« July 2018 | Main

August 14, 2018

意図のパワーに関する証拠

Evidence about the power of intention

意図のパワーに関する証拠

PUBMEDより

Invest Clin. 2008 Dec;49(4):595-615.

[Article in Spanish]

Bonilla E1.

Author information

1Instituto de Investigaciones Clínica Dr. Ambrico Negrette-Centro de Investigaciones Biomédicas IVIC-Zulia, Maracaibo, Venezela

Abstract

要旨

Intention is defined as a directed thought to perform a determined action. Thoughts targeted to an end can affect inanimate objects and practically all living things from unicelular organisms to human beings.

意図は決定された行動を実行するための指向性思考と定義される。終わりを目標とした思考は無生物や特に単細胞生物から人間までの全ての生き物に影響を与える可能性があります

inanimate objects  無生物
unicelular organisms 単細胞生物

The emission of light particles (biophotons) seems to be the mechanism through which an intention produces its effects. All living organisms emit a constant current of photons as a mean to direct instantaneous nonlocal signals from one part of the body to another and to the outside world.

軽粒子(バイオフォトン)放出はその意図がその効果をもたらすメカニズムあると思われる。全ての生き物は身体のある部位から別の部位に、そして外界に瞬間的に非局所信号を向ける手段として常に一定の光子(フォトン)を放出します。

light particles  軽粒子

Biophotons are stored in the intracelular DNA. When the organism is sick changes in biophotons emissions are produced.Direct intention manifests itself as an electric and magnetic energy producing an ordered flux of photons.

バイオフォトンは細胞内DNAに保存されています。生体が病気になると、バイオフォトン放出の変化は産生します。直接の意図は、フォトンの一定流束を産生する電気および磁気エネルギーとして直接の意図は現れる。
flux 流束
Our intentions seem to operate as highly coherent frequencies capable of changing the molecular structure of matter. For the intention to be effective it is necessary to choose the appropriate time.

私たちの意図は、物質の分子構造を変化させることができる非常にコヒーレントな周波数として機能するようである。効果的にする意図のために、適切な時期を選択する必要があります。

In fact, living beings are mutually synchronized and to the earth and its constant changes of magnetic energy. It has been shown that the energy of thought can also alter the environment. Hypnosis, stigmata phenomena and the placebo effect can also be considered as types of intention, as instructions to the brain during a particular state of consciousness. Cases of spontaneous cures or of remote healing of extremely ill patients represent instances of an exceedingly great intention to control diseases menacing our lives.

実際、生き物は相互に同期していて、地球とその磁気エネルギーの絶え間ない変化に同期しています。思考のエネルギーも環境を変えることができることを示された。意図の特定の状態の間に脳への指示として、催眠、スティグマタ現象およびプラセボ効果も意図のタイプと考えることができる。自然治癒や重篤な患者の遠隔ヒーリングの場合は、私たちの生活を脅かす病気を制御するため極めて偉大なる意図の実例を表しています。

remote healing 遠隔ヒーリング
spontaneous cures自然治癒

The intention to heal as well as the beliefs of the sick person on the efficacy of the healing influences promote his healing. In conclusion, studies on thought and consciousness are emerging as fundamental aspects and not as mere epiphenomena that are rapidly leading to a profound change in the paradigms of Biology and Medicine.

治癒する意図と同様に癒しの効果への患者の信念は患者の治癒を促進します。結論として、思考や意識に関する研究は、生物学および医学のパラダイムにおける重大な変化を急速にもたらしている単なる付帯徴候でなくて、基本的な側面として浮上しています。

epiphenomena 付帯徴候(二次的な現象)

用語
Biophotonバイオフォトン 
東北工業大学 工学部 電気電子工学科医工学・バイオ系 小林 研究室より

http://www.eis.tohtech.ac.jp/study/labs/kobayashi/Biophoton.html

バイオフォトン(biophoton;生物フォトン)とは,生物がその生命活動に伴って放射している極めて弱い自発的発光です。生体内での酸化的代謝過程における生体物質の化学的励起に主に起因するものであり,その発光強度は10-16 W/cm2(〜103 photon/s・cm2)程度以下の紫外域から可視,近赤外波長領域の発光です。生物の生命活動や各種生理作用に付随して観測される発光ですが,ホタルや発光バクテリアなどの生物発光として知られている現象とは区別されます。

|

August 09, 2018

花の香りと昆虫の化学コミュニケ―ションの進化(モノテルペンは防御、芳香族は花粉媒介者誘引)

The evolution of floral scent and insect chemical communication.

