« フランキンセンスCO2-se5mlの精油成分酢酸インセンスオールについて | Main | リウマチ関節炎対策(アロマセラピー・食事) »

April 09, 2018

エビデンス不足にもかかわらず関節炎治療のためのコパイバ精油の売り上げが増加している。

Copaiba: Silver bullet or snake oil?
https://www.sciencedaily.com/releases/2017/06/170606101417.htm

コパイバ精油は特効薬または偽薬? Science daily より

Silver bullet 特効薬

Sales of the essential oil copaiba [koh-pey-buh] are increasing, at least in part, because more than 54 million Americans suffer from some form of arthritis and 23.7 million are limited in their usual activity primarily due to pain. The conventional way to treat arthritis is using nonsteroidal, anti-inflammatory drugs (NSAIDs) as well as cyclo-oxygenase-2 inhibitors (COXIBs), which are not without adverse events like gastrointestinal bleeding, heart attacks and stroke. For arthritis sufferers, copaiba may turn out to be a silver bullet or, perhaps, snake oil.

少なくとも5400万人以上のアメリカ人が何らかの形の関節炎に苦しんでおり、2370万人が主に疼痛のために通常の活動に制限されているため、コパイバ精油の売り上げ少なくとも部分的に増加しています。関節炎治療の従来の方法は、消化管出血心臓発作および脳卒中のような有害事象のない非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)並びにシクロオキシナーゼ-2阻害薬を使用しています。関節炎患者にとって、コパイバ精油は、特効薬か、または偽薬になるかもしれません。

nonsteroidal, anti-inflammatory drugs (NSAIDs) 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID
cyclo-oxygenase-2 inhibitors (COXIBs) シクロオキシナーゼ-2阻害薬
adverse events 有害事象
gastrointestinal bleeding 消化管出血

The side effects of NSAIDs and COXIBs as well as warnings from the U.S. Food and Drug Administration on their risks of gastrointestinal side effects and bleeding as well as cardiovascular disease all suggest the need to test novel therapies with potential clinical benefits and fewer side effects than the available traditional medicines. One such possible remedy is Copaifera reticulate or copaiba.

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)およびシクロオキシナーゼ-2阻害薬の副作用ならびに消化管副作用および出血ならびに心血管疾患のそれらのリスクに関する米国食品医薬局(FDA)の警告のいずれも利用可能な伝統医薬より潜在的に臨床的有用性および副作用の少ない新規な療法を試験する必要性を示唆している。そのような可能性のある療法はCopaifera reticulate またはコパイバです。

The U.S. Food and Drug Administration  米国食品医薬局(FDA)
gastrointestinal side effects 消化管副作用
clinical benefits 臨床的有用性
traditional medicines 伝統医薬

The totality of evidence concerning the potential of copaiba to treat inflammatory arthritis is limited to basic research and uncontrolled clinical observations in humans.Researchers from Florida Atlantic University caution that randomized trials are necessary to discern whether the treatment is effective or that copaiba turns out to be "yet another beautiful hypothesis slain by ugly facts." They present the incomplete totality of evidence and challenges in treating arthritis in their commentary published in the journal Integrative Medicine.

炎症性関節炎を治療するためのコパイバ精油の可能性に関する全体のエビデンスは基礎研究およびヒトにおける非対象臨床的観察に限られている。フロリダ・アトランティック大学の研究者は、治療が効果的であるかどうか、あるいは、コパイバが“さらにもうひとつの醜い事実によって美しい仮説の息の根を止めることなることを見分けるために無作為化試験が必要であると警告している。彼らは、統合的医学誌に掲載された解説で、関節炎を治療する際の証拠と課題の不完全さを示しています。

ugly facts 醜い事実
Florida Atlantic University フロリダ・アトランティック大学
randomized controlled trial 無作為化試験

"Copaiba is an essential oil that is used topically with little or no side effects, but there is insufficient evidence to judge whether it reduces pain and inflammation in patients with arthritis," said Charles H. Hennekens, M.D., Dr.P.H., the first Sir Richard Doll Professor, senior academic advisor to the dean in FAU's Charles E. Schmidt College of Medicine, and senior author of the paper."In case reports, individuals with joint pain and inflammation who used copaiba reported favorable results, however, this hypothesis is promising but as of yet unproven."

