« The Humerus Chakra上腕骨チャクラ | Main | 医療用アロマセラピ―再検討、基本メカニズム、批評および新たな展開 »

January 19, 2019

救命病棟に入院した患者の疼痛および生命の兆候へのオレンジ精油アロマセラピー効果:無作為化臨床試験

The Effect of Aromatherapy with the Essential Oil of Orange on Pain and Vital Signs of Patients with Fractured Limbs Admitted to the Emergency Ward: A Randomized Clinical Trial.

救急救命病棟に入院した患者の疼痛および生命の兆候へのオレンジ精油アロマセラピー効果:無作為化臨床試験

Fractured Limbs:手足の骨折
Vital Signs 生命の兆候
Emergency Ward: 救急病棟

PUBMEDより

Indian J Palliat Care. 2017 Oct-Dec;23(4):431-436. doi: 10.4103/IJPC.IJPC_37_17.

Hekmatpou D1, Pourandish Y1, Farahani PV1, Parvizrad R1.

Author information

1
Traditional and Complementary Medicine Research Center, Arak University of Medical Sciences, Arak, Iran.

Abstract

要旨

Background and Objective:

背景および目的

Pain is an emotional and unpleasant experience associated with actual or potential tissue damage. The literature shows no study on the effect of aromatherapy with the essential oil of orange on unpleasant feelings of patients with fractured limbs. In this regard, this paper aims at studying the effect of aromatherapy with the essential oil of orange on patients with fractured limbs admitted to the emergency ward.

疼痛は実質的あるいは潜在的な損傷に関連する情動的で不快な経験である。手足を骨折した患者の不快な感情に対するオレンジ精油によるアロマセラピー効果に関する研究は文献には示されていません。この件について、この論文は救急病棟に入院した手足を骨折した患者に対するオレンジ精油によるアロマテラピー効果を研究することを目的としています。

Methods:

方法

Sixty patients admitted to the emergency ward of Vali-e-Asr Hospital were selected by purposive sampling method and then were divided into two groups of control and experiment by block method. This study was done in one shift work (morning or afternoon). Four drops of the orange oil were poured on a pad and were pinned with a plastic pin to the patient's collar, about 20 cm distant from head. The old pad was replaced by the new one every 1 h. The patients' pain and vital signs were checked every 1 h for at last 6 h. The data were analyzed by SPSS Version 21.

Vali-e-Asr病院救急病棟に入院した60人の患者は有意抽出法により選択され、次にブロック法によって対照群と実験の2群に分けられた。この研究は1交代制勤務(午前または午後)で行われた。4滴のオレンジ精油はパッドの上に注ぎ、頭から約20cm離れた患者の襟にプラスチック製のピンで固定した。1時間ごとに古いパッドを新しいものに交換した。
患者の痛みおよび生命の徴候は、最後の6時間目には1時間ごとにチェックした。データはSPSS Version 21.によって解析した。
purposive sampling method 有意抽出法
block method区画法,ブロック法

Results:

結果

Forty (66.7%) patients were male and twenty (33.3%) were female. Their age average was 37.93 ± 18.19 years old. The most fractured cases were in the scapular (11 patients [18.3%]). Friedman test showed that pain in the experiment group (P = 0.0001) decreased significantly rather than the control group (0.339). However, in vital signs, there could be found that no significant change between the two groups was seen.

40人(66.7%)の患者が男性で、20人(33.3%)が女性であった。彼らの平均年齢は37.93±18.19歳でした。最も骨折した症例は肩甲骨(11 人患者[18.3%]).であった。フリードマン検定は、実験群(P = 0.0001)の疼痛が対照群(0.339)よりも著しく減少したことを示した。しかし、生命の徴候では、2つのグループ間で有意な変化が見られないことがわかりました。

scapular 肩甲骨
Friedman Test. フリードマン検定

Conclusion:

結論


Aromatherapy with orange oil can relieve pain in patients with fractured limbs but has no effect on their vital signs. Therefore, aromatherapy with orange oil can be used as a complementary medicine in these patients.

オレンジ精油によるアロマセラピーは手足骨折患者の疼痛を和らげることができますが生命の徴候に対する効果はないです。したがって、オレンジ精油によるアロマセラピーはこれらの患者において補完療法として使用できます。

KEYWORDS:

キーワード

Aromatherapy; emergency ward; limb fracture; orange oil; pain; vital sign

アロマセラピー、救急病棟、手足の骨折、オレンジ精油、疼痛、生命の兆候

お知らせ

新年スペシャル精油セット割引セールのお知らせ・1月20日まで
http://phytoaroma.ocnk.net/product-list/54

スイートオレンジ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/434

|

« The Humerus Chakra上腕骨チャクラ | Main | 医療用アロマセラピ―再検討、基本メカニズム、批評および新たな展開 »