花の香りと昆虫化学コミュニケ―ションの進化

PUBMEDより

Ecol Lett. 2010 May;13(5):643-56. doi: 10.1111/j.1461-0248.2010.01451.x. Epub 2010 Mar 10.

Schiestl FP1.

Author information

1Institute of Systematic Botany, Zollikerstrasse 107, University of Zürich, 8008 Zürich, Switzerland. florian.

植物分類学研究所、チューリッヒ大学、スイス

Systematic Botany 植物分類学

Abstract

要旨

Plants have evolved a range of strategies to manipulate the behaviour of their insect partners. One powerful strategy is to produce signals that already have a role in the animals' own communication systems.

植物は昆虫パートナーの行動を操作するためのさまざまな戦略を進化させました。一つの強力な戦略はすでに動物自身の通信システムにおいて役割を果たす信号を産生することです。

To investigate to what extent the evolution of floral scents is correlated with chemical communication in insects, I analyse the occurrence, commonness, and evolutionary patterns of the 71 most common 'floral' volatile organic compounds (VOCs) in 96 plant families and 87 insect families.

どの程度花の香りの進化が昆虫の化学コミュニケーションと相関しているかを調べるために、私は、96の植物科と 87の昆虫科における発生、共通性、および71の最も一般的なの揮発性有機化合物の進化パターンを分析します。

occurrence 発生
volatile organic compounds (VOCs) 揮発性有機化合物

I found an overlap of 87% in VOCs produced by plants and insects. 'Floral' monoterpenes showed strong positive correlation in commonness between plants (both gymnosperms and angiosperms) and herbivores, whereas the commonness of 'floral' aromatics was positively correlated between angiosperms and both pollinators and herbivores.

私は植物および昆虫によって産生される揮発性有機化合物(VOCs)で87%の重複を解明した。花のモノテルペンは植物(裸子植物と被子植物の両方)と草食動物.との共通性において強い正の相関を示したが、花の芳香族の共通性は被子植物と花粉媒介者と草食動物.の両方との間で正の相関をしていた。

positive correlation 正の相関
gymnosperms 裸子植物
angiosperms 被子植物
herbivores 草食動物.
pollinators 花粉媒介者
aromatics 芳香族

According to a multivariate regression analysis the commonness of 'floral' aromatics was best explained by their commonness in pollinators, whereas monoterpenes were best explained by herbivores. Among pollinator orders, aromatics were significantly more common in Lepidoptera than in Hymenoptera, whereas monoterpenes showed no difference among the two orders.

多変量回帰分析によると、花の芳香族は花粉媒介者のそれらの共通性によって最も良く説明できるが、モノテルペンは草食動物.よって最も良く説明できます。花粉媒介者の受粉の中で、芳香族はハチ類よりチョウ目において一般的であるが、モノテルペンは2つの受粉者の中で違いは示さなかった。

multivariate regression analysis  多変量回帰分析
Lepidoptera チョウ目
Hymenoptera ハチ類

Collectively, these patterns suggest that plants and insects converge in overall patterns of volatile production, both for attraction and defence. Monoterpenes seem to have evolved primarily for defence under selection by herbivores, whereas aromatics evolved signalling functions in angiosperms, primarily for pollinator attraction.

