« リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジーがセラピスト誌オフィシャルサイト セラピーライフ ~セラピーのある生活~紹介される。 | Main | シューマン共振の急上昇はどういう意味ですか? »

September 01, 2017

キャリアウーマンの睡眠の質および生活の質に及ぼすアロマセラピーおよび指圧マッサージの有効性の比較:無作為化比較対照試験

Comparisons for Effectiveness of Aromatherapy and Acupressure Massage on Quality of Life in Career Women: A Randomized Controlled Trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28504569

キャリアウーマンの生活の質に及ぼすアロマセラピーおよび指圧マッサージの有効性の比較:無作為化比較対照試験

PUBMEDより

J Altern Complement Med. 2017 Jun;23(6):451-460. doi: 10.1089/acm.2016.0403. Epub 2017 May 15.

Kao YH1, Huang YC2, Chung UL3,4, Hsu WN5, Tang YT5, Liao YH5.

Author information

1 Graduate Institute of Health Allied Education, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan .
国立台北護理健康大学、台北、台湾

2 Department of Health Promotion and Gerontological Care, Taipei College of Maritime Technology , New Taipei City, Taiwan .

3 Graduate Institute of Integration of Traditional Chinese Medicine with Western Nursing, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan
.
4 Department of Nursing, Hungkuang University , Taichung City, Taiwan .
弘光科技大学

5 Department of Exercise and Health Science, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan .

Abstract

要旨

OBJECTIVES:

目的

This study was aimed to compare the effectiveness of aromatherapy and acupressure massage intervention strategies on the sleep quality and quality of life (QOL) in career women.

この研究は、キャリアウーマンの睡眠の質および生活の質に及ぼすアロマテラピーおよび指圧マッサージの介入戦略の有効性を比較することを目的とした。

DESIGN:

設計

The randomized controlled trial experimental design was used in the present study. One hundred and thirty-two career women (24-55 years) voluntarily participated in this study and they were randomly assigned to (1) placebo (distilled water), (2) lavender essential oil (Lavandula angustifolia), (3) blended essential oil (1:1:1 ratio of L. angustifolia, Salvia sclarea, and Origanum majorana), and (4) acupressure massage groups for a 4-week treatment. The Pittsburgh Sleep Quality Index and Short Form 36 Health Survey were used to evaluate the intervention effects at pre- and postintervention.

本研究では無作為化比較対照試験デザインが使用された。この研究には132名のキャリアウーマン(24〜55歳)がボランティアで参加し、彼らは、(1) プラセボ(蒸留水), (2) ラベンダー精油  (3) ブレンド精油(ラベンダー、クラリセージ、マジョラム1:1:1の割合)および(4)指圧マッサージ群に無作為に割り付けられた。ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)およびSF-36(自己報告式の健康状態調査票)を用いて、介入前後の介入効果を評価した。

Pittsburgh Sleep Quality Index :ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)
Short Form 36 Health Survey:SF-36(自己報告式の健康状態調査票)

RESULTS:

結果

After a 4-week treatment, all experimental groups (blended essential oil, lavender essential oil, and acupressure massage) showed significant improvements in sleep quality and QOL (p < 0.05).

4週間のトリートメント後、全ての実験群(ブレンド精油、ラベンダー精油および指圧マッサージ)は睡眠の質および生活の質において有意な改善(p < 0.05).を示した。

Significantly greater improvement in QOL was observed in the participants with blended essential oil treatment compared with those with lavender essential oil (p < 0.05), and a significantly greater improvement in sleep quality was observed in the acupressure massage and blended essential oil groups compared with the lavender essential oil group (p < 0.05).

生活の質における有意な最高の改善(p < 0.05)は、ラベンダー精油の実験群に比べてブレンド精油の参加者で観察されて、睡眠の質における有意な最高の改善(p < 0.05)は、ラベンダー精油の実験群に比べて指圧マッサージおよびブレンド精油群において観察された。

CONCLUSIONS:

結論

The blended essential oil exhibited greater dual benefits on improving both QOL and sleep quality compared with the interventions of lavender essential oil and acupressure massage in career women. These results suggest that aromatherapy and acupressure massage improve the sleep and QOL and may serve as the optimal means for career women to improve their sleep and QOL.

ラベンダー精油および指圧マッサージの介入に比べて、キャリアウーマンのいて、ブレンド精油は生活の質および睡眠の質の両方を改善することに関して2重の大きな利点を示した。これらの結果は、アロマセラピーおよび指圧マッサージは睡眠および生活の質を改善し、キャリアウーマンにとって睡眠および生活の質を改善をするための最適な手段として役立つことを示唆しています。

KEYWORDS:

キーワード、

acupressure; aromatherapy; mental health; sleep disorders

指圧、アロマセラピー、メンタルヘルス、睡眠障害

用語
国立台北護理健康大学
http://www.wikiwand.com/ja/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8F%B0%E5%8C%97%E8%AD%B7%E7%90%86%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%A4%A7%E5%AD%A6#/.E7.B5.84.E7.B9.94

国立台北護理健康大学(平仮名:こくりつたいぺいごりけんこうだいがく、英語: National Taipei University of Nursing and Health Science, NTUNHS)は台湾台北市に位置する医療保健専門大学。略称は北護である。

SF-36 | iHope International株式会社より
https://www.sf-36.jp/qol/sf36.html

SF-36®(MOS 36-Item Short-Form Health Survey)
SF-36®は、健康関連QOL(HRQOL: Health Related Quality of Life)を測定するための、科学的で信頼性・妥当性を持つ尺度です。 SF-36は、米国で作成され、概念構築の段階から計量心理学的な評価に至るまで十分な検討を経て、現在、170カ国語以上に翻訳されて国際的に広く使用されています。 現在、オリジナルのSF-36(日本語版はversion1.2)を改良したSF-36v2®が標準版として使われています。 SF-36は、ある疾患に限定した内容ではなく、健康についての万人に共通した概念のもとに構成されています。様々な疾患の患者さんや、病気にかかっていない健康な方のQOLを測定できます。疾病の異なる患者さんの間でQOLを比較したり、患者さんの健康状態を一般の人と比較したりすることも可能です。
SF-36v2にはスタンダード版(振り返り期間が過去1ヶ月)とアキュート版(振り返り期間が過去1週間)があります。

お知らせ
*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油が入荷しました。

パロサント(聖なる樹)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/47

クレメンタイン5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/169

|

« リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジーがセラピスト誌オフィシャルサイト セラピーライフ ~セラピーのある生活~紹介される。 | Main | シューマン共振の急上昇はどういう意味ですか? »