« April 2018 | Main | June 2018 »

May 23, 2018

がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー

Frankincense Essential Oil as a Supportive Therapy for Cancer-Related Fatigue: A Case Study.

がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー

supportive therapy 支持療法
Cancer-Related Fatigue:がん関連疲労

PUBMEDより

Holist Nurs Pract. 2018 May/Jun;32(3):140-142. doi: 10.1097/HNP.0000000000000261.

holistic nursing practice journal :ホリスティック看護実践雑誌

Reis D1, Jones TT.
Author information
1
ProMedica Cancer Institute, Flower Hospital, Sylvania, Ohio (Ms Reis); and ProMedica, Toledo, Ohio (Ms Jones).

Abstract

要旨

Fatigue experienced by patients diagnosed with cancer can be debilitating and can be challenging to manage. The use of supportive therapies such as essential oils is gaining popularity among patients diagnosed with cancer.

がんと診断された患者が経験する疲労は衰弱する可能性があって、管理することが難しいことがあります。精油などの支持療法の使用はがんと診断された患者の間で人気を集めています。

This article describes one patient's experience using frankincense (Boswellia carterii) essential oil to help in the management of her fatigue. The topical application of the frankincense helped to take her fatigue from being barely able to lift her head to being able to do some basic activities of daily living.

この資料は、患者の疲労の管理に役立つフランキンセンス(Boswellia carterii)精油を使用して。ある患者の経験を記述します。フランキンセンス精油の局所塗布は疲労を取り除くことに役にたって、かろうじて頭を上げることができることから日常生活の幾つかの基本的活動ができることになった。


新発売精油

お徳用で限定販売
チャンパカ1mlAbs・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/514

タイムリナロール野生5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/517

サンダルウッド シャーマンアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/516

|

May 21, 2018

フランキンセンスおよびミルラは代謝プロフィルおよびMAPK(分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ)シグナル伝達経路の制御介して炎症を抑制する。

Frankincense and myrrh suppress inflammation via regulation of the metabolic profiling and the MAPK signaling pathway.

フランキンセンスおよびミルラは代謝プロフィルおよびMAPK(分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ)シグナル伝達経路の制御介して炎症を抑制する。

metabolic profiling 代謝プロフィル
MAPK(Mitogen-activated Protein Kinase):分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ

PUBMEDより

Sci Rep. 2015 Sep 2;5:13668. doi: 10.1038/srep13668.

Su S1,2, Duan J1,2, Chen T1,2, Huang X1,2, Shang E1,2, Yu L1,2, Wei K3, Zhu Y1,2, Guo J1,2, Guo S1,2, Liu P1,2, Qian D1,2, Tang Y1,2.

Author information

Abstract
要旨
Frankincense and myrrh are highly effective in treatment of inflammatory diseases, but lacking of the therapy mechanisms. We undertook this study to evaluate the effects on Adjuvant-induced Arthritis(AIA) rats and to explore the underlying mechanisms by analyzing the metabolic profiling and signaling pathway evaluated by expression of inflammatory cytokines, c-jun and c-fos and corresponding phosphorylation levels. [corrected].

フランキンセンスおよびミルラは炎症性疾患の治療に極めて有効であるが、治療メカニズムには欠けています。私たちは、この研究でアジュバント誘発性関節炎ラットへの効果の評価および炎症性サイトカイン、c-junタンパク質およびc-fosタンパク質および関連のリン酸化レベル(修正)の発現によって評価される代謝プロファイリングおよびシグナル伝達経路を分析することによって、根底にあるメカニズムを探求した。

c-junタンパク質(転写調節性DNA結合タンパク質)
c-Fosタンパク(転写調節性DNA結合タンパク質)
phosphorylation levels リン酸化レベル

The results stated the elevated expression levels of TNFα, PGE2, IL-2, NO, and MDA in serum and swelling paw of AIA rats were significantly decreased after treatment, which exerted more remarkable inhibitive effects of combined therapy. The metbolic profiling of plasma and urine were clearly improved and twenty-one potential biomarkers were identified.

