« リウマチ関節炎対策(アロマセラピー・食事) | Main | β-カリオフィレンの抗炎症・疼痛作用とその含有精油(β-カリオフィレン→カンナビノイド CB2受容体に結合→抗炎症・疼痛作用発現) »

April 14, 2018

実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用

Anti-Inflammatory Effects of the Essential Oils of Ginger (Zingiber officinale Roscoe) in Experimental Rheumatoid Arthritis.

実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用

rheumatoid arthritis 関節リウマチ

PUBMEDより

PharmaNutrition. 2016 Jul;4(3):123-131. Epub 2016 Jun 4.

Funk JL1, Frye JB1, Oyarzo JN1, Chen J1, Zhang H2, Timmermann BN2.
Author information
1
Department of Medicine, The University of Arizona, Tucson, AZ, USA.

アリゾナ大学、医学部、ツーソン、アリゾナ州
2
Department of Medicinal Chemistry, School of Pharmacy, The University of Kansas, Lawrence, KS, USA.

カンザス大学、薬学部、医薬品化学科

Abstract

要旨

Ginger and its extracts have been used traditionally as anti-inflammatory remedies, with a particular focus on the medicinal properties of its phenolic secondary metabolites, the gingerols. Consistent with these uses, potent anti-arthritic effects of gingerol-containing extracts were previously demonstrated by our laboratory using an experimental model of rheumatoid arthritis, streptococcal cell wall (SCW)-induced arthritis.

ジンジャーおよびその抽出物は抗炎症治療として伝統的に使用されてきて、特に、そのフェノール系の二次代謝産物・ジンゲロールの薬効成分に焦点があてられた。これらの使用と一致して、ジンゲロール含有の抽出物の抗関節炎効果は、連鎖球菌細胞壁(SCW)誘発関節炎、
リウマチ関節炎の実験モデルによって研究室で以前に実証された。

secondary metabolites 二次代謝産物
medicinal properties 薬効成分
anti-arthritic effects 抗関節炎効果
streptococcal 連鎖球菌

In this study, anti-inflammatory effects of ginger's other secondary metabolites, the essential oils (GEO), which contain terpenes with reported phytoestrogenic activity, were assessed in female Lewis rats with SCW-induced arthritis. GEO (28 mg/kg/d ip) prevented chronic joint inflammation, but altered neither the initial acute phase of joint swelling nor granuloma formation at sites of SCW deposition in liver. Pharmacologic doses of 17-β estradiol (200 or 600 μg/kg/d sc) elicited the same pattern of anti-inflammatory activity, suggesting that GEO could be acting as a phytoestrogen.

この研究で、報告されている植物エストロゲン作用のあるテルペンを含有するジンジャー精油(GEO)、ジンジャーの他の2次代謝物の抗炎症作用が連鎖球菌細胞壁(SCW)誘発関節炎の雌のLewisラットで評価された。ジンジャー精油GEO(28 mg/kg/d ip)は慢性関節炎症を予防したが、初期急性期の関節腫脹も肝臓におけるSCW沈着部位での肉芽腫形成も変化しなかった。17-βエストラジオール(200または600μg/ kg / d sc)の薬理学的用量は抗炎症作用の同じパターンを誘発し、ジンジャー精油(GEO)が植物エストロゲンとして作用し得ることを示唆した。

phytoestrogenic activity 植物エストロゲン作用
initial acute phase 初期急性期
joint swelling 関節腫脹
granuloma 肉芽種

However, contrary to this hypothesis, GEO had no in vivo effect on classic estrogen target organs, such as uterus or bone. En toto, these results suggest that ginger's anti-inflammatory properties are not limited to the frequently studied phenolics, but may be attributable to the combined effects of both secondary metabolites, the pungent-tasting gingerols and as well as its aromatic essential oils.

しかしながら、この仮説に反して、ジンジャー精油(GEO)は、子宮または骨などの古典的エストロゲン標的器官にインビボで影響を及ぼさなかった。全部で、これらの結果は、ジンジャーの抗炎症特性は頻繁に研究されるフェノールに限定されないことを示唆しているが、二次代謝産物、辛味味を感じるジンゲロールおよびその芳香族精油の両方の効果に起因する可能性がある。

KEYWORDS:

キーワード

arthritis; essential oil; estradiol; estrogen; ginger; gingerol; inflammation; mice; phytoestrogen; rats

関節炎、精油、エストラジオール、エストロゲン、ジンジャー、ジンゲロール、炎症、植物エストロゲン、ラット

精油のお求めは下記にて

ジンジャーCO2-se5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/492

|

« リウマチ関節炎対策(アロマセラピー・食事) | Main | β-カリオフィレンの抗炎症・疼痛作用とその含有精油(β-カリオフィレン→カンナビノイド CB2受容体に結合→抗炎症・疼痛作用発現) »