まとめると、これらのパターンは、誘引や防衛の両方で、植物や昆虫が揮発性産出の全体的パターンに収束します。モノテルペンは草食動物による選択下で防衛のために主に進化したが、芳香族は主に花粉媒介者誘引のために、被子植物におけるシグナル伝達機能を進化させた。

用語

揮発性有機化合物

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%AE%E7%99%BA%E6%80%A7%E6%9C%89%E6%A9%9F%E5%8C%96%E5%90%88%E7%89%A9

揮発性有機化合物(きはつせいゆうきかごうぶつ、英: Volatile Organic Compounds)は、常温常圧で大気中に容易に揮発する有機化学物質の総称のことである。略称は、VOCs、VOC。

裸子植物

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

裸子植物 (らししょくぶつ、英語: Gymnosperm、学名:Gymnospermae)は、種子植物のうち胚珠がむきだしになっているものを指す[2]。ソテツ類、イチョウ類、マツ類、グネツム類を含む。

被子植物
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

被子植物(ひししょくぶつ、Angiospermae、Magnoliophyta、Angiosperm)とは、植物の分類の主要な1グループ名[1]。種子植物(顕花植物)のうち、一般に花と呼ばれる生殖器官の特殊化が進んで、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に収まったものをいう。裸子植物と対をなす分類群である。「被子植物門」、「被子植物類」。

花粉媒介 Pollination - 筑波大学生物学類
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/pollination.html

種子植物において、花粉粒が胚珠または雌しべの柱頭に付着する現象を送粉、受粉、授粉または花粉媒介 (ポリネーション pollination) という。

被子植物では、受粉した花粉粒は花粉管 (pollen tube) を伸ばし、花柱の中を通って子房中にある胚珠の珠孔へ達する。到達した花粉管からは2個の精細胞が雌性配偶体 (胚嚢 embryo sac) へ渡され、1個は卵と、もう1個は中央細胞と合体する。受精した卵は胚に、受精した中央細胞は胚乳 (二次胚乳) になる。被子植物ではこのように2つの受精が起こるので、この現象を重複受精 (double fertilization) とよぶ。裸子植物では花粉粒はむき出しである胚珠の珠孔へ付着し (受粉)、そこで精細胞または精子が雌性配偶体へ渡される。裸子植物では普通卵と精細胞 (または精子) の受精のみが起こり、すでにあった雌性配偶体が胚乳 (一次胚乳) になる。

いずれにしても種子植物では、受粉が有性生殖における必須なステップになっている。動くことのできない種子植物にとって、送粉は種子散布と共に自らの遺伝子を広げる数少ない機会の1つである。種子植物はさまざまな手段によって花粉粒を雌しべまたは胚珠へ運んでいる。

チョウ目
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E7%9B%AE

チョウ目(チョウもく、学名:Lepidoptera)は、昆虫類の分類群の一つ。鱗翅目(りんしもく)、またはガ目ともいう。いわゆるチョウやガがここに分類されるが、「ガ」の種類数は「チョウ」の20-30倍で、ガの方が圧倒的に種類数が多い。また鱗粉を持つ翅のある目なため、チョウとガはここでは区別されてはいない。

新発売精油

スタイラックス(モミジバフウ)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/192

|

August 05, 2018

共感およびエンパス(感情移入)の5つの科学的説明

5 Scientific Explanations of Empathy and Empaths
https://chopra.com/articles/5-scientific-explanations-of-empathy-and-empaths

共感およびエンパス(感情移入)の5つの科学的説明

empathy 共感
Empaths エンパス、感情移入

Empathy is the medicine the world needs now. Empathy is when you reach your heart out to others and put yourself in their shoes. Being an empath, however, goes even farther. Empaths are people who are high on the empathic spectrum and actually feel what is happening in others in their own bodies. As a result, empaths can have incredible compassion for people, but they often get exhausted from feeling “too much”—unless they develop strategies to safeguard their sensitivities and develop healthy boundaries.There are some intriguing scientific explanations of empathy and empaths. They will help you more deeply understand the power of empathy so you can use and honor it in your life.

