« 疼痛関連BPSDs(認知症に伴う行動・心理症状)の臨床管理に対するベルガモット精油の神経薬理学的特性 | Main | 癒しの祈り、うつ病およびトラウマ的記憶の相関する神経活動:予備的研究 »

September 11, 2018

偶然の一致を引き起こすのは何であるか?

What Causes Coincidences?

https://www.drweil.com/health-wellness/balanced-living/meditation-inspiration/what-causes-coincidences/

偶然の一致を引き起こすのは何であるか?

Coincidences  偶然の一致


I’m interested in coincidences, especially those related to health, such as feeling a pain and then discovering that at the same time, a close friend was injured in that part of the body. Is there any scientific explanation for why this occurs?

私は、痛みを感じると同時に、身体のその部位で親しい友人が負傷したことを発見など、特に健康に関する偶然の一致に興味があります。何故このことが起こるかの科学的説明はありますか。

Coincidence 偶然の一致

Coincidence is a fascinating topic, and one that has fostered an emerging field of scientific research. You may be interested in a new book on the subject, Connecting with Coincidence:

The New Science for Using Synchronicity and Serendipity in Your Life by Bernard D. Beitman, M.D. Dr. Beitman is the first psychiatrist since Carl Jung to attempt to systematize the study of coincidences.He is a visiting professor at the University of Virginia and former chair of the Department of Psychiatry at the University of Missouri-Columbia

偶然の一致は魅力的な話題であり、科学的研究の新興分野を育んできたものです。あなたは、「偶然との結びつき」:あなたの人生でシンクロニシティおよびセレンディピティを使うための新科学 バーナード・D.ベイオマン・D医学博士著に関しての新しい本に興味があるかもしれない。ベイトマン博士は、カールユングが偶然の一致の研究を体系化しようとして以来の最初の精神科医です。彼は、バージニア大学の客員教授であり、ミズーリ州コロンビア大学精神医学部の前の学科長です。

emerging field 新興分野
Synchronicity シンクロニシティ
Serendipity セレンディピティ

Dr. Beitman is particularly interested in the kind of coincidence you describe – feeling the distress of a loved one at a distance, which he calls “simulpathity.” He has had this experience himself. He describes inexplicably choking at the same time – he learned later – his dying father was choking 2,000 miles away.

ベイトマン博士は、あなたが描いたある種の偶然の一致:「サイマルパシティー」と呼れていて、遠くに離れている愛する人の苦痛を感じることに特に興味を持っています。彼は自分自身でこの体験を持っています。彼は、不可解なことだが、同時に息苦しいことを説明しています。彼は後に解ったことだが、死に至る父親が2,000マイル離れて息苦しくしていました。

simulpathity.サイマルパシティー(同時苦痛状態)
simul:同時に
pathy: 苦痛・感情・療法
-ity
ラテン語 -itatem が由来です。英単語の末尾に付いて、「性質」や「状態」を意味する名詞にするはたらきがあります。
inexplicably 不可解はことだが

He credits events we regard as coincidences as perceptions that emerge from “swirls of information in our minds juxtaposed with swirls of events in our surroundings…The match is often surprising because it seems improbable.” But he proposes that coincidence is more than “the unlikely juxtaposition of similar events”. He contends that “the…events must also be meaningfully connected, and the meaning is personal and intricately linked to the person involved.”

彼は、私たちの環境における出来事の渦巻きと並列している私たちの心の情報の渦巻きから発生する認識として偶然の一致を考える出来事だと信じています。この一致はありうると思われないために驚くことが多いです。「しかし、彼は、偶然の一致が同じような出来事のありそうもない並列」以上のものである。」と彼は提案しています。「出来事も意味深く結びついていなければならず、その意味は個人的であって、関与する個人に複雑に関係している」と彼は主張しています。

swirls 渦巻き
juxtapose並列する

In his book, Dr. Beitman relates story after story of amazing coincidences – the brother who inexplicably drove to the place his sister sat with a gun in her hand about to commit suicide. The brother had no idea why he got into his car; he didn’t know where he was driving, nor why he was going there or what he was supposed to do when he arrived. Simulpathity coupled with an uncanny knowledge of where to go helped to save his sister from taking her life.

彼の本で、ベイトマン博士は驚くべき物語の後に物語の話をします。説明のつかないことだが自殺しようと銃を手に持っていて座っていた妹のところに車で行った兄。兄は何故車に乗ったかは分からなかった。彼は、どこをドライビングしているか、なぜそこに行ったのか、または到着したときに何をすべきかを知らなかった。自殺から妹を救うためにどこに行くべきかについて驚異的な知識を一体になったサイマルパシティー(同時苦痛状態)。

Dr. Beitman acknowledges that the mathematically inclined would say coincidences like this are examples of random chance at work, a view reflecting a fixed belief in the laws of probability.

