« 新年の挨拶と今年の干支について | Main | 芳香および薬用植物由来精油の神経保護および抗加齢の可能性 »

January 21, 2018

ラベンダー、レモン、ベルガモットなどの精油がストレス、不安、うつ病、および他の気分障害を緩和

 

精油吸入→嗅覚系→脳を刺激→神経伝達物質・セルトニンやドーパミン誘発→気分調節

 

 

 

Aromatherapy and the central nerve system (CNS): therapeutic mechanism and its associated genes.

アロマセラピーおよび中枢神経(CNS):治療メカニズムおよびその関連遺伝子

PUBMED
より

Curr Drug Targets. 2013 Jul;14(8):872-9.

Lv XN1, Liu ZJ, Zhang HJ, Tzeng CM.

Author information

1Translational Medicine Research Center, School of Pharmaceutical Sciences, Xiamen University, Xiamen, Fujian, China.

厦門大学(あもいだいがく)、薬学部、トランスレーショナル医療研究センター、

Abstract

要旨

Molecular medical research on aromatherapy has been steadily increasing for use as an adjuvant therapy in managing psychiatric disorders and to examine its therapeutic mechanisms. Most studies, as well as clinically applied experience, have indicated that various essential oils, such as lavender, lemon and bergamot can help to relieve stress, anxiety, depression and other mood disorders.Most notably, inhalation of essential oils can communicate signals to the olfactory system and stimulate the brain to exert neurotransmitters (e.g. serotonin and dopamine) thereby further regulating mood.

アロマテラピーに関する分子医学研究は、精神障害の管理における補助療法としての使用およびその治療メカニズムの研究のために、アロマテラピーに関する分子医学研究は着実に増加しています。多くの研究、同様に臨床的応用経験は、ラベンダー、レモン、ベルガモットなどの様々な精油がストレス、不安、うつ病、および他の気分障害を緩和するのに役立つことが出来ることを示していた。最も重要なことに、精油の吸入は、嗅覚系に信号を伝達し、脳を刺激して、神経伝達物質(例えば、セルトニンおよびドーパミンに及び、それによって気分をさらに調節することができる)

psychiatric disorders
精神障害
adjuvant therapy
補助療法
therapeutic mechanisms.
治療メカニズム

However, little research has been done on the molecular mechanisms underlying these effects, thus their mechanism of action remains ambiguous. Several hypotheses have been proposed regarding the therapeutic mechanism of depression. These have mainly centered on possible deficiencies in monoamines, neurotrophins, the neuroendocrine system, c-AMP, cation channels as well as neuroimmune interactions and epigenetics, however the precise mechanism or mechanisms related to depression have yet to be elucidated.

しかし、これらの作用の根底にある分子メカニズムについてはほとんど研究されておらず、その作用機序はあいまいである。うつ病の治療メカニズムに関していくつかの仮説が提唱されている。これらは主に、モノアミン、ニューロトロフィン、神経内分泌系、c-AMP、カチオンチャネルならびに神経免疫相互作用およびエピジェネティクスの欠陥の可能性に焦点をおいているが、うつ病に関する正確なメカニズムまたはメカニズムはまだ解明されていない。

ambiguous
 あいまい
neuroimmune interaction
神経免疫相互作用

In the current study, the effectiveness of aromatherapy for alleviating psychiatric disorders was examined using data collected from previously published studies and our unpublished data. A possible signaling pathway from olfactory system to the central nerve system and the associated key molecular elements of aromatherapy are also proposed.

今回の研究では、以前発表された研究および未発表データから収集されたデータを用いて、精神障害を緩和するためのアロマセラピー有効性は調べられた。嗅覚系から中枢神経系への可能なシグナル伝達経路および関連するアロマテラピーの主要分子成分もまた提案されている。

molecular elements
分子成分

用語

Science Translational Medicine
http://www.sciencemag.org/site/misc/ScienceTranslationalMedicine_InformationSheet_Japanese.pdf

トランスレーショナル医療(Translational Medicine)とは、研究室での基礎研究成果を実際の臨床の場に応用する過程をいい、多数の学問分野にわたる協力が必要な、科学において重要な新分野です。

モノアミン仮説 脳科学辞典
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E4%BB%AE%E8%AA%AC

 


モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの神経伝達物質の総称である。そのうち、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンは精神疾患と密接な関連があることが示唆されており、気分障害、不安障害、統合失調症に関する仮説が提案されている。いずれの仮説も治療薬の作用機序から患者脳内におけるモノアミンの異常を推定しているという共通点を有する。

脳の栄養因子ニューロトロフィン
http://lifeorder-lab.com/archives/3231

 


ニューロンの生存および成長には、それを可能にする栄養因子(タンパク質)が必要です。そういった栄養因子を総称してニューロトロフィンといい、ニューロンが支配する筋、その他の構造やアストロサイトによって産生されます。

これらはニューロン終末の受容体と結合し、細胞内へ取り込まれ、次いで逆行性軸索輸送によって細胞体へ運ばれます。細胞体で、これらニューロトロフィンは、ニューロンの発育、成長、生存に関与するタンパク質の産生を促進させます。また、ニューロトロフィンはニューロン内でも作られ、これは順行性に終末まで輸送され、そこでシナプス後ニューロンの健全性を維持しています。

ニューロトロフィンの中には、神経成長因子(nerve growth factor : NGF)、脳由来神経栄養因子(brain derived neurotrophic factor : BDNF)ニューロトロフィン3neurotrophin3 : NT-3)ニューロトロフィン4/5neurotrophin4/5 NT-4/5)などがあります

モノアミン酸化酵素阻害薬
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%85%B5%E7%B4%A0%E9%98%BB%E5%AE%B3%E8%96%AC

 


モノアミン酸化酵素阻害薬(-さんかこうそそがいやく、英:Monoamine oxidase inhibitorMAOI)は、モノアミン酸化酵素の働きを阻害することによって、モノアミン神経伝達物質として総称される脳内のドーパミンやセロトニンのような物質を分解されないようにする薬剤の総称である。MAO阻害薬とも呼ばれる。抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として用いられる。日本では、過去に抗うつ薬にも使われたが、現在では抗パーキンソン病薬として使われる。国外では抗うつ薬としても使われる。

副作用として、最終的に体内でドーパミンとなる食品中のチラミンとの相互作用によって、致命的な高血圧や重い肝障害が生じる。そのため、食事の管理が徹底される必要がある。また、薬物間の相互作用も同様であり、ドーパミンの放出を促進する薬物には注意が必要である。さらにセロトニンの再取り込みを阻害する多くの抗うつ薬もセロトニン症候群を起こしうる。

 

 

 

|

« 新年の挨拶と今年の干支について | Main | 芳香および薬用植物由来精油の神経保護および抗加齢の可能性 »