« プライ(ボンツクショウガ)・精油のクールダウン効果について | Main | ジャスミンサンバックの花をウォーター・ディステレーション、溶剤抽出およびアンフルラージュ法で抽出したらアンフルラージュ法の香りが生花に最も近かった。 »

September 26, 2018

遠隔ヒーリング意図療法:科学的証拠の概要

Distant Healing Intention Therapies: An Overview of the Scientific Evidence

遠隔ヒーリング意図療法:科学的証拠の概要

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4654780/

PMCより

Glob Adv Health Med. 2015 Nov; 4(Suppl): 67–71.

Global Advances in Health and Medicine

Dean Radin, PhD,  Marilyn Schlitz, PhD, and Christopher Baur

Dean Radin The Institute of Noetic Sciences,Petaluma,California

ディーン・ラディン,純粋知性科学研究所

Abstract

要旨

This article provides a broad overview of “distant healing intention” (DHI) therapies, ie, intentional healing modalities claimed to transcend the usual constraints of distance through space or time.

この記事では、「遠隔ヒーリング意図」(DHI)療法、すなわち意図的治癒形式は空間または時間による距離の通常制約を超越すると主張した
We provide a summary of previous reviews and meta-analyses that have explored a diverse array of DHI modalities, outcome measures, and experimental protocols. While some significant experimental effects have been observed, the evidence to date does not yet provide confidence in its clinical efficacy.

私たちは、多種多様なDHIの様式、結果の測定、および実験的プロトコルを探究した以前のレビューとメタアナリシスの概要を提供します。いくつかの有意な実験的効果が観察されているが、これまでの証拠は、その臨床的有効性の信頼性をまだ提供していない。

The purported “nonlocal” nature of DHI raises significant methodological and theoretical challenges. We recommend several avenues for improving future research.

DHIの「非局所性」性質を意味することは重用な方法論的および理論的な課題を引き起こす。私たちは、将来の研究改善のためにいくつかの手段を推奨します。

Key Words: Distant healing intention, DHI, nonlocal, prayer

キーワード:遠隔ヒーリング意図、DHI, 非局所性、祈り

INTRODUCTION

紹介

Throughout history and in virtually all cultures, reports can be found of individuals who could purportedly heal solely through their caring intentions.1 Today, the ancient shamanic tradition of healing—or harming—through the application of focused intentions is still vibrantly alive.2 We refer to these practices generically as “distant healing intention” (DHI) therapies. The present article does not provide a systematic or exhaustive review of the relevant literature. Rather, we have selected representative portions to provide a high level overview of scientific studies of DHI

歴史を通して、事実上すべての文化において、うわさによれば、彼らの思いやり意図だけで治療できる人がいることが報告されています。今日、明確な意図の適用を通して、古くからのシャーマンの伝統的な治癒、または傷つけることはまだ活気に満ちて生き生きとしています。私たちはこれらの実践を一般的に「遠隔ヒーリング意図」(DHI) 療法と呼んでいます。本稿は、関連文献の体系的または網羅的なレビューを提供していない。むしろ、遠隔ヒーリング意図DHIに関する科学的研究の概要を示す代表的な部分を選択した。

DHI may be defined as a compassionate mental act directed toward the health and wellbeing of a distant person.3 DHI techniques are known by many names, including intercessory prayer, spiritual healing, aura healing, energy healing, energy psychology, shamanic healing, nonlocal healing, therapeutic touch (TT), quantum-touch, qigong, reconnective healing, Johrei, and Reiki.4 Each of these methods carries its own idiosyncratic theoretical and cultural forms, and some DHI methods include both distant and proximal (but without direct contact) variations. A common feature shared among DHI techniques is the assumption that distance between the healer and healee is not a limiting factor.5 This “nonlocal” aspect of DHI defies classical physical assumptions and accounts for its controversial status even among alternative biofield therapies.

