« 実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用 | Main | 小麦や牛乳のたんぱく質は消化時にオピオイド(麻薬様物質)産生し脳に影響を与えるかも? »

April 16, 2018

β-カリオフィレンの抗炎症・疼痛作用とその含有精油(β-カリオフィレン→カンナビノイド CB2受容体に結合→抗炎症・疼痛作用発現)

リウマチに関する精油のことをお知らせしています。コパイバ精油の抗リウマチ効果は主要成分のβ-カリオフィレンが関係しているのではないかと思い、以前ブログで紹介した記事とβ-カリオフィレン含有精油をお知らせします。

抗炎症・抗疼痛のあるβ-カリオフィレン含有精油(多い順から)
フィトアロマ研究所作成精油資料より

下記の精油は販売しています。
http://phytoaroma.ocnk.net/

コパイババルサム(24.7%)
ホリーバジル(20.0%)
ブラックペパー(18.98%)
イランイラン(12.62%)、
カレーリーフ(7.3%)
クローブ(4.67%)
チェストツリー(ヴァイテックス)(4.56%)
クローブバジル3.95%
フランキンセンス(2.21)
ローズマリー(1.89%)

関連ブログ

*精油成分β-カリオフィレンは食用カンナビノイド(脳内マリファナ)

Beta-caryophyllene is a dietary cannabinoid
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/--143a.html

β-カリオフィレンは食用のカンナビノイド

カンナビノイド CB1 受容体は精神修正作用の源になるのもかかわらず、カンナビノイド CB2受容体の活性化は炎症、疼痛、アテローム性動脈硬化症および骨粗鬆症の治療に対する治療的戦略の可能性がある。

ここでは、広範囲にわたる植物揮発性の(E)-β-カリオフィレン[(E)-BCP]が選択的にカンナビノイド CB2受容体(K(i) = 155 +/-4nM)と結合して、機能的カンナビノイド CB2受容体作動薬であると報告する。興味をそそるように、(E)-β-カリオフィレンは多数のスパイス、食用植物および精油の一般的な成分である。


*カンナビノイドCB₂受容体選択性植物性カンナビノイドβ-カリオフィレンは炎症性および神経障害性疼痛のマウスモデルにおいて鎮痛効果を発揮する。

The cannabinoid CB₂ receptor-selective phytocannabinoid beta-caryophyllene exerts analgesic effects in mouse models of inflammatory and neuropathic pain.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2015/01/--52df.html

最近、広範囲の植物揮発性のβ-カリオフィレン(BCP)は抹消に発現するカンナビノイド2 (CB₂).受容体の天然の選択性作動薬として最近同定された。多くのスパイスおよび食用植物に比較的高濃度でみられる。数多くの研究は、カンナビノイドCB₂ 受容体が炎症性および神経障害性疼痛応答の調節に決定的に関与していることを示している。


*精油成分β-カリオフィレン大麻類似性抗炎症作用
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/01/--2e81.html

Caryophyllene
カリオフィレン

カリオフィレンはブラックペパーの芳香に関与する化学成分のひとつである。近年では、チューリッヒ工科大学のJürg Gertsch et alによって行われた研究で、β-カリオフィレンが選択的にカンナビノイド CB2受容体と結合してマウスで大麻類似性抗炎症作用を示した。

広範囲にわたる植物天然物β-カリオフィレンはFDA承認食品添加物で毎日の食物に取り入れられているので、最初の食のカンナビノイドである。この成分が内因性カンナ. ビノイド系を介してヒトで炎症過程を調整することが可能かどうかはまだ知られていない。β-カリオフィレンが中枢神経系での発現したカンナビノイド CB1 受容体に結合しなくて、それゆえ、精神作用を及ぼさない。

尚、大麻の成分は中枢神経のカンナビノイド CB1 受容体に結合して精神作用発現


*β-カリオフィレンの局所麻酔作用
Local anaesthetic activity of beta-caryophyllene.

クローブ精油の局所麻酔作用に関しての記事です。

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/01/--8a62.html

*α-フムレン、イソカリオフィレンおよびパクリタキセルの抗癌作用へのβ-カリオフィレ増強効果

Potentiating effect of beta-caryophyllene on anticancer activity of alpha-humulene, isocaryophyllene and paclitaxel.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2010/04/--82a4.html

新発売精油

カシス(ブラックカラント)Abs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/511

フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/172

マンダリンルージュ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/512

 

 

 

|

« 実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用 | Main | 小麦や牛乳のたんぱく質は消化時にオピオイド(麻薬様物質)産生し脳に影響を与えるかも? »