ベイトマン博士は、数学好きの人は、このような偶然の一致は確率の法則に凝 り固まった信念を反映する見解、仕事での偶然あると言うだろうと認めている。

But he maintains that there are too many similar coincidences to chalk up to random chance. “These coincidences suggest we live in a matrix of unbounded links to one another, especially those we love, especially those with whom intense emotion has forged a bond beyond our current understanding,” he writes.

しかし、彼は、偶然のせいにするにはあまりにも多くの類似した偶然があることを主張しています。“これらの偶然の一致は、特に私たちが愛している人々、とりわけ強烈な情動が現在の私たちの理解を越えて絆を築いた人々、お互いに無限の絆のマトリックスに生きていることを示唆しています。と彼は書いています。

random chance 偶然
laws of probability 確率の法則

Dr. Beitman’s research has revealed that at least a third of the general population frequently notices weird coincidences. “Twins, family members, friends, therapists and patients are much more connected and entangled with one another than we have previously recognized,” he writes.
“Some people will claim that these stories are romantic fabrications driven by a wish for ethereal energies, but the sheer volume of similar, heartfelt, amazing experiences argues otherwise.”

ベイトマン博士の研究は、少なくとも一般母集団の3分の1以上は頻繁に奇妙な偶然の一致に気が付いていることを明らかにした。“双子、家族、友人、セラピスト、患者はこれまでに認識していたよりもはるかお互いにより結びついていて、からみあっています。と”彼は書いています。「これらの物語は、エーテエル エネルギーを求める願いによって生まれたロマンチックなねつ造であると主張する人もいるだろうが、まったく同じような心のこもった驚くべき体験の膨大な量がそうでないと主張している」

general population 一般母集団
ethereal energies エーテルエネルギー
fabrications ねつ造

His theory of coincidence focuses on simulpathity and a kind of “human GPS.” “Simulpathity tells us we can connect with the experience of others at a distance without knowing how we do it,” Dr. Beitman writes, while human GPS tells us “we can find our way to people, things and ideas without knowing how.”

彼の偶然の一致理論は、サイマルパシティーおよびある種の「人間GPS」」に焦点を当てています。サイマルパシティーは、私たちがそれをやる方法を知らなくても遠くに離れた他の人の体験に結び付くことができることを伝えています。

If you’re curious about coincidences you have personally experienced, this book can help you better appreciate them and their potential to enrich our lives.

あなたが個人的に体験した偶然の一致ついて知りたがっているならば、この本は、あなたがそれらをよりよく真価を認め、生活を豊かにする可能性を高めるのに役立ちます。

Andrew Weil, M.D.

アンドリュー・ワイル、医学博士

Source:

ソース

Bernard D. Beitman, M.D., “Connecting with Coincidence: The New Science for Using Synchronicity and Serendipity in Your Life”. Health Communications, Inc. March 2016

バーナードD. ベイトマン,医学博士。、「偶然との結びつき:あなたの人生でシンクロニシティおよびセレンディピティを使うための新科学 」 Health Communications、Inc. 2016年3月


用語
シンクロニシティ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

シンクロニシティ(英語:synchronicity)とは、ユングが提唱した概念で「意味のある偶然の一致」を指し、日本語では「共時性」「同時性」「同時発生」と訳される。例えば、虫の知らせのようなもので因果関係がない2つの事象が、類似性と近接性を持つこと。ユングはこれを「非因果的連関の原理」と呼んだ[1][2

概説
シンクロニシティは日本語では「共時性」と訳され、複数の出来事が意味的関連を呈しながら非因果的に同時に起きることである。しかし、因果関係自体が哲学的議論になってくるため、正確な理解は難しく、解釈の余地が大きいとする考えがある。シンクロニシティは、それが起きることで意味を生成しているともいえ、ユングはシンクロニシティに現われる意味は、もっぱらユング心理学の中核概念である「元型」であると主張した[1]。

ユングは深層心理を分析する上で、集合的無意識を最も重視していた。患者の深層心理分析の過程でしばしばサイ現象(PSI)を体験した。特に治療が功を奏し患者が快方に向かう過程でよく起こり、その様子は、ユングの死後に刊行された『ユング自伝』にも詳しい。ユングが重視した集合性とは人が皆、無意識の部分で共有する歴史的、社会的、生物的部分であったが、ユングのサイ現象に対する見方も集合的無意識と関連させられることが多く、サイ現象もまた被験者個人の性格とは無関係と断定している[1]。

セレンディピティ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%94%E3%83%86%E3%82%A3

セレンディピティ(英語: serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである

マトリックス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

マトリックス(あるいはマトリクス)とは、元来「生み出すもの」を意味する言葉である。この言葉が指す具体的な事象・事物について、以下に述べる

お知らせ

三上杏平先生精油化学講座:製造方法の差で精油成分は異なり、また法的にみて精油はどんな位置づけか?(2018年9月29日・土)のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2018/08/2018929-b30b.html

|

« 疼痛関連BPSDs(認知症に伴う行動・心理症状)の臨床管理に対するベルガモット精油の神経薬理学的特性 | Main | 癒しの祈り、うつ病およびトラウマ的記憶の相関する神経活動:予備的研究 »