結果は、アジュバント誘発性関節炎AIAラットの血清および腫脹肢における腫瘍壊死因子(TNFα)、プロスタグランジンE2、インターロイキン-2、一酸化窒素(NO、)、マロンジアルデヒド(MDA)が、処置後に有意に減少し、そのことは併用療法のより顕著な阻害効果を示したと述べた。血漿および尿の代謝プロファイリングが明らかに改善され、21の潜在的バイオマーカーが同定された。

Tumor Necrosis Factor:腫瘍壊死因子(TNF)
PGE2・Prostaglandin E2:プロスタグランジンE2 (炎症に関係する)
MDA(Malondialdehyde):マロンジアルデヒド(MDA)不飽和脂肪酸酸化検査キット
combined therapy 併用療法


Moreover, the inhibited effects of five bioactive components on cytokine transcription in PHA stimulated-PBMC showed the MAPK pathway might account for this phenomenon with considerable reduction in phosphorylated forms of all the three MAPK (ERK1/2, p38 and JNK) and down regulation of c-jun and c-fos.

さらに、受身赤血球凝集反応(PHA)刺激末梢血単核細胞(PBMC)におけるサイトカイン転写に対する5つの生理活性成分の阻害効果は、MAPK経路が全て3つのMAPK(ERK1 / 2経路、p38経路およびJNK経路)において全てのリン酸化形態の顕著な減少および c-junタンパク質とc-fosタンパク質のダウンレギュレーションを伴うこの現象を説明し得ることを示した。

bioactive components 生理活性成分
cytokine transcription サイトカイン転写
PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells):末梢血単核細胞
PHA(passive hemagglutination test.)受身赤血球凝集反応
固相化赤血球にウイルスを吸着させ、これに抗体を反応させ、凝集の有無により証明。
PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells):末梢血単核細胞
phosphorylated forms リン酸化型

用語

分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E8%A3%82%E4%BF%83%E9%80%B2%E5%9B%A0%E5%AD%90%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%8C%96%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BC

分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(ぶんれつそくしんいんしかっせいかタンパクしつキナーゼ、英: Mitogen-activated Protein Kinase、MAPK、EC 2.7.11.24)とはセリン/スレオニンキナーゼの一つであり、何らかの刺激(酸化ストレス、サイトカインなど)を受けて活性化される。全身の細胞に広く発現しており、様々な細胞の機能発現において重要な働きをしている。単にMAP(マップ)キナーゼと略して呼ばれることが多い。


マロンジアルデヒド(MDA)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/2365

Malondialdehyde(MDA)を比色法によって定量するキットです。MDAは不飽和脂肪酸の過酸化によって生じる主要な過酸化脂質で,細胞や組織における酸化ストレスのマーカーとして使用されています。

MAPKの3つを調べていた時に見つけて記事
東京大学医科学研究所 分子シグナル制御分野
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/dcsmm/DCSMM/naiyou-J.html

私達の研究室では、分子生物学、生化学や細胞生物学の研究手法を駆使し、細胞内情報伝達機構、特に細胞運命(増殖、分化、生存、死)の決定に最も重要なシグナル伝達システムである、MAPキナーゼ・カスケードの研究を行っています。 MAPキナーゼ・カスケードは、MAPKKK-MAPKK-MAPKという3種類の蛋白質リン酸化酵素(キナーゼ)によって構成されるシグナル伝達モジュールであり、出芽酵母からヒトに至る全ての真核生物に相同な分子が存在する細胞内情報伝達の根幹をなすシステムです。

 ヒトを代表とする哺乳類細胞には、ERK経路、p38経路、JNK経路という少なくとも3種類のMAPキナーゼ・カスケードが存在しますが、各経路の生理機能はそれぞれ異なることが知られています。

これら複数のMAPキナーゼ経路が正しく制御されることで、人体の恒常性が維持されていますが、MAPK経路に何らかの制御異常が起こってしまうと、癌、アレルギー・自己免疫疾患(関節リウマチ、喘息等)、糖尿病や神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病等)などの疾病になってしまうことが知られています。

考えたこと
また、難しい文献を訳してお知らせします。薬理効果のエビデンスを探すとなると書いてあることはとても理解するには大変です。今回はフランキンセンスとミルラの併用が炎症を抑制する効果を医学的に証明するためはこんなに門外漢にとっては難しくなるのです。精油にはいろんな作用があるのでそれらを暗記しよとします。ところがそれの作用機序になると説明することが出来なくなります。炎症の成り立ちによって非ステロイド炎症薬とステロイド炎症薬があるので、精油で炎症に良いのを選択するのには炎症のことを良く知らないと効果が薄れるかもしれません。それには精油の化学成分の炎症に対する作用機序を学ぶ必要があります。


新発売精油

お徳用で限定販売
チャンパカ1mlAbs・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/514

タイムリナロール野生5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/517

サンダルウッド シャーマンアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/516

|

May 15, 2018

β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与

Monoamine Involvement in the Antidepressant-Like Effect of β-Caryophyllene.

