« β-カリオフィレンの抗炎症・疼痛作用とその含有精油(β-カリオフィレン→カンナビノイド CB2受容体に結合→抗炎症・疼痛作用発現) | Main | β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与 »

April 26, 2018

小麦や牛乳のたんぱく質は消化時にオピオイド(麻薬様物質)産生し脳に影響を与えるかも?

Bread and Other Edible Agents of Mental Disease

精神疾患のパンおよび他の食用薬剤

PUBMEDより

Front Hum Neurosci. 2016; 10: 130.
Published online 2016 Mar 29. doi:  10.3389/fnhum.2016.00130
PMCID: PMC4809873

Paola Bressan* and Peter Kramer
Author information ► Article notes ► Copyright and License information ►
This article has been cited by other articles in PMC.
Go to:

Abstract

要旨

Perhaps because gastroenterology, immunology, toxicology, and the nutrition and agricultural sciences are outside of their competence and responsibility, psychologists and psychiatrists typically fail to appreciate the impact that food can have on their patients’ condition.

多分、消化器病学、免疫学、毒物学、栄養学および農業科学はかれらの能力および責任の外にあるため、心理学者と精神科医は通常、食べ物が患者の症状に及ぼす影響を理解することができません。

Here we attempt to help correct this situation by reviewing, in non-technical, plain English, how cereal grains—the world’s most abundant food source—can affect human behavior and mental health. We present the implications for the psychological sciences of the findings that, in all of us,

ここでは、非技術的で平易な英語で、世界で最も豊富な食糧源である穀物が人間の行動やメンタルヘルスにどのような影響を与えるかを見直して、この状況を解決しようとしています。

We present the implications for the psychological sciences of the findings that, in all of us,bread (1) makes the gut more permeable and can thus encourage the migration of food particles to sites where they are not expected, prompting the immune system to attack both these particles and brain-relevant substances that resemble them, and  (2) releases opioid-like compounds, capable of causing mental derangement if they make it to the brain. A grain-free diet, although difficult to maintain (especially for those that need it the most), could improve the mental health of many and be a complete cure for others.

私たちは、私たちの全てで、下記の心理科学の研究結果の意味を提供します。パン(1)腸の透過性をより高めて、次に、それらが予期しない部位に食べ物粒子の移動を促進し、免疫系がこれらの粒子およびそれらと同じような脳関連物質の両方を攻撃し、(2)もしそれら物質が脳に達すると精神障害を引き起こすことができるオピオイド(麻薬様物質)のような化合物の放出。グレインフリーダイエットは、続けることが難しいけれども(特に穀物が最も必要な人にとっては)多くの人々のメンタルヘルスを改善し、他者のための完全な治癒になることができるだろう。

mental derangement 精神障害
opioid:オピオイド、麻薬様物質

Keywords: exorphins, food opioids, celiac disease, gluten sensitivity, gluten-free diet, microbiota, schizophrenia, autism

キーワード:エキソルフィン、食品オピオイド、セリアック病、グルテン過敏症、グレインフリーダイエット、腸内細菌叢、統合失調症、自閉症

exorphin エキソルフィン(オピオイドペプチド)
schizophrenia 統合失調症

用語
Opioid peptides

オピオイド・ペプチド

https://en.wikipedia.org/wiki/Opioid_peptide

Opioid peptides are peptides that bind to opioid receptors in the brain; opiates and opioids mimic the effect of these peptides. Such peptides may be produced by the body itself, for example endorphins. The effects of these peptides vary, but they all resemble those of opiates. Brain opioid peptide systems are known to play an important role in motivation, emotion, attachment behaviour, the response to stress and pain, and the control of food intake.

オピオイド・ペプチドは、脳のオピオイド受容体に結合するぺプチドで、オピエートおよびオピオイドはこれらのペプチドの効果を模倣する。それらのペプチドは体内で、産生される、例えばエンドルフィンです。これらのペプチドの効果は異なりますが、それら全てはこれらのオピエイトと似ています。脳のオピオイド・ペプチドシステムは、意欲、情動、愛着行動、ストレスおよび痛みの応答、および食品摂取の制御において重要な役割を果たしていることが知られている。

attachment behaviour:愛着行動

Opioid-like peptides may also be absorbed from partially digested food (casomorphins, exorphins, and rubiscolins). The opioid food peptides have lengths of typically 4–8 amino acids. The body's own opioids are generally much longer.

また、オピオイド様ペプチドは部分的に消化された食品(カソモルフィン、エキソルフィン、およびルビスコリン)から吸収されることになる。食品由来オピオイドペプチドは典型的な4〜8アミノ酸の長さを有する。身体のペプチドは一般的にもっと長いです。

Opioid peptides are released by post-translational proteolytic cleavage of precursor proteins. The precursors consist of the following components: a signal sequence that precedes a conserved region of about 50 residues; a variable-length region; and the sequence of the neuropeptides themselves. Sequence analysis reveals that the conserved N-terminal region of the precursors contains 6 cysteines, which are probably involved in disulfide bond formation. It is speculated that this region might be important for neuropeptide processing.[1]

オピオイドペプチドは、前駆体タンパク質の翻訳後タンパク質分解切断によって放出されます。 前駆体は、以下の成分からなっています:約50残基の保存領域に先行するシグナル配列; 可変長領域;神経ペプチド自身の配列。配列分析は、前駆体の保存されたN末端領域はおそらくジスルフィド結合形成に関与する6つのシステインを含むことを明らかにしています。 この領域は神経ペプチド処理過程にとって重要であると推測される[1]

post-translational 翻訳後の
proteolytic cleavage タンパク氏分解切断
precursor proteins 前駆タンパク質 
signal sequence シグナル配列
conserved region 保存領域
residues 残基 
a variable-length region 可変長領域
Sequence analysis 配列分析
disulfide bond formation ジスルフィド結合形成
N-terminal region N末端領域

Opioid food peptides

食品オピオイドペプチド

Exogenous opioid substances are called exorphins, as opposed to endorphines. Exorphins include opioid food peptides like Gluten exorphin and opioid food peptides and are mostly contained in cereals and animal milk. They mimic the actions of endorphines because they bind to the same opioid receptors in the brain.