遠隔ヒーリング意図DHIは遠く離れた人の健康と福祉に向けられた思いやりのある精神的行為と定義されるかもしれません。DHIのテクニックは、とりなしの祈り、スピリチュアルヒーリング、オーラヒーリング、エネルギーヒーリング、エネルギー心理学、シャーマニックヒーリング、非極性ヒーリング、セラピューティック・タッチ (TT)、クォンタムタッチ、気功、リコネクティブ・ヒーリング、浄霊および霊気含む多くの名前で知られています。独自の特異な理論的および文化的形態を有していて、いくつかのDHI方法は、遠隔および近位(しかし、直接接触はない)の両方のバリエーションを含みます。遠隔ヒーリング意図DHIのテクニック間で共有される共通の特徴はヒーラーとヒーリーとの間の距離が要因ではないという前提です。DHIのこの「非局所性」側面は、古典的な物理的仮定を無視し、代替バイオフィールド セラピーの間でさえ論争状態になっている。

intercessory prayer とりなしの祈り
aura healing,オーラヒーリング
therapeutic touch (TT) セラピューティック・タッチ (TT)
quantum-touch クォンタムタッチ
qigong, 気功
reconnective healing リコネクティブヒーリング
idiosyncratic 特異な
theoretical 理論的な
proximal 近位

Despite the challenging assumptions underlying the concept of DHI, its practice is widespread. As of 2000, there were more distant healers in the United Kingdom, some 14,000, than therapists practicing any other form of complementary or alternative medicine (CAM).6 The same is true in the United States, where DHI is one of the most common healing practices outside of conventional medicine. For example, in a survey of American adults by the US Centers for Disease Control and Prevention's National Center for Health Statistics, of the top 5 most popular CAM healing practices, 3 involved prayer.6 The most popular CAM practice was prayer for oneself, and the second most popular was prayer for another, another form of DHI.

DHIの概念の根底にある挑戦的仮定にもかかわらず、その実践は広く普及しています。2000年現在、他の形態の補完代替医療(CAM)を実践しているセラピストよりも英国でほぼ14,000人の遠隔ヒーラーが占めていました。DHIは伝統医学以外で最も一般的なヒーリング行為の一つである米国でも同じことが言えます。例えば、保険統計ためのアメリカ疾病管理予防センターによる米国成人の調査で、最も人気の高い5つの補完代替療法CAMヒーリング行為の中で、3つの祈りが含まれていました。最も普及しているCAMの実践は自分自身のための祈りであって、二番目に普及しているのは、DHIのもう一つの形で、他者のための祈りであった。

conventional medicine 伝統医学

While prayer for others is understandable as a compassionate act or as a psychological coping mechanism when no other actions are possible, the idea that it might be efficacious at a distance is challenging because of a lack of plausible mechanisms that might allow for healer-patient interactions over a distance.3,7,8 However, given the well-accepted evidence for quantum nonlocality,9 which demonstrates the existence of “spooky action at a distance” (as Einstein described it), and especially the growing evidence for quantum coherence effects in living systems,10,11 possible physical mechanisms for DHI are no longer inconceivable.

他者のための祈りは、思いやり的行動または他の行動がとれないとき心理的対処のメカニズムとして理解できるが、それが遠くにいても有効であるかもしれない考えは、離れているヒーラーと患者の相互作用を可能にするもっともらしいメカニズムがないために難しいです。しかし、量子非局所性に対して広く受け入れられている証拠を考慮して、そのことは超常的遠隔相互作用(アインシュタインが述べているように)の存在、特に生体系における量子コヒーレンス効果の増大する証拠を証明していて、遠隔ヒーリング意図DHIのための可能な物理的前かニズムは、もはや考えられないではありません.

quantum nonlocality 量子非局所性
spooky action at a distance 超常的遠隔相互作用
quantum coherence effects 量子コヒーレンス効果
living systems 生体系

Theoretical speculations aside, most experiments studying DHI have focused on a pragmatic question: Does it work? There are 2 aspects to this question. The first is about proof of principle: If person A and person B are strictly isolated by shielding, distance, or time, is there empirical evidence that A can affect B in any way? The second aspect is about DHI's efficacy as a healing therapy: Can A in fact heal B?

理論的な考察を除いて、DHIを研究しているほとんどの実験では実用的な疑問(機能するのか?)に焦点を当てています。この疑問には2つの側面があります。1つ目は原則の証明です:人物A と人物Bが遮蔽、距離、または時間によって厳密に分離されている場合、AがBに何らかの方法で影響を与えることができる経験的実証はありますか?二つ目の側面はヒーリングセラピーとしてのDHIの効能についてです:AはBを実際に治すことができますか?

