation of mental images having deeply personal spiritual or psychological significance. The third eye is often associated with visions, clairvoyance (which includes the ability to observe chakras and auras), precognition, and out-of-body experiences. People who have allegedly developed the capacity to utilize their third eyes are sometimes known as seers.

松果体は第3の眼とも呼ばれ、第3の眼もまた内なる眼として知られている。第三の眼は神秘的および秘儀的概念であって、特にヒンズー教において、ある種のダルマ(法)の霊性的伝統におけるジナ(眉)チャクラを部分的に指しています。この概念は、後にキリスト教神秘主義者および心霊主義者、同様に他の宗教の信者によって採用されました。また、それは内なる領域および高い意識の空間につながるゲートとしても言われています。キリスト教神秘主義者の間で、この用語は非二元性の見方を示すために広義で用いられている。ニュー・エイジ・スピリチュアリティでは、第三の眼は悟りの状態や、深く個人的スピリチュアル的または心理学的意義を持つ心的イメージの喚起を象徴することがあります。第3の眼はビジョン、透視(チャクラとオーラを観察する能力を含む)、予知、および体外離脱体験と関連付けられることが多い。伝えられるところによれば、彼らの第三の眼を活用する能力を発揮しているとされる人は時には預言者として知られています。
esoteric 秘儀の
Christian mystics キリスト教神秘主義者
Spiritualists 心霊主義者
religious faithの意味や和訳。 宗教
out-of-body experiences 体外離脱体験

For the reasons most of you know - humans tend to have their pineal glands heavily calcified - sleeping.Fluoride (found in tap water, toothpaste, processed foods...) is just one of the things that causes calcification of pineal gland. Fluoride is magnetically attracted to the pineal gland where it forms calcium phosphate crystals more than anywhere else in the body.

ほとんどの人が知っている理由で、人間の松果体は大量に石灰化していて、寝ている状態が多いです。フッ化物(水道水、練り歯磨き、加工食品など)は松果体の石灰化を引き起こすものの1つに過ぎません。フッ化物は磁気的に松果体に引き寄せられて、体内のどこよりもリン酸塩カルシウム結晶を形成します。

Fluoride フッ化物
calcium phosphate crystals リン酸塩カルシウム

How to decalcify pineal gland? One excellent link is here.

如何に松果腺を脱石灰化するか?ここに素晴らしいリンクがあります。
このリンクは削除されています。

decalcify 脱石灰化
Fluoride フッ化物
calcium phosphate crystals リン酸塩カルシウム

Third eye should be active, vibrant and strong... the process of decalcification sometimes includes headaches and sleepiness... - the same as they say for solar storms like the one in effect now.

第三の眼は活発で、活気があり、強くなければなりません、脱石灰化の過程には頭痛や眠気が含まれることがあります–実際において現在の太陽嵐のようと同じだと言います。

用語

太陽嵐
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%B5%90

太陽嵐(たいようあらし、英語: solar storm)とは、太陽で非常に大規模な太陽フレアが発生した際に太陽風が爆発的に放出され、それに含まれる電磁波・粒子線・粒子などが、地球上や地球近傍の人工衛星等に甚大な被害をもたらす現象である。

太陽は、太陽黒点数の変化周期である約11年のほか、約200 - 300年などのいくつかの活動周期を持つと言われている。最も顕著なのは11年周期であり、およそ11年ごとに、活動が活発な極大期とそうでない極小期とを繰り返す。極大期には、人工衛星に搭載される電子機器などに被害をもたらすような強い太陽フレアが発生することがある。また、強い磁場、高密度のプラズマを伴った太陽風が磁気圏に衝突することで、強い電気エネルギーが磁気圏内に生成され、それが原因となって短波通信障害や地上の電力施設などにも被害をもたらすことがある。太陽活動に関する研究が発展した近年、大規模な太陽フレアによって上記のような様々な影響がもたらされることが考えられるようになり、「太陽嵐」と呼ばれている。

dhárma、ダルマ(ダーマ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95_(%E4%BB%8F%E6%95%99)

仏教における法(ほう、サンスクリット語: धर्म, dhárma、ダルマ(ダーマ)、パーリ語:dhamma、プラークリット: धम्म、ダンマ)とは、法則・真理、教法・説法、存在、具体的な存在を構成する要素的存在などのこと。本来は「保持するもの」「支持するもの」の意で、それらの働いてゆくすがたを意味して「秩序」「掟」「法則」「慣習」など様々な事柄を示す。三宝のひとつに数えられる。仏教における法を内法と呼び、それ以外の法を外法と呼ぶ

イメージ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

イメージまたは心的イメージ、心象、形象、印象(しんてきイメージ、英語: Mental image)とは、心象・印象・形象・着想・想像・一般的印象・意味合い・感覚・感じ、等の言葉に置き換えられる。心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。また、心の中に思い描くことを言う。また、何かの物体、出来事、または情景などを知覚する経験に極めて似通った経験であるが、対象となるはずの当の物体、出来事、また情景が感覚において現前していないような経験を言う(McKellar, 1957年、Richardson, 1969年、Finke, 1989年、Thomas, 2003年)。このような経験の本質や、何がこのような経験を可能としているのか、また、この経験に機能が存在する場合、それらは何なのかは、長年にわたり、哲学、心理学、認知科学、更に近年は神経科学における研究と議論の主題であった。

関連ブログ

松果体を養う食品
Foods that Feed The Pineal Gland
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/08/post-c1f3.html

お知らせ
*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

|

« シューマン共振の急上昇はどういう意味ですか? | Main | 人間の心拍数は太陽および地球の磁気活動変化に同期している。 »