共感は今世界が必要としているメディスンです。共感はあなたの心を他人に届けて、その人の立場になって考えることです。ところで、エンパスすることは、さらに遠くに行くことになります。エンパスは感情移入スペクタクルが高くて、自分の体で他人に起こっていることを実際に感じる人です。結果として、エンパスは人々に対して信じられないほどの思いやりを持っているが、彼らが過敏性のセーフガードおよび健康的境界線の構築のための戦略を立てない限り、過剰な感情で疲れてしまうことが多いです。共感とエンパス(感情移入)の興味深い科学的説明があります。それらは共感の力をより深く理解することを助け、あなたの人生でそれを使用し、名誉を授かることが出来ます。

1.The Mirror Neuron System

ミラーニューロンシステム

Researchers have discovered a specialized group of brain cells that are responsible for compassion. These cells enable everyone to mirror emotions—to share another person’s pain, fear, or joy. Because empaths are thought to have hyper-responsive mirror neurons, they deeply resonate with other people’s feelings. How does this occur? Mirror neurons are triggered by outside events. For example:

研究者は、共感の基となる脳細胞の特殊なグループを発見しました。これらの細胞は誰もが情動を映して、他人の痛み、恐れ、または喜びを分かち合うことができます。エンパスは過剰反応性ミラーニューロンを有していると考えられているため、彼らは他人の感情に深く共鳴します。これはどのようにして起こるのですか?ミラーニューロンは外部の出来事によって引き起こされます。例えば:

•Your spouse gets hurt, you feel hurt, too.

•配偶者が傷つき、あなたも傷つきます。

•Your child is crying; you feel sad, too.

•子供が泣いていて、あなたも悲しくなります。

•Your friend is happy; you feel happy, too.

•友人が幸せで、あなたも幸せを感じます。

In contrast, psychopaths, sociopaths, and narcissists are thought to be empathy deficient. This means they lack the ability to feel empathy like other people do. Beware of these people because they are incapable of unconditional love.

一方、サイコパス(精神病質者)、ソシオパス(社会病質者)およびナルシスト(自己陶酔者)は共感欠如であると考えられています。このことは、彼らには他の人がするように共感を感じる能力が欠如していることを意味します。彼らは無条件に愛することができないため、これらの人々に注意してください。

psychopaths サイコパス(精神病質者)
sociopaths  ソシオパス(社会病質者)
narcissists ナルシスト(自己陶酔者)

2.Electromagnetic Fields

2.電磁場

The second finding is based on the fact that both the brain and the heart generate electromagnetic fields. According to the HeartMath Institute, these fields transmit information about people’s thoughts and emotions. Empaths may be particularly sensitive to this input and tend to become overwhelmed by it. Similarly, empaths often have stronger physical and emotional responses to changes in the electromagnetic fields of the earth and sun. Empaths know well that what happens to the earth and sun affects your state of mind and energy.

2つ目の発見は、脳と心臓の両方には電磁場を生る事実に基づいています。ハートマス研究所によると、これらの磁場は人々の思考および情動に関する情報を伝えます。エンパスはこの思考と情動のインプットに特に敏感であって、それによって心が乱される傾向があります。同様に、エンパスは地球と太陽の電磁場の変化に強く身体的および情動的反応をすることが多いです。エンパスは、地球と太陽に何かが起こることが自分の心やエネルギーの状態に影響することを良く知っています。

3.Emotional Contagion

情動伝染

The third finding that enhances the understanding of empaths is the phenomena of emotional contagion. Research has shown that many people pick up the emotions of those around them. For instance:

エンパスの理解増強の3つめの発見は情動伝染の現象です。研究者は、多くの人々は彼らの周囲にいるひとの情動をピックアップすることを示しています。例えば、

•One crying infant will set off a wave of crying in a hospital ward.

•一人の泣いている幼児は病棟で鳴き声の波を引き起こす。

•One person loudly expressing anxiety in the workplace can spread it to other workers.

•職場で不安を大声で発する一人の人は他の労働者に不安を広めることができます。

People commonly catch other people’s feelings in groups. A New York Times article described this ability to synchronize moods with others as crucial for good relationships. What is the lesson for empaths? Choose positive people in your life so you’re not brought down by negativity. Or, if, say a friend is going through a hard time, take special precautions to ground and center yourself.

人々は集団の他の人々の感情を捉えます。ニューヨークタイムズの記事では、良好な関係は不可欠なものとして、他人と気分を同期させるこの能力を述べていた。エンパスのレッスンは何ですか?あなたの人生でポジティヴブな人を選ぶと、あなたはネガティブな人によって気をめいらせることはないです。または、友人が苦労しているとしたら、特別な予防処置をとって、グランディングして、自分自身に集中してください。

4.Increased Dopamine Sensitivity

4.ドーパミン感受性増加

The fourth finding involves dopamine, a neurotransmitter that increases the activity of neurons and is associated with the pleasure response. Research has shown that introverted empaths tend to have a higher sensitivity to dopamine than extroverts. Basically, you need less dopamine to feel happy.