外因性オピオイド物質は、エンドルフィンとは対照的にエキソフィンと呼ばれている。エキソフィンには、グルテンエキソルフィンおよび食品オピオイドペプチドのような食品オピオイドペプチドを含み、主に穀類および動物性ミルクに含有している。それらは、脳内の同じ受容体に結合するために、エンドルフィンの作用を模倣する。

These are the most common exorphins:

これらは最も一般的なエキソルフィンです

Casomorphin (from casein found in milk of mammals, including cows)

カソモルフィン (牛を含む哺乳類のミルクに含まれるカゼイン由来)

Gluten exorphin (from gluten found in cereals wheat, rye, barley)

グルテンエキソルフィン(小麦、ライ麦、大麦の穀物に含まれるグルテン由来)

Gliadorphin/gluteomorphin (from gluten found in cereals wheat, rye, barley)

グリアドルフィン/グルテオモルフィン(小麦、ライ麦、大麦の穀物に含まれるグルテン由来)

Soymorphin-5 (from soybean) 

ソイモルフィン‐5(大豆由来)

Rubiscolin (from spinach) 

ルビスコリン(ホウレンソウ由来)

gluteomorphinグルテオモルフィン

エキソルフィンについて

2009年9月14にブログでGluten and Depression・グルテンとうつ病のことを紹介しました。その時にはexorphinsのことを調べてみたが日本名は解らなかったです。今回はエキソルフィンと出ていました。これで小麦や乳製品のたんぱく質が精神疾患と関係していることが理解できました。

下記はグルテンとうつ病のブログからです。

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/09/post-b962.html

Ron Hoggan M.A.及びJames Braly M.Dによる報告はシリアルおよび乳製品の不完全タンパク質不完全消化に起因する“exorphins”と呼ばれるモルヒネ様物質を指摘している。これらのexorphinsは腸を通して吸収されることになると思われる。そのことは他の点で健常者よって体験される精神医学的作用を説明するかもしれない。

関連する文献

Frontiers’ Bread Madness

フロンティア雑誌のパンの狂気

The journal Frontiers in Human Neurosciences now published a paper titled: “Bread and Other Edible Agents of Mental Disease“. It is authored by two psychologists, Paola Bressan and Peter Kramer from the Department of General Psychology at University of Padova in Italy, and claims “in non-technical, plain English” that mental diseases such as schizophrenia and autism are caused by bread (yes, you read right, bread).

ヒト神経科学雑誌は「精神疾患のパンおよび他の食用薬剤」題名の論文を発表しました。イタリアのパドヴァ大学の一般心理学科のPaola BressanとPeter Kramerの2人の心理学者によって書かれており、統合失調症や自閉症のような精神疾患はパン(はい、あなたはすぐにパンを読む)によって引き起こされていると、専門用語を使用しないで平易な英語で主張しています。

In their “review article” Bressan and Kramer claim to provide evidence that bread gluten makes “holes in our gut”, thus activating an immune response, and is degraded into opioid substances (“some of them resemble morphine extremely much”). The casein in milk has allegedly exactly the same effect, and cure for “schizophrenia, bipolar disorder, depression, anxiety, and autism” is possible by adhering to a strict bread- and milk-free diet. In fact, other staple foods might make you mad as well, as authors conclude:

彼らの「レビュー記事」では、Bressan とKramerは、パンのグルテンは、腸内に穴を開け、さらに免疫反応を活性化し、オピオイド物質(“それらの一部は極めてモルフネに似ている “)に分解されるという証拠を提供していると主張している。ミルクのカゼインはまったく同じ作用を有していると言われていて、厳密なパンおよびミルクフリーダイエットを忠実に守ることにより、統合失調症、双極性障害、うつ病、不安、および自閉症の治療が可能です。事実、同じように他の主食もあなたを狂気にさえるかもしれない、と著者は結論づけている

schizophrenia 統合失調症
bipolar disorder 双極性障害
autism 自閉症

“Bread is the very symbol of food, and learning that it can threaten our mental wellbeing may come as a shock to many. Yet bread is not alone; like it, other foodstuffs, such as milk, rice, and corn, release exorphins during digestion”.

「パンはまさに食物のシンボルであって、それが精神的幸福感を脅かすことになることを学ぶことは多くの人に衝撃をあたえるかもしれない。しかし、パンだけではありません。それと同じように、牛乳、米、トウモロコシなど他の食料は、消化中にエキソフィンを放出する。」

新発売精油

カシス(ブラックカラント)Abs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/511

フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油

http://phytoaroma.ocnk.net/product/172


マンダリンルージュ10ml・精油

http://phytoaroma.ocnk.net/product/512

アースソイルアッター3ml・精油

http://phytoaroma.ocnk.net/product/508


スイートアカシアAbs2ml・精油

http://phytoaroma.ocnk.net/product/509

オポパナックス(スイートミルラ)5ml・精油

http://phytoaroma.ocnk.net/product/307


ピンクペッパー5ml・精油

http://phytoaroma.ocnk.net/product/510

 

 

|

« β-カリオフィレンの抗炎症・疼痛作用とその含有精油(β-カリオフィレン→カンナビノイド CB2受容体に結合→抗炎症・疼痛作用発現) | Main | β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与 »