β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与

Monoamine モノアミン

PUBMEDより

CNS Neurol Disord Drug Targets. 2018 Apr 20. doi: 10.2174/1871527317666180420150249.

中枢神経系神経障害薬剤標的ジャーナル

Oliveira DR1, Silva DM1, Florentino IF1, de Brito A1, Fajemiroye JO1, Silva DPB1, da Rocha F2, Costa EA1, De Carvalho PG3.
Author information
1Federal University of Goias - Department of Pharmacology Goiania, Goias. Brazil.
2Departamento de Ciencias Fisiologicas, Instituto de Ciencias Biologicas e da Saude, Universidade Federal Rural do Rio de Janeiro, Seropedica, RJ. Brazil.
3Centro de Ciencias Biologicas e da Saude, Universidade Federal do Oeste da Bahia, Barreiras, BA. Brazil.

Abstract

要旨

This study was conducted to evaluate the antidepressant-like activity of sesquiterpene compound β-caryophyllene (BCP) for the possible contribution of the monoamine and hippocampal levels of brain-derived neurotrophic factor (BDNF). Male albino Swiss mice were subjected to the forced swimming test after acute treatment and to the tail suspension test after repeated treatment. Hippocampal levels of BDNF were assayed by enzyme-linked immunosorbent assay.

この研究は、脳由来神経栄養因子(BDNF)のモノアミンの可能な寄与および海馬レベルに対するセスキテルペン化合物β-カリオフィレン(BCP)の抗うつ薬様作用を評価するために行った。 雄アルビノスイスマウスは急性処置後急性処置後の強制水泳試験および反復処置後尾懸垂試験法を受けた。脳由来神経栄養因子(BDNF)の海馬レベルは酵素結合免疫吸着測定法よって化学分析された。

brain-derived neurotrophic factor (BDNF):脳由来神経栄養因子(BDNF)
Tail suspension test尾懸垂試験法
enzyme-linked immunosorbent assay 酵素結合免疫吸着測定法

The anti-immobility effect of BCP was reverted by pretreatment with inhibitor of catecholamines α-methyl-p-tyrosine (100 mg/kg, i.p.), α-adrenergic antagonist yohimbine (1 mg/kg, i.p.), and β-adrenergic antagonist propranolol (2 mg/kg, i.p.), but not by pretreatment with either α1-adrenergic antagonist prazosin (1 mg/kg, i.p.) or 5-HT1A antagonist NAN-190 (0.5 mg/kg, i.p.), thereby suggesting the involvement of the catecholaminergic system, but not of the 5-HT1A serotonergic receptor, in BCP's antidepressive-like activity. Furthermore, BCP increased BDNF levels in the hippocampus after 14 d of treatment. No treatments in this study altered locomotor activity in the open field test.

β-カリオフィレン(BCP)の抗不動作用は、カテコールアミンα‐メチル‐p‐チロシンの阻害剤、α-アドレナリン遮断薬ヨヒンビン(1 mg/kg, 腹腔内)およびβ-アドレナリン受容体遮断薬プロプラノロールの事前処理よってもとにもどったが、α1-アドレナリン受容体遮断プラゾシンおよびセロトニン受容体拮抗薬NAN-190の前処理では元に戻らなくて、ゆえに、このことはβ-カリオフィレンの抗うつ薬様作用においてセロトニン受容体の関与でなくて、カテコールアミン系の関与を示唆した。さらに、β-カリオフィレン(BCP)は14日治療後海馬の脳由来神経栄養因子(BDNF)を増加させた。この研究での無治療はオープンフィールド試験において自発運動性活性を変化させた。

anti-immobility effect:抗不動効果
catecholamine カテコールアミン
α-methyl-p-tyrosine α‐メチル‐p‐チロシン(メチロシン)
5-HT1A antagonist:セロトニン受容体拮抗薬
セロトニン受容体(セロトニンじゅようたい、英: Serotonin receptor、5-HT receptor)は主に中枢神経系にある受容体の一群である。

α-adrenergic antagonist α-アドレナリン受容体遮断薬
β-adrenergic antagonist β-アドレナリン受容体拮抗薬
NAN-190:選択的5-HTIA受容体拮抗薬
the open field test:オープンフィールド試験(動物の不安関連行動の評価法)
locomotor activity:自発運動活性

This study provides a new mechanism of BCP-induced antidepressant-like effect mediated by the central catecholaminergic neurotransmitter system that could be a candidate for clinical tests of new treatments for depressive disorders.

