« 救命病棟に入院した患者の疼痛および生命の兆候へのオレンジ精油アロマセラピー効果:無作為化臨床試験 | Main | カンナビノイド2型(CB2) 受容体活性化はパーキンソン病のロテノンモデルにおける酸化ストレスおよびドーパミン作動性神経変性に関連する神経炎症に対して保護する。 »

January 20, 2019

医療用アロマセラピ―再検討、基本メカニズム、批評および新たな展開

Medical aromatherapy revisited-Basic mechanisms, critique, and a new development.

医療用アロマセラピ―再検討、基本メカニズム、批評および新たな展開

PUBMEDより

Hum Psychopharmacol. 2018 Dec 7:e2683. doi: 10.1002/hup.2683. [Epub ahead of print]

Schneider R1, Singer N2, Singer T2.

Author information
1
RECON-Research and Consulting, Freiburg, Germany.
2
AromaStick AG, Sargans, Switzerland.

Abstract

要旨

OBJECTIVE:

目的

According to a series of recent meta-analyses and systematic reviews, aromatherapy has shown to be effective in treating patients with different medical conditions. However, many of the clinical studies are of rather low methodological quality. Moreover, there is much conceptual ambiguity with regard to what aromatherapy actually constitutes.

最新の一連のメタア分析およびシステマティック・レビューによると、アロマセラピーが様々な病状を有する患者の治療に有効であることが示されています。しかしながら、多くの臨床研究はやや方法論的な質が低いです。さらに、実際にアロマテラピーが構成しているものについて多くの概念の曖昧さがある。

meta-analysisメタ分析
ystematic reviews システマティック・レビュー
medical conditions. 疾患、病状
methodological quality 方法論的な質
conceptual 概念的な
ambiguity 曖昧

METHOD:

方法

In this paper, we discuss the conditions under which aromatherapy is most likely to be of medical value by outlining the workings of the olfactory system and the necessary requirements of odors to be therapeutic. We then introduce an aromatherapeutic inhaler that was tested in a series of studies involving 465 participants.

本論文で、私たちは、アロマテラピーが治療できるように、嗅覚のシステムおよび香りの必要な要件の働きを概説することによって、医学的価値がある可能性が最も高い条件について議論します。それから、465人の参加者が含まれる一連の研究でテストされたアロマ治療吸入器を紹介します。

RESULTS:

結果

This inhaler (AromaStick®) produced large to very large effects across a variety of physiological target systems (e.g., cardiovascular, endocrine, blood oxygenation, and pain), both short term and long term.

この吸入器(AromaStick®)は、短期および長期の両方で、様々な生理学的標的システム(例えば、心血管系、内分泌系、血液酸素化、および疼痛)にわたって極めて非常に大きな効果を大きく生みだした。

blood oxygenation 血液酸素化
physiological target systems生理学的標的システム

DISCUSSION:

討論

Inhalation of volatile compounds from essential oils yields almost immediate, large, and clinically relevant effects as long as the scents are delivered highly concentrated from an appropriate device. The changes caused in the body seem side effect-free and can be sustained when inhalation is repeated.

精油からの揮発性化合物の吸入は香りが適切なデバイスから非常に濃縮して送達される限り、ほぼ即座に、大きく、臨床的に関連する効果をもたらす。身体に引き起こされる変化は副作用がないように見え、吸入を繰り返すと持続します。

volatile organic compounds 揮発性化合物

用語

システマティック・レビュー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC

システマティック・レビュー(英語: systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことである[1]。根拠に基づく医療(EBM)で用いるための情報の収集と、吟味の部分を担う調査である[2]。コクラン共同計画におけるシステマティック・レビューは、主題ごとに定期的に手入れされ、情報にアクセスできることも意図されている[2]。

お知らせ

新年スペシャル精油セット割引セールのお知らせ・本日まで
http://phytoaroma.ocnk.net/product-list/54

アロマスティック
http://phytoaroma.ocnk.net/product/409

|

« 救命病棟に入院した患者の疼痛および生命の兆候へのオレンジ精油アロマセラピー効果:無作為化臨床試験 | Main | カンナビノイド2型(CB2) 受容体活性化はパーキンソン病のロテノンモデルにおける酸化ストレスおよびドーパミン作動性神経変性に関連する神経炎症に対して保護する。 »