用語

IONS Overview

純粋知性科学研究所IONSの概要

IONS:The Institute of Noetic Sciences

Noetic:(純粋)知性(思惟)の

https://noetic.org/about/overview

Who We Are

私たちは誰ですか

The Institute of Noetic Sciences is a nonprofit organization dedicated to supporting individual and collective transformation through consciousness research, transformative learning, and engaging a global community in the realization of our human potential.

純粋知性科学研究所は、意識研究、変容的学習通して個人および集団の変容の支援および人類の可能性の実現するために国際社会の関与に専念している非営利団体です

What We Do

私たちは何をしていますか。

We conduct, advance, and broaden the science of what connects us, reaching new understandings about the nature of reality and our extended capacities.

私たちは、私たちをつなぐものの科学を行い、進歩させ、広げ、現実の本質および私たちの能力拡大についての新しい理解に到達する。
From what we learn, we create real-world tools that empower people to apply conscious awareness in their personal lives, and in healthcare, education, and business.

私たちは学ぶことから、人々が個人生活、およびヘルスケア、教育およびビジネスで意識的アウェアネスを身につけることを強化する現実世界のツールを創造しています

We host a vibrant community of explorers and change agents who are working together to make a difference in the world.

私たちは探検家の活気のみなぎるコミュニティを主催し、世界を変えるために協力しているエージェントを変えます。

Our Goal

私たちの目標

To create a shift in consciousness worldwide—where people recognize that we are all part of an interconnected whole and are inspired to take action to help humanity and the planet thrive.

世界中の意識の変化をもたらすために、私たちは、相互につながっている全体の一部であることを認識し、人類と惑星が繁栄するのを助けるために行動をとることを触発されます。

非局所性
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E5%B1%80%E6%89%80%E6%80%A7 

非局所性(ひきょくしょせい、英: nonlocality)とは、この宇宙における現象が、離れた場所にあっても相互に絡み合い、影響し合っているという性質のこと

量子の非局所性の厳密検証に成功――新方式の量子コンピュータにも道 (1/3)
http://eetimes.jp/ee/articles/1503/24/news125.html

しかし、1カ所で検出されたら他で検出されないので、ある場所で観測された影響が他の離れた場所に及ぶような奇妙な相互作用が存在するのではないか」と主張。この奇妙な相互作用を“spooky action at a distance”(離れた場所の間で起こる奇妙な相互作用、超常的遠隔相互作用)と呼び、現在では「量子の非局所性」と呼ばれている。

「ここ」とはいったいどこなのか? 非局在性の不思議
http://www.nikkei-science.com/201603_064.html

日常生活では,距離と位置は当然の概念だ。だが物理学の考え方を突き詰めると絶対的な位置などというものはそもそも存在せず,この宇宙は非局在的だと考えられると著者は考察する。重力に関するニュートンの考え方は質量を持つ物体が距離を超えて瞬時に引力を及ぼすというものだが,アインシュタインはそうした魔法じみた非局在的な作用を排除すべく一般相対性理論を構築した。曲がった時空から重力が生じ,それが光速という有限のスピードで伝わる。だが同時に,時空が変形するということは時空自体が絶対的な位置を定義できないことを意味し,より深いレベルでの非局在性を導入する結果となった。この相対論の黙示について考えてみよう。

アウェアネス
心の哲学まとめWikiより
https://www21.atwiki.jp/p_mind/pages/143.html

アウェアネス(英: awareness)とは、認知科学や心の哲学の用語で、人が自分の精神や知覚の情報にアクセスできて、その情報を直接的に行動のコントロールに利用できる状態(direct availability for global control)」のことを言い、日本語で「気づき」とも訳される。自覚状態を指すため「覚醒」という意味もある。

意識とアウェアネスの違い
「意識(consciousness)」と「アウェアネス(awareness)」という語の意味は類似しているが、認知科学や心の哲学では論者によって微妙に用いられ方が異なる。
お知らせ

三上杏平先生精油化学講座:製造方法の差で精油成分は異なり、また法的にみて精油はどんな位置づけか?(2018年9月29日・土)のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2018/08/2018929-b30b.html

|

« プライ(ボンツクショウガ)・精油のクールダウン効果について | Main | ジャスミンサンバックの花をウォーター・ディステレーション、溶剤抽出およびアンフルラージュ法で抽出したらアンフルラージュ法の香りが生花に最も近かった。 »