この研究は、うつ病性障害の新しい治療法の臨床試験の候補となりうる中枢のカテコールアミン性神経伝達物質系によって媒介されるβ-カリオフィレン(BCP)誘発の抗うつ薬様効果の新しいメカニズムを提供する。

catecholaminergic neurotransmitter  カテコールアミン神経伝達物質
depressive disorders.:うつ病性障害

KEYWORDS: β-caryophyllene; Antidepressant-like effect; behavioral test

キーワード:β-カリオフィレン、抗うつ薬様効果、行動試験

用語

モノアミン
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3

モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの神経伝達物質の総称である。いずれの神経伝達物質も一つのアミノ基が2つの炭素鎖により芳香環につながる化学構造を有する。霊長類、齧歯類ではモノアミン含有神経細胞の細胞体は脳幹部にあり、ほぼ脳全体に神経軸索を投射するため、モノアミン神経系(モノアミン系)は広汎投射神経系としての特徴を有する


尾懸垂試験法 (Tail suspension test) 星薬科大学 薬物治療学教室
http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/chiryou/kyoushitsu/utsu.html

マウスの尾にテープを貼り付け、そのテープに穴を開けて懸垂用のフックに掛けます。逆さ釣りの状態をマウスは嫌がるので初めは暴れますが、次第にあきらめて無動となります。この状態を"絶望状態"と呼び、10分間中の無動であった時間(無動化時間)を計測します。抗うつ薬は無動化時間を短縮させる(絶望状態にさせない)効果があるので、抗うつ薬のスクリーニング法として用いられています。

プロプラノロール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

プロプラノロール(英: propranolol)は、β1受容体とβ2受容体を遮断する、アドレナリン作動性効果遮断薬の1つである。経口投与ではほぼ全量が吸収されるものの、肝臓で大部分が分解される初回通過効果の大きな薬剤である。

プラゾシン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BE%E3%82%B7%E3%83%B3

プラゾシン(Prazosin)は、高血圧や前立腺肥大症の治療に用いられる交感神経遮断薬の一つである。商品名ミニプレス。外国では、不安、PTSD、パニック障害の軽減にも用いられる。交感神経α受容体遮断薬に分類され、α1受容体に特異的に作用する。α1受容体は血管平滑筋(英語版)に存在し、ノルアドレナリンの作用の一つである血管収縮(英語版)作用を司っている。α1受容体は中枢神経系にも存在する[1]。

カテコールアミン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3

カテコールアミン (Catecholamine) とは、一般にチロシンから誘導された、カテコールとアミンを有する化学種である。レボドパや多くの神経伝達物質等(ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン)及び関連薬物の基本骨格になっている。カテコラミンとも呼ばれる。

小野薬品 チロシン水酸化酵素阻害薬メチロシンを国内申請 開発公募品
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/60819/Default.aspx

メチロシンは、カテコールアミンの産生に関わるチロシン水酸化酵素を阻害することで、その産生を抑制し、カテコールアミンによる高血圧などの循環器症状を軽減する薬剤であり、交感神経遮断薬などでは症状が十分にコントロールできなくなった患者に対して併用されます。


関連する本の紹介

香り新書3
脳に効く香りー精油の効果をモノアミンで考えるー 
鳥居伸一郎著 フレグランスジャーナル社


思いつたこと
今回の文献の翻訳は薬のことが沢山出てきて翻訳が大変でした。そのぶん読みにくいかと思います。一般的にβ-カリオフィレンはカンナビノイド受容体タイプ2(CB2)に結合して抗炎症作用・鎮痛作用を発生させるものと思っていましたが、ここで抗うつ薬様効果もあることを知りました。薬の作用機序を知ることは重要であることで、作用機序が解れば精油の化学成分で置き換えることができないかと思いました。その意味で化学成分と受容体との関係がたいせつになってくるかと思いました。この文献は難しいけどβ-カリオフィレンに抗うつ薬様効果がることが知れたのは収穫です。


新発売精油

カシス(ブラックカラント)Abs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/511

フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/172

マンダリンルージュ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/512

アースソイルアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/508

オポパナックス(スイートミルラ)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/307

ピンクペッパー5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/510

|

« April 2018 | Main | June 2018 »