「コパイバは少量を局所的に使用され、ほとんど副作用のない精油ですが、関節炎患者の痛みや炎症を軽減するかどうかを判断するにはエビデンスが不十分であると、Charles H. Hennekens, M.D., Dr.P.H., the first Sir Richard Doll Professor, senior academic advisor to the dean in FAU's Charles E. Schmidt College of Medicine, and senior author of the paper.は述べた。症例報告では、コパイバ精油を使用している関節痛や炎症のある人には好意的な結果が報告されたが、この仮説は有望であるが、まだ証明されていない。

Copaiba is a stimulant oleoresin obtained from the trunk of several pinnate-leaved South American leguminous trees found in the Amazon. Its medicinal usage dates back to the 16th century when natives of Brazil used it as folk medicine. Today, Brazil produces approximately 95 percent of this oil-resin, exporting more than 500 tons each year.

コパイバはアマゾンでみられる幾つかの波状の葉で覆われた南アメリカマメ科の樹木の幹から得られる刺激性樹脂である。その薬用的使用はブラジルの先住民がコパイバを民間薬とした16世紀にさかのぼります。今日、ブラジルはこの油樹脂の約95%を生産しており、毎年500トン以上を輸出しています。

pinnate 羽状の

"Basic research has suggested mechanisms of benefit of this essential oil in treating inflammatory arthritis," said Hennekens. "Nonetheless, the only published data on copaiba on humans includes one case series and one small randomized trial of another inflammatory condition and not arthritis."

「基礎研究では症性関節炎の治療におけるこの精油の有効性のメカニズを示唆されたと」Hennekens氏は述べた。それにもかかわらず、ヒトへのコパイバに関する唯一の公表されたデータには、1つの症例集積研究および他の炎症性疾患で関節炎でない1つの小規模なランダム化試験が含まれています。」

In the commentary, the researchers conclude that the totality of the currently available evidence for copaiba essential oil is wholly insufficient to judge either its benefits or risks for the relief of pain and inflammation in arthritis. They emphasize that despite the absence of reliable evidence from large-scale randomized clinical trials, sales of copaiba continue to increase, presenting clinical and public health challenges.

解説では、研究者らは、コパイバ精油の現在入手可能なエビデンスが、関節炎における疼痛および炎症の軽減の有効性またはリスクのいずれかを判断するには完全に不十分であると結論づけている。彼らは、大規模無作為化試験による信頼できる証拠の不足ににもかかわらず、コパイバの売り上げは引き続き増加していて、臨床上および公衆衛生上の課題を提示していることを彼らは強調しています。

"To complete the totality of evidence, copaiba should be first tested in a randomized trial against a placebo in patients with inflammatory arthritis," said Hennekens. "If such a trial shows a net benefit, then the next step would be direct randomized comparisons against NSAIDs and COXIBs."

「根拠の全体性を完成させえるために、炎症性関節炎患者のプラセボに対する無作為試験で、コパイバを最初に試験すべきである」とHennekens.は述べた。「このような試験が正味の利益をしめしたなら、次のステップは非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)およびシクロオキシナーゼ-2阻害薬(COXIBs) との無作為比較を直接行うことだろう」

精油のお求めは下記にて

コパイバ バルサム5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/341

新発売精油
アースソイルアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/508

スイートアカシアAbs2ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/509

オポパナックス(スイートミルラ)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/307

ピンクペッパー5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/510

|

« フランキンセンスCO2-se5mlの精油成分酢酸インセンスオールについて | Main | リウマチ関節炎対策(アロマセラピー・食事) »