第4の発見は、ニューロンの活動を増加させる神経伝達物質・ドーパミンが関与していて、快楽応答に関係しています。研究によると、内向型エンパスは外向型よりドーパミンに対する感受性が高い傾向があることが示されています。基本的に、幸せを感じるために必要なドーパミンは少なくて済みます。

pleasure response 快楽応答

That could explain why empaths are more content with alone time, reading, and meditation, and need less external stimulation from parties and other large social gatherings. In contrast, extroverts crave the dopamine rush from lively events. In fact, they can’t get enough of it.

このことは、何故エンパスが一人きりの時間、読書や瞑想により満足して、パーティーや他の大きな懇親会からの外部刺激を必要としない理由を説明することができます。これとは対照的に、外向型な人たちはにぎやかなイベントからドーパミン急増を切望してます。事実、彼らは十分な満足を得ることができないです、

5.Synesthesia

5.共感覚

The fifth finding is the extraordinary state called mirror-touch synesthesia. Synesthesia is a neurological condition in which two different senses are paired in the brain. For instance, you see colors when you hear a piece of music or you taste words. Famous synesthetics include scientist Isaac Newton, musician Billy Joel, and violinist Itzhak Perlman. However, with mirror-touch synesthesia, people can actually feel the emotions and sensations of others in their own bodies as if they are experiencing these things themselves. This is a wonderful neurological explanation of an empath’s experience.

5番目の発見は、ミラータッチ共感覚と呼ばれる特別な状態です。共感覚は、脳内の2つのことなる感覚がペアになっている神経学的状態です。例えば、音楽を聞たり、言葉を味わうと、色が見えます。有名な共感覚者には、科学者のアイザック・ニュートン、ミュージシャンのビリー・ジョエル、バイオリニストのイツァク・パーマンが含まれます。しかし、ミラータッチ共感覚では、人々は、あたかも自分自身が体験しているかのように自分の身体で他人の感情や感覚を実際に感じることができます。これは、エンパス体験の素晴らしい神経学的説明です。
mirror-touch synesthesia.:ミラータッチ共感覚

The Dalai Lama says, “Empathy is the most precious human quality.” During stressful times, it’s easy to get overwhelmed. Even so, empathy is the quality that will get you through. It enables you to respect others, even if you disagree. Empathy doesn’t make you a sentimental softy withoutdiscernment.It allows you to keep your heart open to foster tolerance and understanding. It might not always be effective in getting through to people and creating peace, but it’s the best chance there is.

ダライ・ラマは「共感は最も大切な人間の資質であると」述べています。ストレス時代には、圧倒されやすいです。それでも、共感はあなたに貫いている資質です。それは、あなたが同意しない場合でも、あなたは他人を尊重することができます。共感はあなたが分別なしで情にもろくなることはないです。寛容と理解を促進するために心を開いておくことができます。人々につながり、平和を築くのに必ずしも効果的でないかもしれないが、そこには最高のチャンスがあります。

tolerance 寛容

用語

ミラーニューロン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3

ミラーニューロン(英: Mirror neuron)とは、霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動する時と、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞である。他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように"鏡"のような反応をすることから名付けられた。他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。このようなニューロンは、マカクザルで直接観察され、ヒトやいくつかの鳥類においてその存在が信じられている。ヒトにおいては、前運動野と下頭頂葉においてミラーニューロンと一致した脳の活動が観測されている。

共感覚
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E6%84%9F%E8%A6%9A

共感覚(きょうかんかく、シナスタジア、synesthesia, synæsthesia)は、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。 例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。 英語名 synesthesia は、ギリシア語で共同を意味する接頭辞 syn- と感覚を意味する aesthesis から名づけられた。

入荷製油のお知らせ

ピンクロータスAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/159

ダヴァナ3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/48

カモミールジャーマン3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/201

パロサント(聖なる樹)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/47

|

« July 2018 | Main