« がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー | Main | 動物モデルにおける抗不安様作用精油:ラベンダー、ネロリ、スイートオレンジ、ベルガモット »

June 05, 2018

クスリウコンCO2精油主要成分キサントリーゾールの抗がん、抗菌、抗炎症、抗酸化、血糖降下、抗高血圧、抗血小板、腎保護、肝臓保護、エストロゲンおよび抗エストロゲン作用

Xanthorrhizol: a review of its pharmacological activities and anticancer properties

キサントリーゾール:その薬理作用および抗がん作用のレビュー

Xanthorrhizol:キサントリーゾール

PUBMEDより

Cancer Cell Int. 2015; 15: 100.

Published online 2015 Oct 21. doi:  10.1186/s12935-015-0255-4

Seok Fang Oon,  Meenakshii Nallappan, Thiam Tsui Tee, Shamarina Shohaimi, Nur Kartinee Kassim, Mohd Shazrul Fazry Sa’ariwijaya, and Yew Hoong Cheah

Author information ► Article notes ►

Abstract

要旨

Xanthorrhizol (XNT) is a bisabolane-type sesquiterpenoid compound extracted from Curcuma xanthorrhiza Roxb. It has been well established to possess a variety of biological activities such as anticancer, antimicrobial, anti-inflammatory, antioxidant, antihyperglycemic, antihypertensive, antiplatelet, nephroprotective, hepatoprotective, estrogenic and anti-estrogenic effects.

キサントリーゾール(XNT)は、クスリウコンから抽出されたビザボレン型セスキテルペノイド化合物である。抗がん、抗菌、抗炎症、抗酸化、血糖降下、抗高血圧、抗血小板、腎保護、肝臓保護、エストロゲンおよび抗エストロゲン作用などの様々な生物活性を有することが十分に確立されている。

antihyperglycemic 血糖降下、
antihypertensive 抗高血圧
antiplatelet 抗血小板
nephroprotective 腎保護
hepatoprotective 肝臓保護

Since many synthetic drugs possess toxic side effects and are unable to support the increasing prevalence of disease, there is significant interest in developing natural product as new therapeutics. XNT is a very potent natural bioactive compound that could fulfil the current need for new drug discovery.

多くの合成医薬品は毒性の副作用を有し、疾病の罹患増大をサポートすることができないために、あらたな治療薬として天然物を開発することに大きな関心が寄せられている。キサントリーゾール(XNT)は、新薬発見の現在の必要性を満たすことができる極めて強力な天然生物活性化合物である

synthetic drugs 合成医薬品
prevalence of disease 疾病の罹患増大

Despite its importance, a comprehensive review of XNT’s pharmacological activities has not been published in the scientific literature to date. Here, the present review aims to summarize the available information in this area, focus on its anticancer properties and indicate the current status of the research. This helps to facilitate the understanding of XNT’s pharmacological role in drug discovery, thus suggesting areas where further research is required.

その重要性にもかかわらず、キサントリーゾール(XNT)の薬理作用包括的レビューはこれまでの科学文献には掲載されていない。本ビューは、この分野の入手可能な情報を要約し、その抗癌特性に焦点を当て、研究の現状を示すことを目的としている。これは、これは、創薬におけるキサントリーゾール(XNT)の役割の理解を促進することに役立ち、さらなる研究が必要とされる分野であることを示唆している。

drug discovery 創薬

Keywords: Xanthorrhizol, Curcuma xanthorrhiza Roxb., Pharmacological, Anticancer

キーワード:キサントリーゾール、クスリウコン、薬理、抗がん

精油のお求めは下記にて

クスリウコンCO25ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/491

|

« がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー | Main | 動物モデルにおける抗不安様作用精油:ラベンダー、ネロリ、スイートオレンジ、ベルガモット »